炊飯器その14。2012~13年モデル購入ガイド(2万円以上3万円未満のモデル)

炊飯器s

2012~13年モデルの炊飯器、2万円以上3万円未満のモデルの勧めをご紹介させて頂きます。

始めに

  1. この2万円台の価格帯では、IH炊飯器は追加機能が搭載されて序々に高級モデルへシフトして行きます。圧力IH炊飯器は主力販売帯となり実力機が出揃います。

  2. ガス炊飯器もタイマー、保温機能を搭載し使い勝手でも電気式に追いついて来ます。ですから、このクラスもまた圧力IH式を中心に激戦区になりますね。悩ましいですがしっかり選んで下さいね(笑)

炊飯器s

口コミの落とし穴

  1. 皆さんも口コミなどをよく参考にされていると思いますが、これにはちょっとした落とし穴があります。

  2. 一つ目は工作員と呼ばれる人間の存在です。残念な事に、現在日本にはクライアントから依頼を受けて特定の商品を絶賛したり罵倒する口コミを書き込むビジネスが存在し、こうした企業がすでに数社存在します。当然彼らは商品を買った訳でも正確な商品知識を持っている訳でもありません。単に仕事として絶賛したり罵倒している訳です。

  3. 過去の書き込みが1つだけの、単発の絶賛や罵倒の口コミは眉唾だと思った方が良いでしょう。

  4. 二つ目は心理学の範疇なんですがプラシーボ効果と呼ばれる反応です。「○○という機能が付いているから美味い」とか「○○製だから美味い」とか主に男性に多い症状です(笑) 客観的なデータもなく主観的な思い込みで価値を決めてしまう、肩書きに弱いタイプの人に見られる反応です。

  5. 三つ目はこれも心理学用語なんですが、感情バイアスと呼ばれるものです。よく口コミで「最初に炊いた時はあまり美味しくなかったですが、水加減を色々と調整したら美味しくなりました」という定型の書き込みがありますよね。実は、この人は炊飯器選びを失敗したのです。

  6. 冷静に考えれば、水加減で変化するのはご飯の硬さ等の食感であって味そのものではありません。

  7. ですが自分が選択ミスをしたと言う痛みに耐えきれず、美味しく無かったのは機械のせいではなく自分のせいにした訳ですね。こちらは女性に多い反応です。この人が実際に調整したのは水加減ではなく、炊き上がりの味の絶対評価です。

  8. 逆に、自分が選んだ物は絶対に正しいと信じる人達も同タイプです。男性に多いのですが、このタイプの人達は5つ星しか付けません(笑)

  9. 最後は当たり前の話なんですが、炊飯器を買い換えなければならないほど古い機械をお使いの方は、新しい炊飯器なら何を食べても美味しく感じるものです(笑) 古い炊飯器は経年劣化で能力が落ちていますから当然の話なんです。

  10. 但し、他方式から圧力IH式に買い換えた、もしくは逆の場合は、炊き上がりのご飯の硬さの好みで評価は変わってきますから注意が必要です。また、ガス式から電気式に買い換えた人の評価は非常に厳しいです。

  11. 他にも色々あるのですが、口コミの味に対する評価は非常に曖昧であまり参考になりません。ですから、口コミは使い勝手や騒音や耐久性などを注視される方が良いと思います。

  12. どうしても参考になさりたいなら、絶賛と罵倒は無視して中庸なコメントを抽出してご覧になると良いでしょう。

炊飯器s

IH炊飯器

※なお、価格はブログ作成時のものですので検討の際はご自身でご確認下さい。

5.5合炊き

    Panasonic IHジャー炊飯器 ホワイト 1.0L 5.5合炊き SR-HB103-WPanasonic IHジャー炊飯器 ホワイト 1.0L 5.5合炊き SR-HB103-W
    (2013/06/25)¥21631 ★★★★☆ 取説

    パナソニックの中級IHのお買い得モデル。一つ上のSR-HX103との違いはIHコイルの数が1本少ないだけで、差額は1万円あります。それ以外の実質的な機能は同じですから、買うならこちらの方がお得ですね。これでもう少し値段がこなれると嬉しいのですが、夏場からほとんど下がっていません。来年の夏になればお安くなりますが、それまで待つ訳にも行きませんしね(笑)

    楽天で最安値をチェック
    三菱 IHジャー炊飯器 5.5合炊き ロイヤルネイビー NJ-VV104-A三菱 IHジャー炊飯器 5.5合炊き ロイヤルネイビー NJ-VV104-A
    (2013/08/21)¥21602 ★★★★☆ 取説

    三菱の中級グレードの中クラス。つまり中の中ですね(笑) 一つ下のNJ-VE104との違いは内釜が5層と3層、そしてコーティングが若干高級になったくらいで大差ありません。価格的にも2千円程度の差ですね。ほぼ同じと見て良いでしょう。一つ上のNJ-VX104とも大差ないのですが、こちらは価格差が1万円あります。どう考えても高いので買うならこちらですね。「NJ-VE104は最下位で嫌だけど、NJ-VX104はアホらしい」と言う心理を突いたラインナップですね。実際に一番売れているのはこれですから(笑)

    楽天で最安値をチェック
    SHARP ヘルシオジャー炊飯器 31メニュー厚さ2mm鉄釜タイプ レッド系 KS-GX10A-RSHARP ヘルシオジャー炊飯器 31メニュー厚さ2mm鉄釜タイプ レッド系 KS-GX10A-R
    (2012/8/27)¥24462 ★★★★☆ 取説

    発売直後は7万円した高級炊飯器なんですが、不人気さが祟ってここまで安くなりました。去年はレビューなんて皆無だったのですが、お安くなった途端に大量のレビューが寄せられてます。皆さん現金ですね(笑) さて、元が高級炊飯器ですからコストパフォーマンスが最高なんですが、この炊飯器の良い所はそれだけです。つまり2万円程度で買えるなら良い炊飯器、3万超えたら単なる色物です。お求めになるなら、出来るだけ安く買って下さいね(笑)

    楽天で最安値をチェック
  1. IH炊飯器5.5合炊きは以上3機種をチョイスしました。夏に原稿を書いた時はこの価格帯のIH炊飯器は3合炊きを含めて10機種選んだのですが、この冬には大半が売り切れるか在庫僅少で大幅に値上がりして3機種しか残っていません。炊飯器を選り取りで選べるのは夏です。ご婦人方は夏は共学化した男子校、冬は共学化した女子高と思うと分かりやすいかも知れません(笑)

  2. それではスペックを比較してみましょう。

  3. メーカーパナソニック三菱シャープ
    型番SR-HB103NJ-VV104KS-GX10A
    炊飯方式IHIHIH
    IHコイル(ヒーター)数4段IH5段IH1段IH
    内釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年3年
    保温時間242424
    その他の機能なし超音波洗米、撹拌
    炊飯時消費電力(W)120012501400
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)136179.1138
    1時間当り保温時消費電力(Wh)13.916.120
  4. グレード的にはヘルシオが飛び抜けてますが、ヘルシオが高いのは回転翼と質感にコストがかかっているだけの話で炊飯器の基本能力では大差ありません。シャープはヘルシオ以外はマイコン炊飯器しか作ってませんから、炊飯器の開発能力ではパナソニックや三菱より劣ります。

  5. どんな家電でも一番技術力が要求されるのは量販価格帯の商品です。限られたコストの中で限界まで能力を上げるのが開発能力ですから、ここに商品を投入していないシャープの力はその程度と言う事ですね。ですから、ヘルシオに高級炊飯器の炊き上がりを期待するのはヤボと言う物です。逆に、今の価格と言うのは味に関しては適価とも言えますね。

  6. パナソニックのSR-HB103はスチーム機能を持たないIH方式の主力商品だけに、非常に手堅い作りになっています。元々、パナソニックはIHの開発メーカーですから開発本流は純粋なIH炊飯器です。そう言う意味ではパナソニック伝統の味を継承しているのがこのモデルです。中庸ながらシャっきりとした炊き上がりが持ち味の炊飯器ですね。

  7. 三菱のNJ-VV104はレビューにも書きましたが、三菱的には一番売れて欲しいモデルです。付加価値こそ少ないですが、三菱の中では値段と性能のバランスが良くてお勧めの炊飯器です。炊き上がりは三菱らしく硬めですが、上位モデルほどではありません。パナソニックより若干硬め程度だと思って下さい。

  8. シャープのKS-GX10Aは質感はずば抜けていますから、キッチンが一気にリッチな雰囲気になるでしょう。売りは回転翼を使った洗米機能なんですが、実は洗米はオマケ機能で主目的は炊飯時にお米を撹拌して炊きムラを無くす事ですね。

  9. この炊きムラを無くすので有名なのが三洋の可変圧力システムです。三洋の炊飯器は非常に評価が高かったですから、同じような効果を狙ったのだと思います。三洋は圧力を利用してお米を撹拌しましたが、シャープは物理的に撹拌した訳です。目の付け所はシャープらしかったのですが、洗米機能ばかり注目された事がこの炊飯器の不幸でした。

  10. 炊き上がりに関してはかなり柔らか目になります。三洋の炊き上がりも柔らかかったですから、圧力を使わずに三洋の様な炊き上がりを目指したのかも知れません。ただ、可変圧力式が売りのモチモチ感はこの炊飯器内はありません。ふっくら柔らかいですがそこまでです。ここが三洋とシャープの差ですね。

  11. 3台ともコストパフォーマンスが高くバランスも良いので良い炊飯器だと思います。炊き上がりは三菱>パナソニック>>シャープと言う感じでしょうか、シャープだけ柔らか目で他は若干硬めです。お好みで選ばれれば良いと思います。

  12. ★IH炊飯器5.5合炊きのお勧め
    硬めがお好みなら三菱NJ-VV104、やや硬めがお好きならパナソニックSR-HB103、柔らか目がお好きならシャープKS-GX10Aで決まり。

炊飯器s

圧力IH炊飯器

3合炊き

    ZOJIRUSHI 真空圧力IH炊飯ジャー 【3合炊き】 シャンパンゴールド NP-RD05-NLZOJIRUSHI 真空圧力IH炊飯ジャー 【3合炊き】 シャンパンゴールド NP-RD05-NL
    (2012/02/01)¥29800 ★★★★☆ 取説

    象印が以前大プッシュしていた真空断熱炊飯器の生き残り。今年の新型は部分的にか使われていません。あの仰々しい宣伝はいったい何だったのでしょうか?(笑) それはさておき、これが象印圧力IHの3合炊き最高級モデルになります。他メーカーは3合炊きを出してませんから、自動的に世界最高峰モデルになります。ただ、位置づけは最高峰ですが炊き上がりは平凡と言う声が多いです。何度も言ってますが、少量炊飯では圧力の効果は乏しいですね。

    楽天で最安値をチェック
  1. 3合炊きはこれだけですね。真空内釜の売りは「炊き上がりがふっくら」だったのですが、それが真実なら廃止になった現在の釜は炊き上がりがふっくらしなくなってる筈なんですが、カタログのどこにも書いていません。どうなったのでしょうね?(笑)

  2. そんな訳で、象印の炊飯器の中では最もふっくら炊き上がる筈なんですが、口コミの評価はそこまで高くありません。宣伝や工作員の書き込みに釣られた人達は肩すかしを食らった感じですね。

  3. 当たり前なんですが、家電製品は特定の機能を積み上げさえすればどんどん良くなると言う物ではありません。機能と言う物は向き不向きがありますし、効果が出る範囲と言うのもあります。そして、最終的に家電の良し悪しを決めるのはバランスです。適正な機能が過不足なくバランスしているのが良い家電です。ですから必ずしも高価である必要はありません。

  4. この炊飯器が悪い訳ではありませんが、必ずしもコストパフォーマンスは高いとは言えません。どれだけ機能を積み上げても3合炊きは3合炊きです。少量炊飯では積み上げた機能の効果は乏しくて、期待通りの結果は出にくいです。同じだけお金を払うなら5.5合炊きで炊いた方が確実に美味しく炊き上がるでしょう。

  5. 残念ながら、それが炊飯器と言う物です。

炊飯器s

5.5合炊き

    ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー 【5.5合炊き】 ステンレスブラウン NP-NY10-XJZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー 【5.5合炊き】 ステンレスブラウン NP-NY10-XJ
    (2013/08/11)¥24440 ★★★★☆ 取説

    象印の普及価格帯の主力モデル。一つ下のNP-HH10は最大圧力が1.15気圧しか無い「なんちゃって圧力炊飯器」ですから、象印の「まとも」な圧力IH炊飯器ではこれが最もお安いモデルです。ベーシックモデルですから上位のようなオカルト機能は搭載されていませんが、逆に最もコストパフォーマンスに優れているのがこれですね。今年のモデルは保温能力がアップしてますから、セール品でもない限り旧型を選ぶ理由はありません。こちらをお選び下さい。

    楽天で最安値をチェック
    TIGER 圧力IH炊飯ジャー(炊きたて) (5.5合炊き) ブラック JPB-B100KTIGER 圧力IH炊飯ジャー(炊きたて) (5.5合炊き) ブラック JPB-B100K
    (2013/08/21)¥22632 ★★★★☆ 取説

    タイガーの可変圧力のベーシックモデル。タイガーの可変圧力は三洋方式ですが、圧力が若干高いのが特徴です。そのために下手をすると柔らかくなりすぎるのですが、そこがメーカーのチューニングの腕の見せ所でもあります。ただ、タイガーは圧力式では後発メーカーだったために、この細かいセッティングやチューニングが上手くありません。去年までは柔らかすぎると言う声が多かったのですが、今年のモデルは比較的好評ですね。

    楽天で最安値をチェック
    TIGER 圧力IH炊飯ジャー 炊きたて (5.5合炊き) ブラック  JKP-G100-KTIGER 圧力IH炊飯ジャー 炊きたて (5.5合炊き) ブラック JKP-G100-K
    (2012/07/21)¥24706 ★★★★☆ 取説

    タイガーの旧型モデル。グレード的にはJPB-B100の一つ上になるので、それなりにお買い得には違いないですが飛び付きたくなるほどの魅力はありません。タイガーの可変圧力は水加減がシビアな上に、チューニングがイマイチなので評価が分かれています。JPB-B100より大幅にお安いなら別ですが、価格が同程度なら新型を選んだ方が成熟していると思いますね。

    楽天で最安値をチェック
    Panasonic おどり炊き 可変圧力IHジャー炊飯器 5.5合 ホワイト SR-PB103-WPanasonic おどり炊き 可変圧力IHジャー炊飯器 5.5合 ホワイト SR-PB103-W
    (2013/09/10)¥25000 ★★★★☆ 取説

    パナソニックの可変圧力式のベーシックモデル。価格コムでは売れてる事になっていますが、例によってレビューは殆どありません。まあ、いつもの事ですが(笑) 調べてみたところ古い炊飯器や安い炊飯器から買い替えた皆さんには好評みたいですね。ただ、一番の売りの「モチモチ」と言うキーワードは数えるほどしか出ていません。あまりモチモチしないんでしょうね(笑)

    楽天で最安値をチェック
    東芝 真空かまど炊き 真空圧力IH保温釜 5.5号炊き パールホワイト RC-10VSG(W)東芝 真空かまど炊き 真空圧力IH保温釜 5.5号炊き パールホワイト RC-10VSG(W)
    (2013/07/16)¥26800 ★★★★☆ 取説

    殿様商売の東芝も、さすがにこのクラスでは競合機と合わせた価格設定をしていますね(笑) そうした姿勢は悪くはありませんが、問題はこの炊飯器です。この炊飯器は「圧力」を名乗っていますが実際に加圧するのはたったの1.05気圧です。これはタワーマンションの屋上と地上程度の圧力差しかありません。0.7気圧までしか下がらないのに「真空」と言い張る東芝らしい詭弁ですね。

    楽天で最安値をチェック
    日立 5.5合 炊飯電子ジャー 圧力ではやい 大火力黒厚鉄釜 RZ-TG10K-R レッド RZ-TG10K R日立 5.5合 炊飯電子ジャー 圧力ではやい 大火力黒厚鉄釜 RZ-TG10K-R レッド RZ-TG10K R
    (2013/9/14)¥20879 ★★★★☆ 取説

    日立のベーシックモデル。価格的にはこの中で一番安いですが、基本的にこの商品は1万円台後半の物です。日立は商売下手で価格設定は相場の成り行きに任せてますから、日立の炊飯器を買うならば型落ちになってからの方が遥かにお買い得です。日立を買うなら狙い目は夏ですね。

    楽天で最安値をチェック
  1. 圧力IH炊飯器は以上6機種をチョイスしました。この価格帯は圧力IHの主力販売帯ですからこれ以外にもいくつかあります。ちょっと見てみましょう。

  2. NP-ND10AZ
  3. トップバターはアマゾンの炊飯器ランキングで3位の象印NP-ND10AZですね。これはアマゾン限定商品で2012年モデルなんですが、実は中身は2011年モデルの象印NP-NC10と同じ物です。NP-NC10はアマゾンで大ヒットした炊飯器なんですが、モデルチェンジによる製造中止を受けてアマゾン限定モデルと言う形で追加生産した物だと思われます。

  4. NP-NC10の一番の売りは「真空内釜」だったのですが、ご存じの様に2012年以降は廃止になりました。まあ、その程度の物だったのですね(笑) NP-NC10は真空内釜最後のモデルと言う事で全体の完成度も高く、しかも2万円前後と言うお買い得価格で大ヒットした次第です。

  5. NP-NC10はベーシックモデルですから最も評価されるのはコストパフォーマンスです。この炊飯器が高ければ誰も買いません。お買い得価格だから「良い炊飯器」なんです。NP-ND10AZはもちろん、NP-NC10も現在でも流通在庫が残っています。そしてこの稿を書いている時点ではNP-ND10AZよりNP-NC10の方が若干お安いです。

  6. もっとも、NP-ND10AZは2か月に1度くらいの割合でタイムセールで2万円程度で売られています。その時に入手されればそれなりにお買い得なんですが、ただ、強くお勧めするほどではありません。なぜなら、NP-ND10AZの後継新型モデルが上でご紹介したNP-NY10だからです。

  7. NP-NY10のレビューにも書きましたが、こちらは保温能力が向上しています。まあ、保温をお使いにならない方には関係ないかも知れませんが、細部以外に明らかに能力向上している新型があるのに、いくらヒット商品だからと言って2年前の旧型機をありがたがる理由はありません。

  8. 特価で大幅にお安いと言うならともかく、実売価格が同じなら新型をお選びになる事です。保安部品の保持期間の事もありますから、1年ならともかく2年以上古いモデルは余程の事が無い限り手を出さない方が賢明ですね。そんな訳で、この2台は除外しました。

  9. それ以外にもいくつか旧型モデルがありますが、取り上げる程の物はないですね。特に東芝や日立の物は2011年モデルまで流通在庫に残っていますが「目玉」とか「お買い得」と言うほどではありません。残念ながら、お買い得モデルは夏場に売りつくしてしまいました(笑)

  10. さて、長くなりましたが、そろそろスペック比較に入りましょう。

  11. メーカー象印東芝日立
    型番NP-NY10RC-10VSGRZ-TG10K
    炊飯方式圧力IH圧力IH圧力IH
    圧力1~1.3気圧0.7~1.05気圧1~1.3気圧
    内釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年5年
    保温時間304024
    その他の機能パン焼き真空蒸気セーブ
    炊飯時消費電力(W)124011001400
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)133165.6176
    1時間当り保温時消費電力(Wh)13.513.417.2
  12. 先ずは通常の圧力IHからです。ご覧の通り、結構ハッキリとした性格が出てますね。汎用の象印、保温の東芝、蒸気が少ない日立と言うところでしょうか。日立の内釜は変に凝ったコーティングを使ってないので保証期間が5年と長いですね。名より実を取るのが日立らしいのですが、もう少し名にも気を使って貰えると嬉しいですね(笑)

  13. 象印はズバリ万人受けする炊飯器だと思います。炊飯器シェア1位と言うのは伊達ではないと言う事ですね。価格と性能のバランスが良いですし、象印の圧力IHは幅広い炊き上がりの設定が出来ますから、ある程度まで買った人の好みに合わせられるのが強みです。失敗の少ない炊飯器と言えば象印とパナソニックですね。

  14. 東芝の場合は名ばかりの圧力IHですから、炊き上がりは圧力IHの中ではかなり硬めですね。圧力式と言うよりIH式に近いテイストになるでしょう。売りの保温機能は優秀です。この価格帯で40時間保温出来るのは東芝だけですから、なるべく安く長時間保温出来る炊飯器が入用ならば東芝は第一候補になります。

  15. ただ、炊き上がりが硬めで、粘りが乏しいサラッとしたご飯になりますからそちらが好みに合うかと言うのも大きな問題です。いくら長時間保温が出来たとしても、肝心のご飯が口に合わないのでは本末転倒ですからね(笑)

  16. 日立の炊き上がりはかなり柔らか目です。上位の蒸気カットモデルほどではありませんが水加減もシビアです。使い勝手では気の利かない点も多いのですが、部品の品質は高いです。良くも悪くも日立らしい炊飯器です(笑)

  17. お次は可変圧力式の比較です。

  18. メーカータイガータイガー(2012)パナソニック
    型番JPB-B100JKP-G100SR-PB103
    炊飯方式可変圧力IH可変圧力IH可変圧力IH
    圧力1.05~1.25気圧1.05~1.25気圧1~1.2気圧
    内釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年3年
    保温時間242424
    その他の機能なしなしなし
    炊飯時消費電力(W)120012101200
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)179181167
    1時間当り保温時消費電力(Wh)14.915.115.7
  19. 3台とも三洋方式の可変圧力IHモデルです。タイガーの方が若干気圧が高いですが、おそらく特許の関係でしょう。実用上の差はほとんどありません。

  20. さて、ご覧の通り横一線に並んでいます。JKP-G100は2012年モデルでJPB-B100より一つ上のグレードの商品ですが、違いはデザインや質感による部分が大きくて機能的には大差ありません。

  21. 三洋方式の可変圧力IHはモチモチ感が売りなんですが、この3台に関してはあまりモチモチ感は強くありません。原因は良く分かりませんが、タイガーもパナソニックも上位に行くほどモチモチ感が強く出るようなチューニングにしているみたいですから、営業的な理由かもしれません。

  22. ただ、このモチモチ感も良し悪しで、必ずしもモチモチしたご飯がお好みの方ばかりではありませんから、何でもモチモチすれば良いと言う物ではありません。同じご飯でもモチモチして美味しいと言う方もいれば、ベッタリして美味しくないと言う方もいます。

  23. 強い性格を持った炊飯器はハマれば最高なんですが、外れれば最悪になります。このクラスは量販価格帯のベーシックモデルですから敢えて強い個性を出さない様にチューニングしているのかも知れませんね。

  24. 炊き上がりは可変圧力IHモデルですから全体的に柔らか目です。ただ、上位モデルほどでは無いみたいなので極端に柔らかくはありません。中庸に近いです。ただ、JKP-G100だけは若干柔らか目に炊き上がります。

  25. 6台全てを比較してみると、東芝>象印≧タイガーJPB-B100≧パナソニック>タイガーJKP-G100≧日立と言う感じで硬めになります。ただ、全て圧力IH炊飯器ですから振幅の幅は狭いです。東芝と日立の差はそれなりにありますが、他はどんぐりの背比べ程度の差ですからあまり気にしない方が良いでしょう。

  26. ★圧力IH炊飯器5.5合炊きのお勧め
    どれも主力商品だけに極端な違いも優劣もないが、万人向けで不満の少ない象印NP-NY10が一番のお勧め。それ以外なら保温重視なら東芝、蒸気が嫌なら日立と言う具合に主目的に応じて選ぶのも良いでしょう。

炊飯器s

ガス炊飯器

  1. ★リンナイの取説を見ようとして「セッションがタイムアウト云々」と出てきたら、一度だけこちらのページ中央の取扱説明書のボタンを押して下さい。一度クッキーを食べさせないと見れない仕様みたいです。またクッキーを拒否している方は許可して下さい★

  2. リンナイ タイマー・電子ジャー付ガス炊飯器(都市ガス12A・13A用) 【こがまる】 0.5~3.5合 ブラック RR-035VKT2-13Aリンナイ タイマー・電子ジャー付ガス炊飯器(都市ガス12A・13A用) 【こがまる】 0.5~3.5合 ブラック RR-035VKT2-13A
    (2007/4/30)¥23357 ★★★★☆ 取説

    タイマーが付いて使い勝手は上がりましたが、コース設定などは出来ない純粋なタイマーなので注意して下さい。時間設定しか出来ません(笑)

    楽天で最安値をチェック
    リンナイ タイマー・電子ジャー付ガス炊飯器(都市ガス12A・13A用) 【こがまる】 1~5.5合 ブラック RR-055VKT2-13Aリンナイ タイマー・電子ジャー付ガス炊飯器(都市ガス12A・13A用) 【こがまる】 1~5.5合 ブラック RR-055VKT2-13A
    (2007/4/30)¥22270 ★★★★☆ 取説

    同じく5.5合モデル。炊き上がったご飯の味は別格ですが、細かい作りは電気炊飯器よりはるかに雑ですから多くは期待しないで下さい(笑)

    楽天で最安値をチェック
  3. ガス式ですが、パロマのタイマーモデルは3万円以上しますので選択肢はこれだけです。

  4. タイマーと保温機能が付いていますから、利便性は電気式に準ずるのですが、細かい設定等は出来ません。電気式に比べて、良く言うと牧歌的なデザインなんですが、競争の無い企業はこうなると言う見本ですね(笑)

  5. 選択肢が以上なのでお好きな物をお選び下さい。それと、タイマータイプは「ガス管」ではなく「ガスコード」を使用しますので、お買い上げの時に忘れずにお求め下さいね。

炊飯器s
炊飯器その8。2012~13年モデル購入ガイド(3万円以上4万円未満のモデル)へ進む
炊飯器トップへ戻る
関連記事

コメント

もっちりブームですね
炊飯中に噴水のように噴出したり、蓋が突然開いたりするので、
そろそろ買い換えようかなと思っています。
最近、もっちりブームですねぇ。
我が家はシャッキリ派なので、圧力無しのIHで2~3万円台で検討していますが、
なかなか決まりません。
こちらのサイトにありましたが、もっちりもシャッキリも個人差があるから、
加減がわかりませんよね。
全炊飯器で試食させてもらいたいものです(苦笑)
こりゃまた

車載掃除機のお次は炊飯器ですか。このままではノリ弁一直線ですね(笑)

美味しいご飯が食べたいと言う方が多いみたいなので今精米機について調べているのですが、調べれば調べるほど地獄を見る事になりますね。炊飯器選びだけでも頭の痛い話なのに、これにお米の銘柄や精米程度、さらに水の選択が来て最後に炊飯器選びです。順列組合せだけでも気が遠くなりますね(笑)


しゃっきり系がお好みなら圧力なしのIHで正解ですが、おっしゃる様に同じIHでもメーカーや機種によって炊き上がりに差があるのもまた事実です。ただ圧力式ほど大きな差はないですね。三菱の炭素釜だけ異質ですが。
結局、あまり差が付かないから内釜の厚さを競う様なバカな事をして来たのですよ(笑)

しかも、もっちりブームのおかげでIH炊飯器の数も減ってしまいましたね。

試食をするにも量販店の試食会は高級機が中心ですから、どうしても圧力IHメインになります。しかもパナソニックが圧力IHに宗旨替えしましたから、IH炊飯器で試食出来る機会があるのは今や三菱の炭素釜くらいになりましたね。

私もしゃっきり派なんで寂しい限りです。


全炊飯器を試食と言うのは私の夢ですね。
どこかの太っ腹な量販店が、家電ブログ管理人専用試食会とかやってくれませんかねぇ(笑)

いやいや
車内用掃除機は最悪コイン洗車でも何とかなるので良いのですが、
我が家の小物家電は10年近いせいか、そろそろ買い替えシーズンで、
炊飯器だけでなく、アイロン、オーブントースター、プリンターと
のり弁どころから白飯だけになりそうですよ(苦笑)
このランクの炊飯器でしゃっきりIHだと、やはりパナソが無難でしょうか。
どこでも、もっちり大絶賛の象印もシャッキリできるようなので、
気になるところではありますが、大絶賛すぎて天邪鬼な私はどうも購買意欲が
低下気味です。
5.5合で時々も1号も炊けて、保温もおいしくと思っていたのですが、
保温でいかに電気代がかかることか。驚愕ですな。

そういえば、我が家が炊飯器を買ったときは、パナソ(まだ松下だったかな)は
ご飯の試食は出さないって聞いたことがあったけど、
今はどうなんですかね。
おやおや

大変ですねぇ(笑)

その内に「健康のため」とか言って、ご飯に麦が混ざりそうですねぇ。
シャバにいるのにクサい飯を食わされるのは辛いですね(笑)


一口にしゃっきりと言っても人によって基準が違うので難しいのですが、基本的にIH炊飯器ならしゃっきり目に炊き上がります。IH式は圧力IH式よりメーカー毎の差が出にくいですから、あまり神経質になる必要はないですね。炊き上がりも水加減一つで調節出来ます。

パナソニックの家電作りの基本は沢山売れる事ですから、炊飯器に限らず万人向けなセッティングになっています。私も全て試食した訳では無いのでイメージでの話ですが、炊き上がりは

三菱>タイガー>パナソニックの順に固め、つまりしゃっきり感が強くなると思います。

象印の炊飯器が評価が高いのは工作員の暗躍以上に独自の圧力方式の特徴からですね(笑)
象印の圧力IH炊飯器は炊飯メニューによって1~1.3気圧まで7段階の圧力を使い分けて炊く事が出来ますから、圧力をほとんどかけない状態でも炊けるのですね。

ですから、ご家族の中で炊き上がりの好みが分かれる場合にもそれぞれの好みに炊き分けられますし、逆に双方の中間を取って妥協した炊き方も出来ます。それだけストライクゾーンが広いですからどんな人がお買いになられても不満だ出にくいのですね。それが全体的な高評価に繋がっています。

ただ、ご家族全員がしゃっきりしたご飯がお好みならば上の3社のIH式をお選びになる方が良いと思います。

もう一つ、IH式は高価な物をお選びになる必要はありませんよ。1~2万円台の物も高級炊飯器も基本的に味に関しては大した違いはありません。高級品は余計なギミックを付ける事で単価を釣り上げているだけですので普及価格帯の商品で十分ですよ。機能的な違いは高級品の方が炊飯メニューが増えるだけです(笑)


保温と言うのは高い電気代を支払ってご飯を不味くする行為ですから、美味しいご飯が食べたいならお止めになる事ですね。保温時は雑菌の繁殖を防ぐために70度以上で温め続けます。ご飯の風味もなくなる上にバカみたいに電気を食いますからこんな無駄で無益な行為はありません。翌日食べるのなら粗熱を取った上で冷蔵庫へ、数日置くなら冷凍庫で保存してレンジで温めて食べる方が経済的な上にずっと美味しく頂けますよ。


それと、以前と違って今のパナソニックは積極的に試食会を開いています。但し、高級モデルのみですが。
何せ、今のパナソニックの高級炊飯器の心臓部は旧三洋の物ですから隠す必要がないのでしょう(笑)
とても分かりやすいメーカーですね(笑)
参考になります
象印のあまりの評価の高さに心が揺れていましたが、
りぺ屋さんのコメントをいただいて正気に戻りました(笑)
ホントッこんなに保温で電気代がかかっているとは思いませんでした。
1膳用の冷凍コンテナを早速買っちゃいましたよ(笑)
三菱、タイガー、パナソから決めていきたいと思います。
ありがとうございます。
象印は

象印の炊飯器は私も美味しいと思いますよ。ただ、それはもっちり柔らか目のご飯がお好きな方に向いていると言うだけの話で、しゃっきり系のご飯がお好きな方には頼りなく感じると思います。

このあたりが炊飯器選びの難しい所なんですね。たまに高評価炊飯器の口コミで顔を真っ赤にして怒ってらっしゃる方がいますが、他人の好みと自分の好みとが一致するとは限らないなんて基本的な事を事前に思い描けなかった時点で自業自得です。

メシの好みと女性の好みなんて千差万別、こんなの当たり前の話ですからね(笑)


本丸を落とすには先ずは外堀からなんですが、一番最初に買ったのがタッパじゃあ道のりは長そうですね(笑)

めげずに頑張って下さい(笑)

パナソの銅釜とIHコイル数
家族が体調を崩し3連休の増税前家電購入を見送りになってしまいました。とほほ。
って、週末は明日しかないじゃないですか(苦笑)
炊飯器はパナソにしようかなとメーカーまで絞りました!
2段IHと4段IHについて味の違いはわからないとリペ屋の書き込みにありましたが、
銅釜とそうじゃない物も違いってわからないものですか?
SR-HC103かSR-HD103あたりでよいかなと思っているのですが、
パナソのカタログではおいしさの星が2つと2つ半で、パナソの中では
美味しくなさそうな感じがして悩んでいます。
もうひとつあげてSR-HB103にすると1万近く値段があがるみたいなんですけど、
ここまで上げるほどの違いってありますかね。
それはそれは

それはそれはお大事にして下さいね。
家電なんぞ今買うより夏まで待った方が絶対に安くなりますから、慌てなくて良いですよ(笑)


で、SR-HC103とSR-HD103は外装と銅釜かどうかの違いだけですね。
ハッキリ言いますが、食べ比べたって味の違いなんぞ絶対に分かりませんよ(笑)

ブログにも書きましたが内釜の素材が銅であるとアルミであろうと、フッ素樹脂加工している時点で大した違いはありません。内釜のコーティングに使うフッ素樹脂は極端に熱伝導が悪いですから、銅とアルミの熱伝導率のわずかな違いなど吹き飛んでしまいます。

単に銅にした方がぼったくれるだけですね(笑)
この2台は兄弟機ですから見た目以外に違いはありません。

それと、パナソニックのカタログにある星の数はトラップです(笑)

実はあれ、去年までパナソニックの可変圧力IHはIHよりも星の数が少なかったのですよ。で、去年に可変圧力IHのSR-SPX103がフラッグシップ機になった途端、可変圧力IHの星の数が一番多くなりました(笑)
星の数は朝鮮中央テレビ並みの信ぴょう性だと思って下さい(笑)


SR-HB103最大出力が少しだけ上がって消費電力が少しだけ下がってますから、上の2台よりも多少は美味しく炊けると思います。ただ、倍のお金を払うだけの価値があるかと言うと微妙ですね。SR-HC103なら2台買えますからね。私だったらSR-HC103を買って、余ったお金で別の物を買うでしょうね。

まあ、予算に関しては私では分かりませんから加藤さんご自身でご判断下さい。


で、SR-HB103はアマゾンで見ると¥24000ほどしますが、2年落ちのSR-HB102なら¥18900で売ってますね。炊飯器なんて1年ぐらいでは大した変化はありませんから、どうしても欲しいのなら安い2年落ちを狙うのも手ですよ。
ありがとうございました
情報ありがとうございます。
週末は家電屋もスーパーもホームセンターも激混みでした。
結局、増税後に値落ちすることを祈って家電は買わず、
代わりに(?)布団を買いました(笑)
それでは、炊飯器はSR-HC103狙いでいこうと思います。
あとは値段が下がることを祈って。。。
これはこれは

布団とはまた物凄い変化球をかまして来ましたね。完全に予想外でした(笑)


増税後の値落ちと言えば、ウチの近所のスーパーは昨日まで「増税前お値打ちセール」をやっていたのですが、今朝のチラシでは早速「食料品1~3割引きセール」をやっていました(笑)

怒りのあまりチラシを破り捨てた人も多かったでしょう(笑)


SR-HC103は夏前には今より確実に値を下げていますが、パナソニックは在庫整理の時には一気に値下げして短期間の間に売りさばいてしまいます。ですから半袖を着る頃になったらマメに値動きを見ておいて下さい。でないと買いそびれる事がありますよ。

さらに1年待つのは辛いですからね(笑)
御教授願います
一昨日、タイガーの2008年製IH炊飯器が壊れ、買い替えるならどこの製品が良いかとネットを見ていたら、こちらのサイトに辿り着きました。
リペ屋さんの豊富な知識と毒舌っぷりに感銘を受け、アドバイスをいただけないかとメール致しました。

以下に条件や使い方などを挙げるので、合いそうな機種を御教授いただけると幸いです。

・10ヶ月と3歳の子供がいる4人家族でよく炊く量は2〜3合なので5.5合用のつもり
・予算は3万円前後(できれば3万円以内)
・圧力IH炊飯器を試してみたい
・もちっとしたご飯が好き(なのでもち米を少し混ぜて炊く事も)
・タイマーは使うが、日中がほとんど
・手入れが煩雑でない物がいい
・余計な機能は必要ない(急速も滅多に使わないし保温もしない)
・今より同じ米でも美味しく(自分好みな味)になればいいなと思っており、メーカーや外観にこだわりはない

一応無難に(?)象印のNP-BB10が良さそうなのかなと思ったのですが、いかがなものでしょうか?


ここからは、雑談ですので、宜しければお付き合い下さい。

うちでは炊き上がりのアラームが鳴ったら即切にして、ご飯を混ぜて、その時食べる分以外はすぐラップして冷凍なので『40時間保温なんかいる?』と思ったのですが、意外と保温機能を必要とされている方はいらっしゃるのですね。
リペ屋さんのおっしゃるように、すぐに食べないなら冷凍して温め直す方が断然いいと思うのですが・・・

ただ、タイマー機能は使いたい時が半分くらいあるんですよね。
今は保温鍋で炊飯していて、ご飯には困ってないのですが、人間一度楽を覚えると手間に感じてしまいます。


長文にしょうもない雑談、失礼致しました。

ふむ

お話の内容でしたらおっしゃる通り象印NP-BB10あたりが一番無難ですね。あれだとある程度までは使う人の口に合わせてくれますから、味に関して失敗したと感じる事は稀だと思いますね。特にゆうさんは初の圧力IH炊飯器になりますから、変に癖が無い方が良いでしょう。凝った炊飯器をお買いになるのはその次でも遅くはありませんからね。

ただ、見た目はちょっと古臭いですけど(笑)


家電ブログをやり始めて一番驚いたのは皆さんのライフスタイルの多様性ですね。
私にとっての常識が他の人にとっては非常識になる事がこんなに多いとは思いませんでした。保温なんかもその一つですね。理屈としては理解していても、直面して思い知らされる事ばかりです。

日頃偉そうな事ばかり書いていますが、一番勉強させられてるのは私だったりしますからね。
そう言う意味では皆さんに感謝しているのですよ(笑)

No title
早速のお返事有難うございます。

外観は気にしないとは申し上げましたものの、確かにNP-BB10の見た目(特に色)が好みではないです(笑)。

もう一つ質問なのですが、象印のNP-BT10(BBの上位機種?)やNP-BC10(BBの型一つ新しい機種?)とNP-BB10を比較した時、価格差程の味の差はありそうですか?


自分にとっての常識が他の人にとっては非常識というお言葉、理解しているつもりでしたが改めてその通りだなと思いました。
家電以外(人生)のお勉強もさせてもらえて有難い限りです♪( ´▽`)
ふむ

NP-BB10と一つ上のNP-BT10とは外観と保温能力が若干向上しているくらいですね。ですから、基本的な炊飯能力は同じと考えて良いと思います。見かけはともかく、長時間保温をお使いにならないゆうさんの場合はNP-BT10を選ぶ理由は無いですね。見かけはともかく(笑)

2014年モデルに至っては型番が変わっただけだと思って下さい。中身はNP-BB10とほとんど変わらないでしょう。
ただ、NP-BC10はホワイトも選べるようになりました。あのえも言われぬ茶色のカラーリングが生理的に受け付けないと言うのならNP-BC10もアリですけど(笑)

そんな訳ですから、コストパフォーマンスを考えるとNP-BB10の方がお得になります。

ただ、色は茶色しか無いですけど(笑)

なるほど
リペ屋さんの説明は非常にわかりやすくて気持ちいいです。
有難うございます。と、お礼が遅くなりすみません。


最後に(ではないかもしれませんが)質問があります。
三洋の圧力IH炊飯器に近い味の機種はありますか?


以前、友人宅でIHと圧力IHで米を炊いた事がありまして、どちらも私が同じ米を研いでセットしたのですが、炊き上がりの見た目から違って、味も圧力IHの方が美味しかったので、次に炊飯器を購入する時は圧力IHにするぞ!と思った次第です。

そして、一昨日、その時の圧力IHの持ち主に会った際、どこのメーカーか伺ったところ、三洋(2007年度製の中の上とまでしかわかりません)でした。

そこの御実家も炊飯器の買い替えで、三洋はないので象印の極め羽釜にしたそうですが、三洋の圧力IHの方が美味しいとおっしゃっているらしく・・・

私が購入を考えている機種より高価な機種でもダメなら、もし質問の機種があったとしても予算アップしないと無理ですよね?
旧三洋と同じ味と言うと

三洋を吸収合併したパナソニックのおどり炊きシリーズが一応後継モデルになるのですが、旧三洋設計の炊飯器は2012年モデルのSR-PX102を最後に消滅してしまいました。2013年モデル以降は名前こそ同じ「おどり炊き」なんですが、パナソニック設計に変更になりましたから別物と考えた方が良いでしょうね。

SR-PX102はアマゾンでも夏前までは在庫が残っていましたが現在では在庫切れになってます。

ですから、旧三洋の圧力IHに近い味の炊飯器は現在はありません。パナソニックやタイガーの可変圧力IHは方式だけなら旧三洋と同じなんですが、両社とも圧力炊飯器に後れを取ったせいなのか同じ味にはなりませんね。たかが炊飯器と言えども蓄積された技術と言うのは簡単には移転出来ないと言う事です。

そんな事情ですから、どうしてもとおっしゃるならパナソニックのおどり炊きシリーズが一番近い物になるのですが、パナソニックは本格的に圧力IH炊飯器を作り始めて今年で2年目ですからまだ手を出さない方が無難だと思います。

次に買い替える頃には技術的にも成熟している筈ですから、その時に可変圧力IHをお選びになる方が良いと思いますね。

No title
パナソニックの炊飯器のページでもあったように、まだまだ三洋の味には近づいてないのですね。

とても参考になりました。
リペ屋さんのおっしゃるように、次の買い替えの時に試す予定にします。

毎日、ガスで炊くのは都合悪い日もあるので早く購入しようと思います。
象印の炊飯器でデザインを取るか、コスパを取るかで悩んで(笑)。


相談にのっていただき、本当に有難うございました。
また、他の家電も年数的にバッタバッタと倒れていく頃なので、買い替えの際、お世話になることがあるかもしれませんので、その時は宜しくお願い致します。
炊飯器
はじめましてです。
今、炊飯器を買おうと悩んでいたところ
このようなサイトを見つけて勉強になりました。
最終的に3機種で悩んでいます。

象印 NP-NY10 圧力IH 21,924円

パナソニック SR-HB103 IH 16,800円

三菱 NJ-VV104 IH 22,500円

※価格ドットコム調べ(8/6)
どれがお勧めですか???
えっとですね

その3台は価格帯こそ近いですが、全く違った性格の炊飯器ばかりですね。
たなかさんが私が書いた記事をきちんとお読みになって機種を絞り込んで行ったとしたら、最終的にその3台がリストアップされる事はないでしょう。

ちゃんとお読みになりましたか?

私の記事で説明不足ならいくらでも補足説明はしますが、読んでない方には説明のしようがないですよ。

炊飯器には良い炊飯器と悪い炊飯器があるのではなく、口に合う炊飯器と合わない炊飯器があるだけです。
口に合うか合わないかを決めるのはたなかさんご自身で私ではありません。

てな事を私はブログに書いてきたつもりですけどね(笑)


楽して答えだけを知りたいとおっしゃるのなら量販店の店員さんに聞いて下さい。
彼らは仕事でやっていますから笑顔で答えてくれるでしょう(笑)

お返事有難う御座います
こんばんわです、
コメントした後にも、かなり
読み返したつもりで
個人的には、もちっと感あるものが欲しいというところまでは
結論が出まして、価格的には二万円前後が良いなと思ったので
NP-NY10がいいのかな?と段々製品が見えてきたように思うのですが
コメントを含めて考えるとNP-BB10のようにランクが一つあがるのかも
しれませんが、毎日使うものなので、差が少しでもあるなら
予算は少しあげても構わないかななんて思っています。
今まで、価格ドットコムのコメントで判断していたことにも
気付き勉強になりました。上記、象印、2点で絞る判断は賢明でしたでしょうか?
追記
上記、2商品には
極め羽釜の違いしか無いように思います。
その違いってどこまでちがうのでしょうか。
大変遅くなりました

モチっと感がある方が良いとの事ですが、炊飯器選びで迷う方のほとんど全ては「自分がどんなご飯の炊き上がりが好みなのか分かっていない人」ですね。「ラーメンなら○○が一番、ソバなら××が一番」なんてグルメ自慢している人に「じゃあ、お米で一番美味しいのは?」と尋ねると大抵口ごもってしまいます(笑)

お米はラーメンやソバと違って毎日食べる物なのに、真剣に食べ比べをする人がほとんどいないからですね。

これが最高に美味いとか、少なくともこれ以上の物を、とかの基準になる物が無い訳ですから目指すものが曖昧で要領を得ません。だから取り敢えず「モチモチしたもの」とか言っちゃうのですが、本当にモチモチした物が好みなのか、はたまたそこらのグルメレポーターばりに「モチモチ」と言う語感がウマそうに思えるかなのか、肝心の言ってる当人が分かっていないと言うのも珍しくありません。

たなかさんは本当にモチっとしたご飯がお好きなのでしょうか?
天地神明に誓って間違いないと断言できますか?(笑)


まあ、そこから先は私の責任ではありませんからこのまま先へ進めましょう(笑)

本格的にモチモチした食感がお望みなら可変圧力IHの方が向いていますが、お話のニュアンスだともう少し幅を持たせた方が良さそうなので安全パイの象印をお選びになるのは賢明な判断かもしれません。

NP-NY10とNP-BB10とでは炊き上がりに関して大した違いはありません。NP-BB10の方が若干装備がゴージャスになってはいますが、実質的には「オレはワンランク上の炊飯器を買ったぞ」と言う自己満足度が上がるだけですね。両者を食べ比べて味の違いをはっきり知覚できる人はほとんどいないと思います(笑)

羽釜と言うのは、かまどに据え付けている鉄釜が中に落ちない様に羽根を付けた物なんですが、結果的にそれが炎をさえぎる事になり薪の火力を釜の底部に集中させる効果がある物です。が、そもそも電気炊飯器の場合は加熱箇所を任意にコントロール出来る上に、かまどの様な直火ではありませんからほとんど意味のない機能と言えますね。

「オレの炊飯器は極め羽釜だからウマい」と言うプラシーボ効果しかありません(笑)

ただ、今NP-BB10はかなりお安くなっていますから、2万円台で買えるのならかなりお得な買い物には違いありません。あれは長い間3万5千円くらいしていた商品になります。


まあ、最終的にどちらをお選びになっても定番の商品ですから期待を大きく裏切る事は無いと思います。
もし、炊き上がりがお口に合わないのでしたら絞り込み自体が間違っていた事になりますね。

その場合は炊飯器の責任ではないと言う事です(笑)

有難うございます
結論から言いますと
NP-BB10  買いました!!
あとは、実際、自分の好みに合うかというところですね。
初めての圧力IHなので、到着が楽しみです。
色々と有難う御座いました。
また、このサイトは見させて頂きますので
頑張ってください!
炊飯器購入相談
初めて連絡させていただきます。

炊飯器の調子が悪くなり買い替えを検討中にこのブログにたどり着きました。
「なるほど、そういうことかぁ」とうなりながら読みあさってしまいました。
原理がわかり、理由がわかり、自分の使ってる機種の使用実感に合点がいき、ほしい機種の選択に非常に役立ちます。(特に掃除機の説明はとても勉強になりました)

SANYOのECJ-XP2000を使っていたのですが不具合が出始め買い替えを検討しています。
この機種を使っての感想は、ごはん自体のおいしさは十分に感じられるのですが、食感が柔らかすぎると感じ、硬めに設定しかつ水を少なめにして炊いていますが、コメの粒の食感は感じにくい。記事を読むと圧力IHより普通のIHのほうが私の好みに合うのかな?と感じています。
旨み・甘み・モチモチなどのおいしさ表現は難しいですが、おいしいに越したことはない。
食感は、やわらか過ぎず、一粒一粒の食感がちゃんとあり、硬いという意味でなく噛んでる実感があること。

一回に炊く量は、朝2合、夕方に2合です。
3合炊きでも5合炊きでも構いませんが、容量による構造的優位性(?)があるのなら教えていただきたいです。

メーカーに対するこだわりはありません。

購入金額の制約はありません。
元々毎日食べるものなのでむしろ高価なものを…と思ってましたが記事を読んで苦笑することしきりです。

上記を参考に、圧力IH or 普通のIH、3合炊きor5合炊き、のおすすめや、おすすめの機種をできれば理由を含めてお教えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

ふむ

ECJ-XP2000と言うと鳥取三洋のおどり炊きシリーズですね。ううむ、これは難題ですね。

この鳥取三洋のおどり炊きシリーズの後継機は半年前まではPX102が定番だったのですが、すでに流通在庫も尽きてしまいました。ですから、おどり炊きシリーズの炊き上がりを継承している物は今の所ありません。

ただ、お話の内容からするとおどり炊きシリーズにこだわる必要もないみたいですから、hanaさんのお好みの線で考えてみましょう。


一応最初にお断りしておきますが「旨み・甘み・モチモチなどのおいしさ表現は難しいですが、おいしいに越したことはない。食感は、やわらか過ぎず、一粒一粒の食感がちゃんとあり、硬いという意味でなく噛んでる実感があること」これね、こんなの私に聞かれても分かりませんよ。と言うか、多分誰に聞いても答えられませんよ(笑)

同じご飯でも人によって硬いと言う人も柔らかすぎると言う人もいらっしゃいます。ご飯の硬さにJIS規格でもあるなら別ですが、人の数だけ感じ方が違いますから、これでは「何でもいいから、とにかく良いオトコを紹介しろ」と言うのと同じですよ。(笑)

しかも、私が思う良い男とhanaさんが思う良い男が一致している確率はとても低いでしょうね(笑)


さて、意地悪はこのくらいにして先に進めましょう(笑)

お話の感じだと、おっしゃる通りIH炊飯器の方が向いているかもしれません。ただ、今までお使いになっていた炊飯器がもっちり柔らか目のおどり炊きシリーズですから、いきなりIHにするとかなり硬めに感じるかもしれません。ある意味対極の位置にある物の組み合わせですから難しい所ですね。

IH炊飯器の場合は比較的硬めの三菱やタイガー、中庸なパナソニックからの選択になるでしょう。IHの場合は圧力IHほどメーカーや機種間の差はありませんから予算やデザインでお決めになっても問題ないと思います。それに、IHは価格と炊き上がりの差はあまり比例しません。差が出るのは保温能力や炊飯メニューの豊富さぐらいですね。


圧力IHの場合はかなり厄介な話になりますね。圧力IH自体が柔らか目の炊き上がりなのに加えて、おどり炊きほどモチモチ感、つまり腰の強さはありません。これはお使いのお米による差も大きいので一概には言えませんが、ヘタを打つとひたすら柔らかいだけのご飯に感じるかもしれません。

難しいですね。うーむ。

圧力IH炊飯器の場合は炊き上がりの調節が容易で守備範囲の広い象印、そして現在も「おどり炊き」シリーズを出しているパナソニックが候補に上がりますね。まあ、パナソニックのおどり炊きが鳥取三洋のおどり炊きと同じと言う保証はありませんが(笑)

もう一つは同じおどり炊きと同じ可変圧力を採用しているタイガーも候補に入ります。タイガー自体比較的硬めな炊き上がりが身上のメーカーですから、ひょっとするとタイガーの可変圧力が一番お口に合うかもしれません。

物凄く確率は低いですけど(笑)

象印だと定番のBB10を中心に予算に応じて、パナソニックの場合は定番と言える物がありませんからおどり炊きシリーズを中心に特売しているモデルを、タイガーの場合はさらに冒険になりますが特売モデルの中からお選びになると良いでしょう。

圧力IHの高級モデルに関しては確かに美味しいのですが、普及モデルとの価格差を考えると微妙な選択になりますね。コストパフォーマンスを考えると最低レベルですが、単純に美味しさだけなら一番美味しいと思いますよ。

値段の事を一切考えなければですが(笑)

ただ、高級炊飯器に変えてみたいとお思いでしたら寿命が尽きた炊飯器から買い替えるの今がベストだと思います。

今なら何を食っても美味しく感じるでしょうからね(笑)


と言う具合にとても難しい話ですね(笑) 美味い物とか美しい物とか良い男とかの評価は個人差が激しいですから画一的な答えはありません。特に今回の様に炊飯器の方式を変更しようとする場合はかなりの冒険になりますね。最終的にはhanaさんがお持ちの「巡り合わせの運」次第ですね。

基準が曖昧な物で良縁を掴むかどうかは運次第です。運が良ければお口に合う炊飯器を引けますし、運が悪ければ天を呪うしかありません(笑)


炊飯量に関しては学術的な考証がある訳ではありませんが、昔から「煮物炊き物は量を炊く方が美味い」と言われていますし、実際に私が色々と試した範囲ではやはり沢山炊く方が美味しく炊き上がります。3合炊きなら2合、5.5合炊きなら4合程度炊くのが一番美味しいのですが、3合炊きより5.5合炊きで炊いたご飯の方がより美味しいですね。

値段も大して変わりませんから、出来るなら5.5合炊きをお選びになる方が満足度は高いと思います。
こちらは安心してお勧め出来ますね(笑)


本当なら「お勧めの炊飯器はこれだ!」とか言っちゃった方が楽なんですが、あいにくと私は思った事を口にするのは得意ですが、思いもしない事を口にするのは苦手にしています。好みと言うのは人の数だけ違っていますから、それを加味して序列を作るのは神の領分になります。

人の身に生まれた物としてはこの程度が精一杯ですね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ