掃除機その11。三菱の2013年モデル購入ガイド

掃除機

三菱掃除機の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 三菱も日立と同じく重厚長大なイメージがあるのですが、最近の三菱製掃除機に関しては必ずしも当たってはいません。軽薄短小と言うと聞こえは悪いですが、小型軽量の掃除機で高い評価を得るメーカーに変貌しました。

  2. とは言え伝統の部分も健在で、紙パック掃除機としては国内最大級の雷神シリーズを発売していますし、何より全体的にスクエアなデザインは三菱の家電製品全体に通じる物があります。何だか、ジオン軍とかが使っていそうなデザインですね(笑)

  3. そんな訳で、人によっては好き嫌いの分かれるメーカーなんですが、そのメカメカした特徴を見て行きましょう(笑)

掃除機

2013年製三菱掃除機

2013年モデルの特徴

始めに

    TC-BXA15P
  1. 三菱掃除機トップ 価格コム売れ筋ランキング
  2. 三菱の掃除機には3つのラインナップがありまして、1つは高性能サイクロンを搭載した風神シリーズ、もう1つは大容量紙パックの雷神シリーズ、そして小型軽量のBe-Kシリーズ、この3つです。但し、2013年モデルに関しては風神シリーズとBe-Kシリーズのモデルチェンジだけで、雷神シリーズはモデルチェンジをしていません。

  3. 現行の雷神シリーズは2011年製ですから、もう2年以上も放置されています。去年、一部で新型が出るなんて噂がありましたが、結局噂止まりで終わってしまいましたね。まあ、三菱はパナソニックの様に毎年必ずモデルチェンジして来るメーカーではありませんが、さすがに中3年はちょっと長すぎる気がします。今年、新型が出るのを祈りましょう(笑)

掃除機

フィルターレスサイクロン

    三菱製フィルターレスサイクロン
  1. フィルターレスサイクロンとは似非サイクロン機の様にサイクロン本体にフィルタが付いていないと言う意味で、比較的分離能力が高く、一口で言うとまともなサイクロンだと言う事ですね。

  2. 正直言ってサイクロン本体にフィルタが付いていること自体が異常なんで、このレベルになって始めて普通のサイクロンと呼べる様になりました。ですから、本当は全然自慢出来る話ではありません(笑)

  3. よく「フィルターレス」と言う言葉に釣られて勘違いする人がいらっしゃいますが、モーター前フィルタはちゃんと存在します。三菱はわざとミスリードさせるために「カートリッジセット」なんて呼び方をしていますが、サイクロンの奥にセットされたこれがモーター前フィルタの事ですね。

  4. フィルタが存在しますから当然お手入れは必要で、定期的にホコリを払って水洗いしなければなりません。三菱はHEPAフィルタだと言ってますから、水洗い出来る中国製の自称「HEPAフィルタ」を使っていると思われます(笑)

  5. 早い話が、フィルターレスサイクロンとはフィルタ付きサイクロンよりお手入れの頻度が少なく済むと言うだけの話であって、それ以上でもそれ以下でもありません。単に並のサイクロンと言うだけですね。

  6. まあ、パナソニックや日立等のサイクロンが酷過ぎる代物ですから相対的には優位である事は間違いありませんが、だからと言って大威張りする程ではありません。お手入れの回数は少なくとも、お手入れ自体から解放された訳ではありません。

  7. つまり、1枚100円の紙パック以下の分離能力しかないと言う事ですね。高性能サイクロンと言ってもその程度の物ですよ(笑)

掃除機

きれいな排気

    TC‐ZXC30P排気イメージ図
  1. 最近は日立を筆頭にこの排気のきれいさがトレンドになって来ているみたいで、三菱も追従して来ています。モーター前フィルタに自称HEPAフィルタを、最終フィルタに自称ULPAフィルタを使う事で、03~10μの微小な塵の平均捕集率99.998%を実現しています。これは日立と同じくドイツでの実機テストですから信用出来ますね。

  2. 但し、日立が「ドイツの第三者機関で測定」としているのに対して、三菱は「ドイツの第三者機関で測定したデータを元に当社にて算出」なんて胡散臭い書き方をしています。ちょっと臭いますね(笑)

  3. また、日立より高性能な筈のULPAフィルタを使いながら日立より捕集率が0.001%悪くなっています。途中で漏れてたらこの程度では済みませんから、このフィルタは自称「ULPAフィルタ」と考える方が無難ですね。どうせこれも中国製でしょう(笑)

  4. まあ、フィルタの生産国は抜きにしてもこの成績はかなり優秀です。パナソニックやダイソンの様に排気はきれいだと言い張っても、第三者機関での実機テストをやらないメーカーよりは余程信用出来ます。ただ、この精度で排気のきれいさを実現しているのは最高級のTC-ZXC30Pのみです。他のモデルは大きく劣りますのでお間違いないように(笑)

掃除機

毛がらみ除去機能

    三菱毛がらみ除去ヘッド
  1. これも高級モデルのみの機能なんですが、回転ブラシに絡まったペット等の抜け毛を一発で取り去る機能です。まあ実際はこれほど上手く行くとは限らないのですが、ペットの室内飼いをされている皆さんには有ると無いとでは掃除の手間が大きく違って来ます。

  2. 絶対的に有利だとは言えませんが、ペットの抜け毛でお悩みの皆さんはもう少しだけ予算を増やして、この機能を持ったヘッドをお選びになる方が良いかも知れませんね。

掃除機

2013年モデルのスペック一覧

サイクロン掃除機

    TC-ZXC30P
  1. それでは2013年モデルのスペックを見て行きましょう。三菱も上位モデルのリファインが中心で実質的にはマイナーチェンジと言って良いでしょう。全体的にはカラーリングが変わったくらいで大きな変更はありません。Be-Kシリーズだけデザインの違いを感じる程度ですね。

  2. 雷神が2年以上モデルチェンジをしない所を見ると三菱が主力と考えているのはサイクロン機でしょうから、サイクロン機を念入りに見て行く事で三菱の掃除機に対する考え方も見えて来ます。鬼が出るか蛇が出るかは分かりませんがちょっと見てみましょう(笑)

  3. 型番TC-ZXC30PTC-ZXC20P
    集塵方式サイクロンサイクロン
    ヘッド種類自走式自走式
    吸込仕事率(W)230~130230~130
    運転音(dB)64~6165~62
    総重量/本体重量(kg)5.3/3.85.1/3.8
    その他の機能毛がらみ除去、綺麗な排気綺麗な排気
    集塵容量(L)0.90.9
    消費電力量(Wh)850~600850~600
  4. こちらは高級モデルの風神シリーズのラインナップです。全部で2台ですね。最近の三菱は掃除機に限らず商品のラインナップを絞って発売しています。我々消費者側とすれば寂しい限りですが、これも時代の流れでしょうね。

  5. さて、ご覧の通り、三菱は高性能サイクロンに排気のきれいさを取りましたから爆音になります。総重量は軽くはありませんが、この能力を考えるとかなり軽めにまとめていますね。ゼロ戦以来の伝統芸でしょうか(笑)

  6. 吸込仕事率が230Wと低めですが、これは高性能サイクロンの宿命です。先にお話しました様に、真面目にサイクロンを回そうとすると吸引力の大半はサイクロンで消費されてしまいます。高性能サイクロンを搭載している東芝もダイソンも吸込仕事率が200W前後しかありません。三菱の場合は排気のきれいさと両立しての数値ですから、これでも優秀な方だと思いますね。

  7. TC-ZXC30Pは文字通りフル装備のフラッグシップモデルです。毛がらみ除去や排気のきれいさ以外にもオプションノズル類が全て付属しています。価格的にはかなりの物ですが、追加機能やオプションパーツのコストを考えると全体的には割安感がありますね。これは昔から三菱の最上位掃除機の伝統です。

  8. 但し、毛がらみ除去機能は良いとしても、三菱のヘッドは他メーカーの様に首が回転したりはしません。昔ながらのT字固定ヘッドです。まあ、回転ヘッドは良い事ばかりではないので必ずしも不利とは言えませんが、大手家電メーカーでヘッドの首が回転しないのは三菱とパナソニックだけです。

  9. パナソニックは首が回転しない代わりに親子ヘッドを採用していますから、スキマ掃除でいちいちノズルを差し替えないといけないのは三菱のみと言う事になります。ヘッドの首が回転する事が正義ではありませんが、その事は頭に入れておいて下さい。

  10. TC-ZXC20Pは位置づけとしては廉価版になります。排気のきれいさについてHPには出ていませんが、プレスリリースでは平均捕集率99.99%あるそうです。ただ、TC-ZXC30Pとの実売価格差が1万円程度ですから必ずしも割安とは言えないですね。どうしても三菱の本格的サイクロンを出来るだけ安く買いたいと言うのなら別ですが、私だったらTC-ZXC30Pを選びます。

  11. オプションノズルを単体で買う機会はあまりないでしょうが、メーカーを問わずあると便利な物ばかりです。単体では購入出来ない物も多いですから、予算に余裕がある皆さんはTC-ZXC30Pを選んだ方が後になっての満足度は高いと思います。掃除をする際に痒い所に手が届くのがオプションノズルなんですよ。

  12. 掃除機
    型番TC-EXC10PTC-EXC8PTC-EXC7J
    集塵方式サイクロンサイクロンサイクロン
    ヘッド種類自走式パワーブラシタービンブラシ
    吸込仕事率(W)310~80300~80300~80
    運転音(dB)64~5964~5965~59
    総重量/本体重量(kg)3.9/2.43.8/2.43.6/2.4
    その他の機能毛がらみ除去なしなし
    集塵容量(L)0.60.60.6
    消費電力量(Wh)850~300850~300850~300
  13. こちらは小型軽量が売りのBe-K(ビケイ)シリーズのラインナップです。一目見てお分かりのように圧倒的に軽いです。ヘッドやホースを含めた総重量で並の掃除機の本体分しかありません。ともかく軽くて「まともな」掃除機がお望みなら、サイクロン紙パックを問わずこのBe-Kシリーズがお勧めです。

  14. 但し、軽さを追求した掃除機ですから他の能力はアレになります(笑) サイクロンとは名ばかりのティッシュ必須の似非サイクロンですし、三菱らしく爆音です。排気に関しては「0.5μm以上のチリを約99%捕集」とか言ってますが、この数値はHEPA未満の中高性能フィルタの捕集能力ですね。しかも試験方式の説明がありません。

  15. 三菱の話だとモーター前フィルタにはHEPAを使っている事になってますから、本物のHEPAならどこかで漏れてるか安物モーターがカーボンを撒き散らしている事になりますし、全く漏れていないならモーターのカーボンを尻から吹出していると言う事になります(笑)

  16. まあ、三菱は「ゴミを逃がさない」とは言ってますが「排気がきれいだ」とは一言も言ってませんから、その程度の物なんでしょうね。軽量モデルに多くを望むのは酷ですから、軽さ以外の能力は潔く諦めて下さい(笑)

  17. TC-EXC10Pは毛がらみ除去機能付きの自走ヘッド以外にも2wayロングノズル等が付いた豪華版です。TC-EXC8Pより実売価格で1万円近く高くなりますが、追加機能やオプションパーツの事を考えると割安なのは風神TC-ZXC30Pと同じですね。ワンルームマンションにお住いの方には不要でしょうが、戸建てでお住まいの方にはこちらの方がお進めなのは風神と同じです。

  18. TC-EXC8Pはパワーブラシの通常版です。ペットがいない、オプションノズルは必要ないと言うのであればこちらで十分です。TC-EXC7Jはフローリング専用機です。ワンルームにお住まいで、ラグやカーペットをお使いでないならこちらで十分です。ライフスタイルに合わせてお選びになって下さい。

掃除機

紙パック掃除機

    TC-FXC8P
  1. 先にお話ししましたが、紙パックの通常サイズの雷神シリーズは2011年を最後にモデルチェンジしていません。ですから、三菱の紙パック掃除機の2013年モデルはBe-Kシリーズの3機種のみです。寂しい話ですね。

  2. ただ、そのせいかどうかは分かりませんが、Be-Kシリーズに関しては紙パックモデルの方が圧倒的に売れ筋になっています。まあ、これには実売価格が安いと言うのも大きいのでしょうが、お住まいの環境を問わす購入者の満足度が高いのも特徴です。評価の高い掃除機ですね。

  3. 三菱純正紙パック一覧

  4. 三菱純正紙パックをAmazonでチェック
  5. 型番TC-FXC8PTC-FXC7PTC-FXC5J
    集塵方式紙パック紙パック紙パック
    ヘッド種類自走式パワーブラシタービンブラシ
    吸込仕事率(W)500~100500~100500~100
    運転音(dB)64~5864~5865~58
    総重量/本体重量(kg)3.9/2.53.9/2.53.7/2.5
    その他の機能なしなしなし
    集塵容量(L)1.51.51.5
    消費電力量(Wh)1000~3001000~3001000~300
  6. こちらが紙パック式Be-Kシリーズのラインナップです。サイクロン式の型番が10、8、7なのに対して紙パック式は8、7、5と一つずれています。これはヘッドの差ですね。最上位のTC-FXC8Pでも毛がらみ除去ヘッドは採用されていません。「ペットがいる奴は素直に雷神かサイクロンを買え」と言う三菱様からの心温まるお達しと言う事ですね(笑)

  7. こう言う独善的で「売ってやるからありがたく買え」みたいな態度が旧財閥系メーカーが嫌われる理由の一つなんですが、いつまで経っても直らないですねぇ。何を買うか決めるのは消費者であって、その需要に全力で応えるのがメーカーの務めなんですが、いつまで経っても官営工場気分が抜けないのでしょうね。だからシェアを落とすのですよ。

  8. さて、文句ばかり言ってても始まらないので先へ進めますが、ご覧の通りこちらも超軽量モデルです。パナソニックの軽量モデルが5kg弱ありますから、それより1kgほど軽い計算になります。軽さと言う点では文句なしですね。

  9. 音と排気に関してはサイクロンモデルと同じです。例によって爆音ですし、排気に関しても「クリーンシステム」なんて言い方こそしてますが「排気がきれいだ」とは一言も書いていません。まあ、書けないのでしょうね(笑)

  10. 装備的にもサイクロンモデルと大した違いはないのですが、一番大きな違いは実売価格の差です。装備が同じサイクロン式のTC-EXC7Jが1.5万円するのに対して、紙パック式のTC-FXC5Jは1万円程度と1.5倍の差があります。爆音で排気もきれいとは言えないが、1万円で一流メーカーの掃除機が買えるならばと考える人が多いのでしょう。実際に紙パック式のBe-Kシリーズは良く売れています。

  11. TC-FXC8Pは毛がらみ除去機能こそありませんが自走式のヘッドで、2wayロングノズルが装備されていますのでサイクロン式のTC-EXC10Pと同じ構成です。TC-FXC7Pと比べると実売価格で4千円程度の差しかありませんから、同じ買うならこちらの方がお得ですね。

  12. TC-FXC7Pはノズルは不要で少しでもお安く買いたい方向きです。TC-FXC5Jはフローリング専用機で、物ぐさな単身者にうってつけですね。紙パック式ですから面倒なお手入れは一切不要で、しかも1万円程度でお買いになれます。Be-Kシリーズだけでなく、三菱の掃除機の中で一番売れているのがこのTC-FXC5Jです。一人暮らしの方にはお勧めです。

  13. 掃除機
    型番TC-BXA15PTC-BXA10P
    集塵方式紙パック紙パック
    ヘッド種類自走式パワーブラシ
    吸込仕事率(W)530~100530~100
    運転音(dB)59~5661~56
    総重量/本体重量(kg)6.5/4.86.4/4.8
    その他の機能毛がらみ除去、紙パック節約紙パック節約
    集塵容量(L)2.42.4
    消費電力量(Wh)1000~3001000~300
  14. 本来ならスルーする所なんですが、いくら古くとも現行モデルだけにそうも行きません。こちらは雷神シリーズのスペック表になります。まあ、オマケとでも思って下さい(笑)

  15. ご覧の様に、爆音が売りの三菱の掃除機の中で唯一60dBを切ってるのが雷神です。すでにライバルメーカーはもっと低騒音モデルを大量に発表してますので静かな掃除機とは言えないのですが、三菱の中では比較的マシな部類になります。

  16. また、排気に関しても一定の配慮はされています。ただ、2年間放置したおかげで排気がきれいな掃除機と呼べるレベルではありません。ライバルメーカーはずっと先に進んでいますからね。

  17. 紙パック節約機能と言うのは三菱独自の物です。この雷神シリーズは大型で集塵容量が多くて紙パックの交換回数が少ないのは良いのですが、大型の紙パックはゴミが偏りやすくて満タンになる前に目詰まりを起こしてしまいます。三菱はこの問題を解決するために紙パックを専用のボックスに入れ、このボックスの側面に空気が流れる道を作る事で、紙パックが満タンになるまで吸引力の低下を防ぐ様に工夫しています。

  18. また、大量のゴミを長期間掃除機の中に溜めて置く事から、一応悪臭対策も施されています。青色LEDを使った光触媒システムがそうなんですが、バッテリーを使っている訳ではないみたいですから照射時間はコンセントを差し込んでいる間だけと言う事になります。ですから正直言って気休め程度ですね。10分程度のLED照射で有機物を完全に分解出来たらノーベル賞モノですから(笑)

  19. そんな訳ですから悪臭に対しては紙パック自体の性能にかかっています。三菱もこの点には注意しているみたいで純正の紙パックは備長炭を配合した物を使っています。アマゾンの口コミを見る限り好評みたいですから、それなりに効果はあるのでしょう。この掃除機をお買いになるなら純正の紙パックをお使い下さい。

  20. 三菱電機 掃除機用炭脱臭紙パック (備長炭配合) MP-9をAmazonでチェック
  21. そんな具合に優秀な掃除機には違いないのですが、問題が2つあります。1つは本体の大きさです。パナソニックが1.6L、日立でさえ1.7L程度の容量なのに、この掃除機は2.4Lあります。容量=サイズではありませんが、他メーカーの掃除機より一回りは大きくなります。なるだけ店頭で確認して下さい。

  22. 2つ目は設計の古さですね。基本能力に関しては2年や3年で大きな変化はありませんが、設計思想や付加的な機能については流行や流れがあります。静音性や排気のきれいさに関しても2年前なら評価出来るレベルなんですが、現在では色あせてしまっていますね。新型モデルを出すとしたら大幅にテコ入れして来るでしょうから、それを見極めてから買っても遅くはないと思います。

  23. TC-BXA15Pは今までと同じく毛がらみ除去ヘッドと2wayロングノズルが付いた豪華版です。基本性能は同じですが若干静かですね。TC-BXA10Pとの価格差も5千円程度ですから、特に理由が無いならこちらをお買いになった方がお得ですね。

  24. 逆にTC-BXA10Pは少しでも安く入手したいと言う人向けです。基本能力は同じですから掃除をする事に関しては大差ありません。差額で何か別の物でも買って下さい(笑)

掃除機
掃除機その12。東芝の2013年モデル購入ガイドへ進む
掃除機トップへ戻る
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ