「炊飯器 」カテゴリ記事一覧


炊飯器トップ

炊飯器s

炊飯器

  1. ●炊飯器の仕組みとチェックポイント●
  2. マイコン式や圧力IH式等の炊飯器の仕組みの違いや各種機能の特徴、また色々な内釜の違いや性質など炊飯器の基本的な事柄についてご説明して行きます。
  3. 炊飯器は嗜好品? 炊飯器と内釜の種類や性質。
  4. タイプ別のチェックポイント(マイコン、IH、圧力IH編)
  5. タイプ別のチェックポイント(プレミア、ガス炊飯器編)
  6. ●炊飯器の各メーカー別の特徴●
  7. 大手炊飯器メーカーの2013年モデルを中心に炭素や土鍋など高級内釜の性質や炊き上がりの特徴、またスチーム機能や蒸気レス等の各機能の長所短所などをご説明して行きます。
  8. 象印の2013年モデル購入ガイド
  9. パナソニックの2013年モデル購入ガイド
  10. タイガーの2013年モデル購入ガイド
  11. 三菱の2013年モデル購入ガイド
  12. 東芝の2013年モデル購入ガイド
  13. 日立の2013年モデル購入ガイド
  14. ●炊飯器の価格別購入ガイド●
  15. 炊飯器の種類や機能から大よその炊き上がりの味の見分け方をご紹介して、5千~1万円の実売価格帯に分けて各メーカーの商品を比較してお勧めの炊飯器をご紹介して行きます。また、オマケとして2014年戸度の食味試験で特Aランクに輝いた美味しいお米をご紹介します。
  16. 機能から見た炊飯器の味の見分け方
  17. 2012~13年モデル購入ガイド(1万円未満のモデル)
  18. 2012~13年モデル購入ガイド(1万円以上1.5万円未満のモデル)
  19. 2012~13年モデル購入ガイド(1.5万円以上2万円未満のモデル)
  20. 2012~13年モデル購入ガイド(2万円以上3万円未満のモデル)
  21. 2012~13年モデル購入ガイド(3万円以上4万円未満のモデル)
  22. 2012~13年モデル購入ガイド(4万円以上6万円未満のモデル)
  23. 2012~13年モデル購入ガイド(6万円以上のモデル)
  24. 美味しいお米の選び方(白米編)

炊飯器その8。東芝の2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

東芝炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 東芝は電気炊飯器の先駆者なんですが、近年は迷走ぶり拍車がかかりトップ3の在阪メーカーに大きく水をあけられています。これは別に東芝のみならず炊飯器の世界は完全に西高東低で、関東のメーカーは一年中木枯らしが吹きつけている有様ですね。

  2. 我々消費者の立場からするとあまり望ましい状態とは言えませんから、三菱東芝日立にはもっと頑張って欲しいのですが相変わらず訳の分からない機能にうつつを抜かしています。

  3. そんな訳で、魅力より問題の方が多いメーカーなんですが、ちょっとその辺りの迷走ぶりを見てみましょう(笑)

続きを読む

炊飯器その7。三菱の2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

三菱炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 三菱と言えば炭素釜とIHなんですが、かつてIH陣営だったパナソニックとタイガーが圧力式に転んだ今では非圧力でやっているのは三菱だけになってしまいました。

  2. 三菱に言わせると「かまどと同じ1気圧で炊いている」のだそうですが、かまどと違う炭素釜を使っておいてよく言いますよね。きっと炭素釜に圧力をかけると割れちゃうのでしょう(笑)

  3. そんな具合に、今回は良くも悪くも独自路線を歩く三菱の炊飯器を見て行きましょう。

続きを読む

炊飯器その6。タイガーの2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

タイガー炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 象印、パナソニックに続いては業界3位のタイガーの炊飯器について見て行きます。炊飯器のシェア上位3社が在阪メーカーと言うのも面白いですね。やはり食い倒れの街と言う事と関係があるのでしょうか?

  2. タイガーと象印は共に魔法瓶メーカーと言う事でライバル関係にあるのですが、そのせいか長くIHのタイガーと圧力IHの象印と言う具合に住み分けて来ました。ところが近年になってタイガーも三洋方式の可変圧力IH式を出すようになって混沌として来ました。

  3. 今年の新型に限っては圧力IHとIHは同数になっています。

  4. おかげで土鍋対南部鉄、三洋式可変圧力IHと象印式可変圧力IHと、主戦場を特殊内釜と可変圧力IHに移した両者の戦いぶりがより白熱して来ました。

  5. 今回はタイガーの戦力分析をして見る事にしましょう(笑)

続きを読む

炊飯器その5。パナソニックの2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

パナソニック炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 象印に続いては恐らく業界一商品数が多いパナソニックの炊飯器を見て行きます。

  2. パナソニックと言うと去年までのスチームIH式、IH式、可変圧力IH式、マイコン式に今年は吸収合併したサンヨーの可変圧力IH式とパナソニック主流のスチームIH式を合体させたスチーム&可変圧力IH式なんて物まで発売しました。

  3. 果たして二つのメーカーの技術の素晴らしい融合なのか、はたまた単なるゲテモノなのか、謎と興味は深まるばかりですが頑張って読み取って行きましょう。

続きを読む

炊飯器その4。象印の2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

象印炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. ここからはメーカー別に2013年モデルの特徴や機能、そして個々のモデルのスペックについて見て行きたいと思います。どのメーカーも大量の商品を出していますから検証するのも一苦労なんですが、苦労するのは私なんで皆さんはお気楽に見て下さい(笑)

  2. トップバッターは業界シェア1位の象印の2013年モデルを見てみましょう。

続きを読む

炊飯器その3。タイプ別のチェックポイント(プレミア、ガス炊飯器編)

炊飯器s

プレミア(高級)炊飯器とガス炊飯器について、その仕組みや特徴をご説明させて頂きます。

始めに

  1. 前回に続きまして、タイプ別のチェックポイントのお話になります。今回はプレミア、ガス炊飯器編になります。

  2. 特にプレミア炊飯器は様々な技術が投入されていて比較が難しいのですが、なるべく噛み砕いてご説明させて頂きます。まあ、純粋に技術の投入合戦なら私も楽しいのですが、残念ながらメーカーが語る「技術」の大半がオカルトだったりします(笑)

  3. そう言う意味ではあまり楽しくないのですが、嘘とハッタリと印象操作の渦巻く家電の世界なんて夢も希望もありませんから、ダメな物はダメだとハッキリ書かせてもらいます。

  4. ちょっと難しいかもしれませんが、頑張って読んで下さいね(笑)

続きを読む

炊飯器その2。タイプ別のチェックポイント(マイコン、IH、圧力IH編)

炊飯器s

マイコン、IH、圧力IH炊飯器について、その仕組みや特徴をご説明させて頂きます。

始めに

  1. 前回、炊飯器には大きく分けて5つのタイプがある事と内釜についてお話しました。今回は各タイプ毎の炊飯の仕組みや特徴について、もう少し細かくご説明させていただきます。

  2. それぞれ、価格やサイズや重量、また消費電力も違えば味の傾向も違っています。そして、全ての点で優秀な物は無く、どれも一長一短ありますからしっかりと見極めた上でお求めになる炊飯器をお決め下さいね。

  3. 長くなりますので2つに分けました。まずはマイコン、IH、圧力IH編になります。

続きを読む

炊飯器その1。炊飯器は嗜好品? 炊飯器と内釜の種類や性質。

炊飯器s

炊飯器と内釜の種類や性質、また特殊な内釜やコーティングなど炊飯器全般について大まかなお話しをさせて頂きます。

炊飯器は嗜好品?

  1. 実は白モノ家電の中で一番選ぶのが難しいのが炊飯器です。なぜなら、数ある生活家電の中で「評価=味」なのがこれだけだからです。空気清浄機ならフィルタ性能と風量、掃除機なら吸引力とヘッドの性能、これらの数値を見れば機械の性能はある程度判断出来ますが、炊飯器には比較出来る数値が存在しません。

  2. しかも、味覚と言うのはあいまいで個人差の激しいものですから、これを基準に炊飯器の良し悪しを判断するのはとても難しい作業になります。同時に、人によって評価が分かれるために「定番」と呼ばれる商品がありません。

  3. つまり「機械の事はよく分からないけど、取り合えずコレを買っておけば安心」、これが炊飯器にはありません。ですから、皆さんはご自身の好みに合う炊飯器を自力で見つけ出さねばなりません。

  4. さらに予算の問題もあります。同じ5.5合炊の炊飯器でも安い物は5千円、高い物は10万円を越えます。単価が安いので見落とされがちなんですが、白モノ家電の中で同程度の性能で価格差が20倍以上あるのは炊飯器だけなんです。テレビやエアコンだってこんなに価格差はありません。

  5. 「でも10万円の炊飯器なら5千円のよりずっと美味しいのでしょう?」普通はこう考えますよね?実はこれが大きな落とし穴なんです。

  6. 一般家電で20倍価格差があれば非常に高性能の物になるのですが、炊飯器に限っては必ずしもそうとは限りません。2台の炊飯器で炊き比べをして、100人でマスクテストすれば必ず何人かは安い炊飯器のご飯の方が美味いと感じる人が出てくるでしょう。

  7. 大量の商品、あいまい過ぎる基準、大き過ぎる価格差、こんな中で一台を選ぼうとすると、必ず出て来るのがオカルト要素です。高いから、高価な内釜を使っているから、特殊な機能があるから、「~だから美味いに違いない」と言う思い込みですね。また、メーカーの狙い所もその辺りになります。

  8. 残念ながら私はエクソシストではありませんので、思い込みの悪魔を退治する事は出来ません(笑)

  9. そこで、良い買い物をする為に少しだけ科学の力を借りましょう。まずは炊飯器の種類と特徴のお勉強からです。

続きを読む
プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ