掃除機その32。2013~14年モデル購入ガイド。ステック、ハンディ、ロボット掃除機(3万円以上のモデル)

掃除機

2013~14年モデルのスティク、ハンディー、ロボット掃除機で3万円以上のお勧め商品をご紹介させていただきます。

始めに

  1. この上限知らずの価格帯では中心になるのが海外メーカーの商品です。もちろんその中には価格にふさわしい物もありますが、多くの場合は輸入代理店のぼったくりですね。

  2. まあ、代理店には代理店の言い分もあるのでしょうが、中国や東南アジアで生産している物が多いにもかかわらず、同じ商品を輸入していアメリカより倍近い価格設定になる合理的な理由が見つからないのも事実です。

  3. 積み荷が太平洋を横断すれば懸賞金でも出るのでしょうか?(笑)

  4. 前々から言ってますが、いつになったらこの間抜けなビジネスモデルから脱却出来るのでしょうか。輸入関税がバカ高かった昭和の時代じゃあるまいし、今時舶来品を有難がるのは一部のスイーツな皆さんだけで、一般の消費者はそれが適価な物なら国籍なんぞ気にしません。

  5. 第一、大半の商品が作られているのは中国です。そんな物にブランドイメージもクソもありません(笑)

  6. ありもしない物をあると信じているのは、もはや代理店の人間だけですよ。

  7. いい加減に脳ミソを切り替えて欲しいですね。

掃除機

スティク、ハンディー掃除機

    ※なお、価格はブログ作成時のものですので検討の際はご自身でご確認下さい。

    日立 コードレススティック型サイクロン掃除機 PV-BA100-XV マグノリア日立 コードレススティック型サイクロン掃除機 PV-BA100-XV マグノリア
    (2014/1/24)¥35100 ☆☆☆☆☆ 重量2.8kg 取説
    吸込仕事率非公開 運転音非公開 連続運転12~30分 充電時間4時間

    発売直後の日立の新型モデル。清々しいまでにエルゴラピードの機能とデザインをパクったのを抜きにしても、3万円するのに14.4Vのニッケル水素電池を使う理由が理解出来ません。バッテリー交換もハンディー部分をそっくり取り替える低価格機仕様ですから安物モーターを使っているのでしょう。性能比でバカ高い価格設定は国内生産かと思いましたが生産国の表示もありません。ハッキリ言って今回はパスした方が良いですね。

    楽天で最安値をチェック
    東芝 サイクロン式 コードレスクリーナー(ターコイズブルー)【掃除機】TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ヴイ コードレス) VC-CL100-L東芝 サイクロン式 コードレスクリーナー(ターコイズブルー)【掃除機】TOSHIBA TORNEO V cordless(トルネオ ヴイ コードレス) VC-CL100-L
    (2014/1/12)¥48462 ★★★☆☆ 重量2.3kg 取説
    吸込仕事率非公開 運転音非公開 連続運転8~20分 充電時間5時間

    こちらは発売間もない東芝の新型モデル。松本零士がデザインしたようなゴテゴテした外観と無駄に欲張った多機能性のためか、やたらバランスが悪くて重く感じる掃除機です。これでダイソンに勝負を挑むとしたら無謀を通り越して狂気の沙汰ですね(笑) こちらも改良型が出るまでパスする方が良いと思いますね。

    楽天で最安値をチェック
    エレクトロラックス エルゴパワー プラス サイクロン式 スティッククリーナー ZB5012Pエレクトロラックス エルゴパワー プラス サイクロン式 スティッククリーナー ZB5012P
    (2013/4/2)¥33800 ★★★★☆ 重量3.0kg 取説
    吸込仕事率非公開 運転音非公開 連続運転17~60分 充電時間4時間

    数あるエルゴラピードシリーズの中で1台選ぶとしたら間違いなくこれ。リチウムイオン電池25.2Vはこのクラス最強。対価として重量値もクラス最強の重さなんですが、ハンディーとして使わないならそれほど負担を感じないと思います。日立の体を張ったギャグのおかげで割安感も出ましたから、現時点で2in1のスティック掃除機をお求めならこちらお選ぶのがベストの選択です。但し、どこまで行っても中国製、高い確率で不良品が混ざっていますので覚悟して下さい(笑)

    楽天で最安値をチェック
    DYSON DC62motorhead DC62MHDYSON DC62motorhead DC62MH
    (2013/09/13)¥62200 ★★★★☆ 重量2.03kg 取説
    吸込仕事率100~28W 運転音非公開 連続運転7~20分 充電時間3.5時間

    この記事を書いてる3月の中旬は新入学シーズンを控えて単身者向けの家電製品が暴騰していますが、このDC62は本来なら4万円台の商品です。お間違い無い様に。この高級スティック掃除機市場を開拓したのがダイソンですが、一日の長があるのか、日立と東芝が笑いに走った今となってはエルゴパワーとこのDC62が鉄板になってしまいました。チッ(笑) あんまりダイソンの一人勝ちが続くと、いつまで経っても値段が下がらないので他メーカーの中の人達は頑張って欲しいですね。

    楽天で最安値をチェック
    DYSON DC61motorhead DC61MHDYSON DC61motorhead DC61MH
    (2013/09/13)¥37680 ★★★★☆ 重量1.55kg 取説
    吸込仕事率100~28W 運転音非公開 連続運転7~20分 充電時間3.5時間

    こちらも2月には3万円ジャストだったのですが値上がりしてしまいました。このDC61はハンディー型としては驚異的なパワーがありますが、反面非常に大型になりますので狭い所で使えません。しかも重いですからハンディー型の気楽さ軽快さとは縁遠い存在になります。悪くはありませんが良くもありません。同じ買うなら汎用性の高いDC62の方が使い勝手が良いと思います。お高いですけど(笑)

    楽天で最安値をチェック
  1. スティク、ハンディー掃除機は以上5機種をチョイスしました。これ以外にもエレクトロラックスの18V機がありますが、値段が変わりませんからエルゴパワーをお選びになる方が良いと思います。エルゴパワーは確かにちょっと重いのですが、バッテリーの性能が違いすぎますからエルゴラピードを選ぶ理由はありません。故障率も同じです(笑)

  2. ダイソンは旧型のDC34、35、45がありますがどうしても予算的に苦しいなら別ですが、そうでないなら出来るだけ新型をお選びになる方が賢明です。ダイソンクラスのメーカーの場合は新機種の初号機に不具合が無い方が珍しく、モデルチェンジや突然の仕様変更等でこっそり改善して行きます。恐らく、公式にアナウンスされてない不具合も数多くあったと思いますね。

  3. そんな具合ですので、新型になる方が製品の完成度が上がって行きます。まあ、ぼったくり価格で頭に来るとは思いますが、同じ高いお金を払うなら安全で使い勝手の良い方が最終的にお使いになる皆さん自身が得をします。財布はいささか軽くなりますが、同じ買うなら少しでも楽が出来る物をお選びになって下さい。

  4. それでは比較に入りますが、DC61はDC62とカタログスペックが同じなので省略します。

  5. 型番PV-BA100ZB5012PVC-CL100DC62
    メーカー日立エレクトロラックス東芝ダイソン
    バッテリー電圧(V)14.425.218.521.6
    吸込仕事率(W)非公開非公開非公開100~28
    運転音(dB)非公開非公開非公開非公開
    総重量(kg)2.83.02.32.03
    その他の機能2in12in1、2年保証ホース付2年保証
    集塵容量(ml)250800250400
    連続運転(分)12~3017~6012~307~20
    充電時間(h)4453.5
  6. 折角なんで、ライバル関係にある2台を並べてみました。一言で言うと「ダメだこいつら、早く何とかしないと」ですね(笑)

  7. 日立と東芝は体を張ったギャグのつもりでしょうか?(笑) 日立は総重量のみ、東芝は稼働時間以外は全敗です。まあ、エレクトロラックスは中国でダイソンはマレーシア製ですからコストパフォーマンスの点で苦しいとは思いますが、ここまで能力に差があると笑いしか起きて来ません。プロダクトマネージャーはこれで良しと言ったのでしょうか? 訳が分かりません。

  8. さすがは商売下手のトップ争いをしているメーカーだと言ってしまえばそれまでですが、さすがにこれだけ酷いと言葉が出て来ませんね。東芝はこれを月に7000台、日立に至っては15000台売るつもりらしいのですが、頭がおかしいとしか思えません。少なくとも今の半値にしないとこんなの売れないですよ(笑)

  9. そんな訳ですから、国産愛好家の皆さんは荷物をまとめて雪山にでも籠るしかありません。来年また新型が出るか、はたまた他のメーカーが参入して来るのを待ちましょう。どうしても欲しいなら半値になるまでお待ち下さい。おそらく、それほどお待ちいただく事は無いと思いますね。

  10. それでは気を取り直して一つづつ見て行きましょう。

  11. 日立の場合は褒める所が何もありません(笑) 確かにエルゴパワーに比べると200g軽いですが、バッテリーの能力がこれだけ違うと実質的には日立の方が重い掃除機と言えます。つまり全敗ですね(笑)

  12. ホント、ちょっとでも期待していた私がバカでした(笑)

  13. 東芝は先日量販店で実機を触って来ましたが、結局ダイソンに無い機能を欲張って付けまくったために無駄に重いだけでなく、どれも中途半端な能力になってしまっています。こうしたスティック、ハンディー型は軽快さと手軽さが命なんですが東芝にはどちらもありません。掃除をするのに気合を入れないと使えない掃除機です。

  14. 東芝には1万円の小型のタテ型掃除機がありますが、あれにスティックを付けた様な印象でした。結局、日立は欲が無さ過ぎて失敗し、東芝は欲張り過ぎて失敗していますね。道のりは果てしなく長いですが、何とか改善して行って欲しいものです。

  15. 掃除機
  16. エレクトロラックスはこの下に18Vバッテリーのエルゴラピード・リチウムシリーズがありますが、実売価格に差がない上に集塵容量が500mlと小さいです。バッテリーの電圧=パワーですから、エルゴラピード・リチウムはエルゴパワーに比べると非力でマメにゴミ捨てをしなければならない掃除機と言えます。

  17. その代り400gほど軽くなるのですが、2台を比較して考えると私はエルゴパワーの方をお勧めしますね。

  18. 商売柄、毎日長時間コードレスの電動工具を使っていた立場から言わせてもらうと、コードレス機を使っていて一番ストレスが溜まるのが満足に作業が出来ない事です。一日中重い工具を持っての作業になりますから1gでも軽い方が楽なんですが、軽いが仕事が効率良く進まない低電圧のコードレス機よりも、重いが仕事が捗るハイパワーのコードレス機の方が体感的にはずっと楽です。

  19. まあ、電動工具と掃除機とを同じ土俵では測れませんが、エルゴパワーなら1度かければ取れるゴミがエルゴラピード・リチウムでは何度か往復しないと取れない、と考えると分かりやすいでしょう。同じ18Vと言っても、パワーブラシに電力を取られますからマキタやボッシュに様には吸いません。このちょっとした差が掃除の効率に影響して来ます。

  20. そもそも18Vバッテリーで必要十分な能力があるなら、25.2Vのエルゴパワーなんて作りません。18Vでは力不足だからもっとパワーのある物が求められて、それに応える形でエルゴパワーが作られた訳です。

  21. もし、エルゴパワーをお使いになって、もっと非力でも構わないから軽い物が欲しくなったら他のエルゴラピードシリーズにダウングレードして行って下さい。コードレス機を大量に使った経験から言いますが、非力で安い物から徐々にアップグレードして行くよりも、このやり方の方が最終的な出費は安くつきます。

  22. 迷ったらパワーのある方を選ぶ、これがエルゴラピードに限らずコードレス機を選ぶ鉄則ですね。

  23. 掃除機
  24. ダイソンに関しては物は悪くないのですが値段が凶悪すぎますね(笑) 今この原稿を書いてる時点では公式通販は品切れが続出して、在庫のある小売店は大幅に足元を見た価格設定をしています。宣伝は上手いが生産計画が甘いのが素人家電メーカーダイソンです(笑)

  25. お買いになるなら公式在庫が復活して流通在庫が潤沢になる5月以降が良いと思いますね。ちなみに今年の1月前半ではDC62モーターヘッドが48000円程度、DC62コンプリートが53000円程度でした。これより高い値段で買うのは小売りのおっさんを喜ばせるだけですから安くなってからお買いになって下さい。安く買って、おっさんを泣かせましょう(笑)

  26. 価格的にも能力的にも競合するのは東芝だけなんですが、東芝の体を張ったギャグのおかげでダイソンの優位性のみ浮かび上がりました(笑) その内にトルネオVとの吸引力比較を必ずやって来るでしょう。スペック的にトルネオVに勝ち目はありませんからね(笑)

  27. ただ、ダイソンで一つだけ気になるのが稼働時間の短さです。吸込仕事率28Wのマキタ18V並の吸引力なら20分使えますが、売りである吸込仕事率100Wの強モードで使うと7分しか使えません。稼働時間7分では2部屋掃除するのは難しいでしょう。

  28. DC45の初期型まではカートリッジ式の予備バッテリーを使ってバッテリー交換しながらの長時間運転が可能でしたが、DC45の後期型以降はバッテリー内蔵型に改悪されています。まあ、ドライバーでネジを2本外して内蔵バッテリーを交換すれば連続運転も可能なんですが、掃除をする度にそんな面倒くさい事をやってられません(笑) 結局、パワーを落として使うしかありません。

  29. とすると、ハイパワーの優位性と言うのはダイソンが喧伝するほどあるわけではないと言う事になりますね。まあ、ダイソンらしいと言えばらしいのですけど(笑)

  30. このバッテリー仕様の改悪は公式にはバッテリーの接触不良の改善策とされています。ですが、接触不良の改善ならばソケット部分や口金の改良をすれば良い訳で、何もユーザーからの不評を買ってまでバッテリーをハメ殺しにする必要はありません。と言う事で、何か裏がありそうですね(笑)

  31. 理由の一つは軽量化のためなんでしょうが、一番の理由は長時間運転によるモーターの異常加熱の回避策じゃないかと邪推します(笑)

  32. ダイソンの場合は非力なコードレス機で本格的なサイクロンを回しています。しかも自慢げに数値を公開するほどの高い吸込仕事率も実現しています。このためにモーターには猛烈な負荷がかかり続けます。当然、モーターは非常に熱を持つ事になります。

  33. このコードレス掃除機は世界戦略モデルでアラブでもアフリカでも南米でも売っています。高温地域で何個もの交換バッテリーを使って連続運転をされると、最悪の場合は発火の可能性も出て来ますね。もしかしたらDC45初期型の時点でどこかでそうした事故が起きたのかもしれません。もちろん、邪推ですが(笑)

  34. ただでさえ値段の割には造りは良くないですから、異常加熱による変形とか焦げ付きとかが起きても不思議ではありません。その簡単かつ合理的な解決策としてバッテリーをハメ殺しにしたと考えると辻褄が合いますね。もちろん、邪推ですが(笑)

  35. そんな具合でコードレス掃除機としては決して完成度の高い物ではないのですが、日立と東芝が笑いに走った今となってはハイパワーのハンディー&スティックタイプとしてはエルゴパワーとダイソンしかマトモな物がありません(笑)

  36. 気軽に掃除するならダイソンを、本格的に掃除をするなら稼働時間の長いエルゴパワーをお選びになって下さい。ただ、どちらも外人サイズで狭い所は苦手にしていますのでお忘れなき様に(笑)。

  37. ★スティク、ハンディー掃除機のおすすめ
    狭い部屋やピンポイントの掃除にはダイソンDC62、広い部屋やフロア全体の掃除にはエレクトロラックスエルゴパワーがお勧めです。ただ、どちらも少し重いのでか弱い女性の皆さんは注意して下さいね。

掃除機

ロボット掃除機

    iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780
    (2011/10/10)¥56053 ★★★★☆ HP
    連続運転60~75分 充電時間3時間 バッテリー寿命約1年

    新型の800シリーズが発売になってちっとは値下がりするかと思いましたが、まだ下がって来ませんね。まあ新型がかなり微妙な出来ですから、ペットがいらっしゃらない一般家庭でお使いになるならこちらの700シリーズからお選びになると良いと思います。こちらはその700シリーズの最上級モデル。オプションパーツ全部乗せの豪華版です。「良く分からないが、どれを買えば良いのだ?」なんておっしゃる皆さんはこちらをお選び下さい。全ての機能が搭載されていますからこれ以上の物はありません。

    楽天で最安値をチェック
    iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770
    (2011/10/10)¥51500 ★★★★☆ HP
    連続運転60分 充電時間3時間 バッテリー寿命約1年

    こちらはレギュラー版。780と比べるとライトハウス機能と予備ブラシが付いていませんが、ライトハウス機能はアメリカサイズの広い部屋では威力を発揮しますがウサギ小屋で使うのはあまり意味がありません(笑) 予備ブラシもアマゾン等で容易に入手可能ですから準備しておく必要もありません。「良く分からないケド、可愛い私におすすめなのはどれ?」とおっしゃる美少女の皆さんはこちらをお選び下さい(笑)

    楽天で最安値をチェック
    iRobot ロボット掃除機アイロボット Roomba630 ルンバ630iRobot ロボット掃除機アイロボット Roomba630 ルンバ630
    (2012/9/13)¥44390 ★★★★☆ HP
    連続運転60分 充電時間3時間 バッテリー寿命約1年

    ルンバのベーシックモデルがこの600シリーズ、700シリーズと基本性能は大して変わりませんが、一部の機能が省略されています。新入学シーズンを迎えてここに来て急に値上がりしましたが、本来は4万円弱の商品です。この下に620がありますが、そちらはバーチャルウォールが2個から1個に減って予備フィルタが付属しないだけの違いです。価格差がありませんからこちらの方がお得ですね。

    楽天で最安値をチェック
    iRobot【アイロボット iRobot Braava 380t フロアモッピングロボット オリジナル日本語取扱説明書付き】並行輸入品iRobot【アイロボット iRobot Braava 380t フロアモッピングロボット オリジナル日本語取扱説明書付き】並行輸入品
    (2013/12/14)¥42800 ★★★★☆ HP
    連続運転2.5~4時間 充電時間2時間 バッテリー寿命不明

    こちらは拭き掃除専用ロボット、ブラーバの上位モデル380tです。360より頭が良くなり、洗剤タンクを装備して広い面積を掃除出来て、バッテリーが強化され活動時間が長く充電時間が大幅に短くなりました。アマゾンUSAのロボットクリーナーランキングでも堂々の7位、北米での人気商品です。但し、こちらもアイボットジャパンは取り扱っていませんから並行輸入品のみになります。同じアイボットブランドでもブラーバはルンバほど信頼性は高くありません。お買いになるなら自前でサポートをしている業者をお選び下さい。

    楽天で最安値をチェック
    シャープ ロボット家電 (プラチナピンク)【掃除機】SHARP COCOROBO(ココロボ) RX-V90-Pシャープ ロボット家電 (プラチナピンク)【掃除機】SHARP COCOROBO(ココロボ) RX-V90-P
    (2013/6/14)¥58410 ★★★★☆ 取説
    連続運転100分 充電時間4時間 バッテリー寿命約3年

    国産唯一のロボット掃除機がシャープのココロボシリーズです。こちらは最新のベーシックモデル。最上位のV200はガチでウケを狙いに行ってスベってますので、お買いになるならこちらの方が良いでしょう(笑) 価格コムでもアマゾンでも工作員が露骨にステマを連発していますが、ロボット掃除機としてはルンバよりも大きく劣ります。お掃除ゴッコが出来るロボットペットだと思って、生暖かい目で見てあげて下さい(笑)

    楽天で最安値をチェック
  1. ロボット掃除機は以上5機種をチョイスしました。他にも東芝のSmarbo(韓国サムソンのOEM)や韓国LGのモデルにシャープのCOCOROBOの旧型モデル等があるのですが、ルンバのライバルには成りえない物ばかりなので除外しました。同じ価格帯で明らかに性能の劣る物を紹介しても意味がありません。

  2. ルンバはこれ以外にも旧型や並行輸入のリファービッシュ品(新古返品や修理再生品)などがありますが、悪評の業者以外を選択すれば特に問題はありません。並行輸入業者の中には自前のサポートをしている所もあるぐらいですから必ずしも正規品に拘る必要はないと思います。元々、ルンバの駆動系のメカニズムは工業高校の生徒さんなら組上げられる程度の単純なものですから、修理に関して特別な技術は必要ありません。制御系以外なら輸入業者の工房で修理可能です。

  3. また、ルンバは低価格の500シリーズも最上級の700シリーズも掃除の能力自体は対して変わりません。ですから、どうしても安くルンバを手に入れたいなら500シリーズのリファービッシュ品をお探しになると良いと思います。ただ、現在円安になってますから以前ほど並行輸入品は安くはありません。価格差が僅かなら正規品を選ばれる方が良いと思います。

  4. ルンバ880下面写真
  5. で、そのルンバなんですが、3月1日より待望の新型800シリーズが発売になりました。旧型との一番の違いは、ゴミを巻き上げる2本のローラーがナイロンブラシ製からゴム製に変更になった事です。

  6. アイボットはこれによりペットの毛が絡みにくくなったとアナウンスしています。早い話が、ルンバはアイリスオーヤマ化したと言う事ですね(笑)

  7. このゴムローラーに換装された事で追加の仕様変更をしています。それが吸引力の付与ですね。

  8. 今までのルンバには一般的な意味での吸引力はありませんでした。一応ファンは回していましたが、それはダストカップに入ったゴミをこぼさないようにするための物であって、床に落ちているゴミを吸い込むための物ではありませんでした。

  9. ゴムローラーはナイロンブラシほどゴミを巻き上げてはくれません。ですから従来型の物では取り込んだゴミがダストカップまで到達せずにそのまま床にこぼれてしまいます。これを防ぐために吸引力と呼べる物を装備したと言う事ですね。

  10. ルンバの日本正規代理店セールス・オンデマンドは「何と吸引力が5倍に!」などと自慢していますが、もともとゼロに近い吸引力が5倍になっても自慢にはなりません(笑) ここはブルーエアの代理店もやってますから勘弁して欲しいですね。ひょっとして、シャープかダイソンの元社員でも採用したのでしょうか(笑)

  11. また、吸引力を付与した事で一つ都合の悪い事が出て来ました。それがHEPAフィルタ詐欺ですね。まともな吸引力がないからHEPAフィルタが使えたのですが、多少なりとも吸引力を持つ様になるとHEPAフィルタが邪魔になって来ます。HEPAを使うと空気が流れにくくなり、おもちゃの様なモーターしか積んでいないルンバでは吸い込まなくなります。

  12. 新しいフィルタは捕集率90%との事ですから中性能フィルタですね。今まで「ルンバはHEPAフィルタだから排気がきれい」とかイタい事言ってた皆さんは懺悔して丸坊主にするべきですね(笑) これがルンバの真の実力です。

  13. だいたい、アイボットなんて軍事ロボットのベンチャーだった会社ですよ。ハッキリ言って家電ではダイソン以下です。他にマトモなライバルがいないから相対的な優位を維持してるだけで、ルンバだって白物家電としては出来損ないの域から脱していません。そんなド素人メーカーに高いバランスが必要な物を作れる訳がないでしょうに。

  14. さて、そんな具合ですので、この新型の800シリーズ今までの正統進化版と言うよりペット用に特化した一種の亜種と考えるのが良いと思います。この先ルンバがどんな進化を遂げるかは分かりませんが、このゴムローラーが標準装備されるとしたら日本でのシェアは落ちると思いますね。このゴムローラーは日本の住宅事情に全くマッチしていません。

  15. まず畳がアウトです。ゴムベラで畳表を擦っていると確実にイグサが割れて来ます。また、フローリングの場合もワックスをかけた柔らかい日本のフローリングの場合はゴムベラが回転した跡が付くと思います。さらに砂などをこぼして、それをルンバ800シリーズに掃除させると細かい傷が付くと思いますね。

  16. これを日本で使うならば、カーペットに付いたペットの毛を掃除させるくらいしか上手い使い道がありません。そういう意味ではペット用ロボット掃除機としてはそれなりに優秀だと思います。

  17. そんな訳ですから、汎用のロボット掃除機としては今まで通り700シリーズをお選びになる方が良いと思います。基本的にルンバはアメリカ人がアメリカの家庭向けに開発した家電製品です。彼らは日本の住宅事情なんて興味すらないでしょう。それだけにそのギャップはお使いになる皆さん自身で埋めて行かなければなりません。

  18. 長い住宅ローンの残った家の床を傷だらけにしたくなかったら良く考えて選んで下さいね(笑)

  19. この原稿を書いている時点では、ルンバ800シリーズは公式通販以外だとビッグカメラやヨドバシ等の店頭販売のみになっています。その内にアマゾンや楽天でも取り扱うと思いますのでリンクだけ張っておきますね。

  20. ルンバ880をAmazonでチェック
    ルンバ880を楽天でチェック
  21. さて、前置きが長くなりました、それではルンバの3兄弟から比較してみましょう。

  22. 掃除機
    型番780770630
    メーカーアイボットアイボットアイボット
    連続運転(分)60~756060
    充電時間(h)333
    バッテリー寿命(年)111
    重量(kg)3.853.853.7
    その他の機能ライトハウス機能、予備ブラシ一式スケジュール機能なし
    集塵容量(L)0.260.260.23
    製品寸法(最大幅/高さ)(mm)353/92353/92340/92
  23. ご覧の通り、ルンバの基本能力はどれを取っても大差ありません。780と770との大きな違いは付属品の数ですし、700シリーズと600シリーズとの大きな違いはスケジュール機能の有無ですし、630と620との大きな違いは付属品の数です。500シリーズは少しだけ能力が落ちますが、それも微小な差であって他のロボット掃除機よりも優秀です。

  24. ですから、ロボット掃除機をお買いになるなら予算に応じてルンバのどれかをお選びになるのが安全確実な方法ですね。

  25. 780は800シリーズが出るまでは最上位モデルで、ルンバに使われている全ての機能が搭載されています。ライトハウス機能とは、部屋の境界にお部屋ナビを設置する事で複数の部屋やパーティションで区切られた広い部屋を順次掃除して行くための補助システムです。バーチャルウォールの高級版と言う感じですね。

  26. 770は780からこのライトハウス機能とタッチパネル式のスイッチを外した物で、その他の機能については同じ物です。予備のブラシも付属していませんが、これはいつでも入手可能です。

  27. 630は700シリーズより新しいのですが、ベーシックモデルの500シリーズの発展改良型と言う位置付けですね。基本性能は大して変わっていませんが細部をリファインしています。630と620との違いは予備フィルタの有無とバーチャルウォールの数だけですから、ワンルームにお住まいの方はバーチャルウォールが1台だけの620で十分です。それ以外の皆さんはバーチャルウォールが2台付いている630の方が便利だと思います。

  28. いずれをお選びになったにせよ、ロボット掃除機に過度な期待をしなければそれなりに役に立ってくれます。ルンバと言えどもアホの子には違いありませんから使う側に工夫が必要です。

  29. そう言う意味では手がかかる家電製品には違いありませんが、ロボット掃除機は人と違って文句を言いませんからね。これだけでもお金を払った甲斐があると言う物です(笑)

  30. それでは残りの2台を見て行きましょう。

  31. 掃除機
    型番Braava380tRX-V90
    メーカーアイボットシャープ
    連続運転(h)2.5~41.6
    充電時間(h)24
    バッテリー寿命(年)不明3
    重量(kg)1.82.6
    その他の機能湿乾拭き掃除おしゃべり(笑)
    集塵容量(L)なし0.1
    製品寸法(最大幅/高さ)(mm)21.6/7.9304/99
  32. ブラーバは拭き掃除専用ロボットですからロボット掃除機ココロボとは比較対象になりません。まあ、色物と言う意味では似ていますが(笑)

  33. まずはブラーバからですが、まだ拭き掃除ロボットがどんな物か実感が湧かない方もいらっしゃるでしょう。そこで、こちらにGigazineさんが実際にブラーバ380tを取り寄せたレビューがあります。まずはこちらを先にご覧下さい。

  34. 動画をご覧になれば拭き掃除ロボットがどう言う物かお分かりいただけると思います。例によってアホの子なんですが、ルンバでは出来ない拭き掃除を全自動でやってくれます。特にこちらの380tは湿乾両用ですから、洗剤を入れてやると全自動のクイックルワイパーに変身します(笑)

  35. ルンバでゴミを取って、ブラーバで拭き掃除をする。実際に併用してお使いの方のお話だとキャニスター掃除機の出番はなくなるそうです。上手く利用すればお忙しいご家庭では強力な助っ人になりますね。

  36. 但し、フローリングの部屋だけですけど(笑)

  37. 残念ながらアイボットの代理店のセールス・オンデマンドは未だにこのブラーバを正式には扱っていません。ここは仕事の遅さに定評のある代理店で、海外では1年以上前から売られているブルーエアのカラー版「ブルーエアセンス」もようやく最近になって販売するようになりました。ブラーバが正式輸入されるにはまだ半年程度かかると思います。

  38. ですから、お急ぎでないなら正式輸入されてからお求めになると良いでしょう。この代理店は仕事は遅いですが、サポートに関しては比較的しっかりしています。ブラーバはルンバに比べると信頼性に欠ける部分、特にバッテリー関係が弱いですから正規輸入品をお買いになる方が安心感が高いです。

  39. とは言え、大した技術を使っている訳ではありませんからルンバ同様に並行輸入業者でも対応は可能です。要はしっかりとお店選びをすれば大きなトラブルにはなりませんから過剰な心配は不要です(笑)

  40. 興味がある方は一度トライして見て下さい。

  41. ココロボに関しては良し悪しで言えば悪いのですが、好き嫌いで言えば好きな方もいらっしゃると思います。

  42. 別に家電製品は有能であるばかりが存在理由ではありません。性能的には劣っていても気に入ったのならそれはそれでアリですから、「カワイイ」とか思っちゃった皆さんはお買いになれば良いと思いますよ。お値段は可愛くないですけど(笑)

  43. ココロボの欠点は段差に弱く、すぐにエラーを連発して止まってしまう事ですね。良く言えば温室育ちのお嬢様タイプなんですが、悪く言うと出来損ないの役立たずです(笑)

  44. そんな訳ですから、実用性と言う意味ではルンバより劣るのですが、一番のウリの「しゃべる」機能は結構好評ですからロボットペットの様な感覚でお使いになると良いと思います。掃除機と思うと腹が立ちますが、アホなペットが健気にお掃除ゴッコをやっていると思えば腹も立たないでしょう。これはそうして使う物です(笑)

  45. 種類は沢山出ていますが、今買うとすればご紹介したRX-V90一択ですね。上位のRX-V200はアホみたいな機能を満載したアホみたいに高い商品ですから、調子に乗って買うとバカを見ます(笑)

  46. 旧型はバーチャルウォールが使えない先史時代の低能ロボットですから買う価値がありません。お買いになるならRX-V90をお選びになって下さい。

  47. ★ロボット掃除機のおすすめ
    予算に応じてルンバの各モデル。予算があるなら上位モデルの方が満足度は高いです。フローリングメインのご家庭ならブラーバも欲しい所。同じ買うなら絶対湿乾両用の380tですね、320は乾拭きしか出来ません。但し、今は並行輸入品しか手に入らないのでご注意を。

掃除機
掃除機その33。2013~14年モデル購入ガイド。サイクロン掃除機(4万円以上のモデル)へ進む
掃除機トップへ戻る
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ