炊飯器その5。パナソニックの2013年モデル購入ガイド

炊飯器s

パナソニック炊飯器の2013年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 象印に続いては恐らく業界一商品数が多いパナソニックの炊飯器を見て行きます。

  2. パナソニックと言うと去年までのスチームIH式、IH式、可変圧力IH式、マイコン式に今年は吸収合併したサンヨーの可変圧力IH式とパナソニック主流のスチームIH式を合体させたスチーム&可変圧力IH式なんて物まで発売しました。

  3. 果たして二つのメーカーの技術の素晴らしい融合なのか、はたまた単なるゲテモノなのか、謎と興味は深まるばかりですが頑張って読み取って行きましょう。

炊飯器s

2013年製パナソニック炊飯器

2013年モデルの特徴

始めに

  1. パナソニック炊飯器トップ 2013年冬カタログ 価格コム売れ筋ランキング
  2. SR-SPX103
  3. 今年のモデルチェンジの目玉は、何と言ってもスチーム&可変圧力IH式のSR-SPX103シリーズの登場になります。去年までは「自社開発のスチームIH式炊飯器が一番美味い」と世間の風評とは異なる主張をしていましたが、今年はめでたくスチーム&可変圧力IH式が一番美味い事に落ち着きました。きっと宣伝部の人達は胸を撫で下ろしている事でしょう(笑)

  4. 何でこんな事になるかと言うと、パナソニックはIH式の開発メーカーのプライドからかずっと圧力式をバカにし続けて来ました。ところが評価の高い可変圧力式の開発元である三洋を吸収合併した事で、パナソニック主流のIH式のラインと旧三洋の可変圧力式の2つのラインが混在してしまった訳です。

  5. その際、吸収した側のパナソニックの炊飯器は、吸収された側の三洋の炊飯器より上でなくてはならないと言うマヌケな自負から変な序列をつけたのですが、世間一般では三洋の炊飯器の方が圧倒的に評価が高かったために恥の上塗りをする事になった訳ですね。

  6. 消費者の側を見ず、社内政治にうつつを抜かした硬直しきった官僚主義のなせる業だったのですが、この度何とか摺り合わせが出来たみたいです。ただ、HPを見ても機能説明の部分では「可変圧力&スチームIH」表記になっていますが、タイトル部分では「スチーム&可変圧力IH」表記で記載順が逆になっています(笑)

  7. まあ、どう考えても可変圧力IH炊飯器に大して役に立たないスチーム機能を付けただけですから「可変圧力&スチームIH炊飯器」と言うのが正しいのですが、ホント、懲りない人達ですねぇ(笑)

炊飯器s

高速交互対流(偽おどり炊き)

    高速交互対流IH
  1. パナソニックは三洋の商標だった「おどり炊き」を自社開発のスチームIH炊飯器にまで付けています。格下で不味い筈の三洋の商標を、格上で美味しい筈の自社開発モデルにまで付けてる所に彼らの屈折した心情が垣間見えますね。普通は不味い炊飯器の愛称を美味い炊飯器に付けないでしょうに(笑) 

  2. さて、この「偽おどり炊き」こと高速交互対流IHと言うのは、本体底部のIHコイルと本体側底部のIHコイルを交互に発熱させる事でお米を「踊らせる事が出来る」とパナソニックが主張している機能です。上がその説明図になります。

  3. もしかして「なるほどな」とか思いませんでしたか? 実はこの図は完全な印象操作のためのハッタリなんですよ(笑)

  4. 確かに、炊飯器に米を一つまみだけ入れるなら図の様になるかも知れません。ですが、実際は水面下1cm位まで米はびっしり入っています。パスタでもそうですが、麺が踊るには十分な水と強い火力が必要です。火力だけ操作しても肝心の水の量が少ないですから、こんな小手先の機能だけで米が踊りだすわけ無いですよね(笑)

  5. もしこれで米が踊るのだったら、フラッグシップモデルに三洋の可変圧力式を採用する必要がありません。何せ可変圧力もお米を躍らせるための機能ですから。

  6. 早い話が、これじゃあ踊らないのでしょうね(笑)

炊飯器s

可変圧力(おどり炊き)

    パナソニックおどり炊き
  1. こちらは旧三洋方式の本当にお米が踊る「おどり炊き」のメカニズム、可変圧力方式です。旧三洋の可変圧力式についてはプレミア炊飯器の機能説明の回で詳しくお話ししました。水を吸った重いお米を撹拌するために、熱エネルギーを圧力エネルギーとして蓄えて一気に放出する事でお米をおどらせます。こちらは本物の「おどり炊き」ですね(笑)

  2. 長所はお米を撹拌する事で炊きムラが減り美味しく炊き上がる事です。

  3. 短所は圧力弁が2つに増える上に、一気に減圧しますからポンポンと大きな音が出ます。かなりうるさい炊飯器ですから覚悟して下さい(笑)

  4. にもかかわらず高い支持を受けているのは炊き上がりの美味さが格別だからですね。大きな長所と大きな短所を併せ持つ方式ですから、よく考えた上で選んで下さいね。

炊飯器s

200℃スチーム

    200℃スチーム
  1. スチーム機能に関しては各社色々と工夫して独自の物を出していますが、大別するとアクティブとパッシブの2種類になります。パッシブ方式とはプレミア炊飯器の機能説明の回で例に上げた、炊飯時に出る蒸気を蓄えておいて再利用する方法ですね。内蓋を二重にしてそこに蒸気を水として蓄えて保温時に生かします。

  2. パナソニックの場合はアクティブ方式です。アクティブ方式とは予め水タンクに水を入れておいて、この水を炊飯時や保温時に加熱してスチームとして利用する方法です。

  3. パナソニックの方式はIH炊飯器と大いに関係があります。IH炊飯器は火力が強いのが長所なんですが、それだけに吹きこぼれを起こしやすく、炊飯時の蒸気を外に逃がしてやる必要があります。そのため全体的にお米の水分量が少なく硬めの炊き上がりになります。

  4. パナソニックはIH方式の固執していましたが、消費者の好みはシャリ感よりモチモチした柔らか目の物を好む様に変化して来た事からその対応策としてスチーム式、早い話が炊き上がったご飯に湯をぶっかける方式を選んだのだと思います。

  5. またIH式に限らず、長時間保温をすると水分が抜けてご飯が硬くなる事から、その対策としてもスチーム機能は保温に関しては有効な方式だと言えます。

  6. 上の広告文では「スチームでご飯を一粒一粒コーティング」なんて与太を言ってますが物理的に不可能です(笑) スチームは内釜の上部のご飯にはかかっても釜底のご飯にまでは届きません。どうもパナソニックの宣伝部の人達は高速交互対流と言い、すぐバレる様な嘘を付きたがるみたいですね。

  7. ただ、ご飯を旨味でコーティングするのは大事な事です。コーティングされたご飯は粒立ちが良く、パナソニックが言うように冷めても美味しいです。

  8. ご飯を旨味でコーティングするには炊き上がったらすぐに混ぜる事、これだけです。ご飯を混ぜる事は炊きムラや旨味の片寄りを無くすだけでなく、適度に空気に触れさせる事で旨味でコーティングする作用もあります。昔から「炊き上がったご飯はすぐに混ぜろ」なんて言いますが、昔の人は美味しいご飯の炊き方を経験則で知っていたと言う事ですね。

炊飯器s

多段IH

    6段IH
  1. これについてもIH炊飯器の欠点の章で触れましたが、パナソニック宣伝部による印象操作のハッタリですね。ホント、ハッタリが好きなメーカーですね(笑)

  2. IH式による加熱は圧力非圧力を問わず、方式上必ず加熱部位に熱ムラが出ます。多段IHはそれをリカバーするために採用されています。

  3. もう一つはパナソニック等が採用している多層釜は癖の無い中庸な釜なんですが蓄熱性はあまり高くありません。ですから加熱を止めるとすぐに温度が下がってしまいます。そのため蒸らし工程で余分な水分を飛ばす際に十分に余熱を利用する事が出来ません。

  4. 上の図の1~4段のIHコイルは完全に沸騰した後の温度維持と、この蒸らし工程の時だけ使われます。温度維持に関しては多段にする意味はありませんから、多段IHが真価を発揮するのは蒸らし工程の時だけになります。全面から微熱を加える事で加熱しすぎず、そしてムラなく余分な水分を飛ばせると言う事です。また、蓋のIHコイルは結露を防ぐのが主目的になります。

  5. 多段IHに関しては全てのメーカーが中級モデル以上で採用しています。まあ、パナソニックほど極端な数を揃えている所はありませんが、それは内釜の特性との兼ね合いもありますし宣伝との兼ね合いもあるでしょう(笑)

  6. 無いより有った方が良いには違いありませんが、多ければ良いと言う物ではありません(笑)

炊飯器s

ダイヤモンド竈釜

    ダイヤモンド竈釜
  1. パナソニックで年々扱いが小さくなって来ているのが、このダイヤモンドコーティングの多層釜です。まあ、ライバルは南部鉄だの土鍋だの炭素だのの内釜を出してますから、ハッタリが効かないので肩身が狭いのでしょうね(笑)

  2. 別にこの内窯が悪い訳ではありません。癖の無い平均的な多層釜ですから下手な単一素材の内釜よりも信用出来ます。ダイヤモンドコーティングと言うのは三菱の炭素釜のパクリで、炭素釜を作れないので同じ組成が炭素の工業用ダイヤをふりかけてお茶を濁しているだけですね。

  3. 初期の頃は3か月程度でコーティングが剥がれる事故を起こしていましたが、最近の物は安定しています。おそらく工業用ダイヤの量を減らしたのでしょう(笑)

  4. パナソニックは発熱性ガー、蓄熱性ガーなんて言ってますが世迷言なので無視して下さい。どちらを上げるにも炭素の絶対量が不足しています。逆にフッ素コーティング自体が絶望的に熱伝導性を下げるのですが、そんな事には全く触れていません。

  5. マイナス100にプラス1では収支としては大赤字なんですが、マイナス分は計算しないのが炊飯器の世界です。

  6. メーカーの言う事をまともに取り合っていたら体が持ちません。てきとーに聞き流して下さいね(笑)

炊飯器s

銘柄炊き分けコンシェルジュ

    銘柄炊き分けコンシェルジュ
  1. まあ、枯れ木も山の賑わいなんて言いますが、よく分からない機能の代表がこのスマホから炊飯プログラムを設定する「銘柄炊き分けコンシェルジュ」ですね。

  2. だって、最初から本体に搭載すれば余計なインターフェース部品を使わずに済むと思うのですけど。

  3. さらに各銘柄米に合う火加減調整と言ってますが、それほど違いがあるのでしょうか? タイ米とか言うのなら別ですが、同じジャポニカ種で、しかも今の銘柄米は縁戚関係にある物ばかりですから火力調整に大きな変化は必要ないと思うのですが。

  4. 正直言って取り上げる程の物ではないのですが、一応パナソニックがプッシュしてますから書いておきます。

炊飯器s

2013年モデルのスペック一覧

5.5合炊き

    SR-SX103
  1. それでは2013年モデルのスペックを見て行きましょう。今年の目玉はフラッグシップモデルのSR-SPX103シリーズの登場なんですが、それ以外にも大きな変更点があります。それが旧三洋の流れを汲む可変圧力IHモデルの終焉です。

  2. 去年までは可変圧力式は鬼子の様な扱いで、一部内釜をパナソニック式にする改悪は受けていましたが基本的に旧三洋の筐体デザインと設計を受け継いでいました。ところが今年のモデルでは筐体デザインと本体設計を一新し、完全にパナソニック式の可変圧力IH炊飯器になりました。

  3. これで旧三洋の流れを汲む可変圧力IH式は流通在庫のSR-PX102のみと言う事になりました。型番的に後継モデルのSR-PX103は発売後4か月経った今でもマトモな口コミ情報が無いところに人気のほどが知れますが、下澤理如氏が手がけた炊飯器が欲しいとおっしゃる方は、無くならない内にSR-PX102をお買いになって下さい。これが最後のモデルです。

  4. 型番SR-SPX103SR-SX103SR-SH103
    炊飯方式可変圧力IHスチームIHスチームIH
    圧力1~1.2気圧なしなし
    内釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年3年
    保温時間242424
    その他の機能200℃スチーム200℃スチーム130℃スチーム
    炊飯時消費電力(W)121012101210
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)151141138
    1時間当り保温時消費電力(Wh)14.414.414.5
  5. こちらは上位モデルのラインナップです。フラッグシップ機のSR-SPX103だけ可変圧力式ですが、それ以外は去年までパナソニックで一番美味いとされていたスチームIH式です(笑)

  6. ちょっと意外だったのは最長保温時間ですね。スチーム搭載モデルでも24時間になっています。これは最下位のマイコン式と同じですね。パナソニックの事だからてっきり吹っ掛けてくるかと思いましたが、ここは自重したみたいですね。

  7. 象印なんかは最長40時間と言い張ってますが、保温なんぞ短いに越した事はありません。40時間保温するくらいなら炊き直した方が美味しいですし電気代も4分の1で済みます。罰ゲームじゃないのだから、わざわざ無駄金払って不味い飯を食べる必要はありません。

  8. それ以外は平均的な数値ですね。旧三洋の可変圧力式は機械制御ですので余計な電気代がかかりませんから、SR-SPX103の電力消費が飛びぬけて大きくなったりはしません。この辺りは有難いですね。

  9. それとパナソニックは全機種8合から1升炊きモデルが用意されています。これはフラッグシップ機のSR-SPX103も同様です。SR-SPX183が1升炊きモデルになります。他メーカーは高級モデルは5.5合炊きばかりですから、この辺りは商売の上手い所ですね。これもある意味多層釜の長所でしょう。炭素釜では簡単に作れませんから。

  10. 型番SR-PX103SR-PA103SR-PB103
    炊飯方式可変圧力IH可変圧力IH可変圧力IH
    圧力1~1.2気圧1~1.2気圧1~1.2気圧
    内釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年3年
    保温時間242424
    その他の機能うま味循環うま味循環なし
    炊飯時消費電力(W)120012001200
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)162163167
    1時間当り保温時消費電力(Wh)15.51615.7
  11. こちらが可変圧力IH式のラインナップです。去年までは蚊帳の外だったのですが、パナソニック設計になって2番目に美味いとされるグループに入れて貰えるようになりました。たぶん、去年の方が美味いのでしょうけど(笑)

  12. 基本的に3台とも同じ物なんですが、右に行くほど機能劣化しています。IHコイルの数や炊飯メニューが減ったり、うま味機能が外されています。足すのではなく、減らして行くと言うのが実にパナソニックらしいですね。

  13. 冒頭に書きましたが、この3台については殆ど有効な口コミが出ていません。事情を知っている者としては去年の三洋系モデルとの味の違いを知りたいところなんですが、さすがに人柱になりたがる人はいないみたいですね(笑)

  14. パナソニックとしてはこの可変圧力IHの出来がターニングポイントになります。出来が良くて可変圧力IHをメインに据えてラインナップを拡大して行くか、はたまた出来が悪くて従来のスチームIHで押し通すかの正念場です。どこまで自覚があるのか分かりませんが、この3台の出来が将来の試金石になります。

  15. 出来れば良い方に転がって欲しいですね。

  16. 型番SR-HX103SR-HB103SR-HC103SR-HD103
    炊飯方式IHIHIHIH
    IHコイル数5段IH4段IH2段IH2段IH
    内釜多層釜多層釜多層釜多層釜
    内釜保障3年3年3年3年
    保温時間24242424
    その他の機能なしなしケーキ焼きケーキ焼き
    炊飯時消費電力(W)1200120011001100
    1回当り炊飯時消費電力量(Wh)136136140140
    1時間当り保温時消費電力(Wh)14.513.914.414.4
  17. こちらはIH式のラインナップです。炊飯時消費電力が同じ物がペアになっていて、IHコイルの数と本体がステンレス製か否かが違いになってます。特にこだわらないなら右側の安い方のモデルの方がお買い得になってますね。2台を比較して味の違いはまず分からないでしょう(笑)

  18. パナソニックの中では第三グループになっていますが、IH炊飯器としては普及グレードから中級グレードの商品になりますから、実際に一番売れるのはこのグループの商品です。それだけに新型は大きな変更点はありません。また、全体的に非常に手堅い作りになっていますから安心してお買いになって下さい。

  19. 驚きも無いですが悲劇もありません。上の2つグループとは大違いです(笑)

  20. 実際にお選びになる際は「予算」が一番物を言う価格帯ですからシビアに選んで下さい。両者に価格差はありますが、その大半は外装等の味とは直接関係ない部分です。見た目も重要な要素には違いませんが、それがコストに見合った物かどうかじっくり検討して選んで下さいね。

炊飯器s

3合炊き、1升炊き

    SR-ML051
  1. マイコン式や3合炊きモデルは新型が出ていません。マイコン式は発展余地が無いのとコストの問題から、現行モデルは2011年にモデルチェンジしたものが最新型です。マイコン式に関してはメーカー毎の差はほとんどありません。デザイン、価格、フィーリングで選んで下さい。買い物の良し悪しを左右するのは、ハズレを引かないくじ運だけです(笑)

  2. 1升炊きはモデルチェンジしましたが機能的には上のスペック表と全く同じで、違うのは消費電力だけです。型番の「0」を「8」に替えると1升炊きモデルのスペックになります。脳内変換して対処して下さい(笑)

炊飯器s
炊飯器その6。タイガーの2013年モデル購入ガイドへ進む
炊飯器トップへ戻る
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
よくぞ!
よくぞ、言ってくださいました。ありがとうございます。真実は一つ。スカッとしました。
おお、そうですか

皆さん人柱になるのを恐れて、新型のおどり炊きシリーズのレビューって殆どないですからねー。
まあ、これもパナソニックの炊飯器に絶大な信用があるからですね。凄く悪い意味で(笑)

とにかく「無茶しやがってAA略」みたいな話にならなくて良かったですね。
新しく買った炊飯器が以前のより不味いなんて、やっとの思いで離婚して再婚したら前の嫁の方がマシだったなんて話と変わりませんからね。そりゃあもう、この世の地獄ですよ(笑)


おどり炊きシリーズが高温保温をしないのはする必要がないからですね。高温保温をする目的は雑菌の繁殖を防ぐ事で、それは長時間保温をするためです。おどり炊きシリーズは内部にたまった蒸気を一気に逃がす事で、お米を踊らせて美味しく炊く事に圧力を利用しています。その為に他の圧力方式より内釜内部の水分量が少ないですから、長時間保温するとお米の水分が飛んでしまします。ですから長時間保温は出来ませんし、出来ないので高温保温する必要が無いと言う事ですね。

圧力と言うエネルギーを全て美味しさに利用したのが三洋方式のおどり炊きです。
他の方式はその一部を長時間保温に利用しているのが両者の違いですね。


四季炊きはサンヨー時代からの置き土産なんですが、これはそもそも設定自体に無理があり過ぎましたからねー。日本は縦にも上にも長い国です。稚内と沖縄、立山連峰の山小屋と木曽川河口のゼロメートル地帯、何れにも等しく四季は訪れますが、これを同じ「冬の設定」でくくるのは無理があり過ぎるのですよ(笑)

東京と大阪だって夏の暑さと冬の寒さは違いますからね。結局、開発のコストと効果のほどを比べててみると、ハッキリ言ってあまり意味の無い物だと言う事が分かったのでしょうね。その内に無かった事になると思いますよ(笑)


まあ、何はともあれ生贄にならずに済んで良かったですよ。
私だって夜空に向かって敬礼するのはイヤですからね(笑)

パナSR-PA184 チャレンジします。
家電選びのポイント、とても役に立ちました。有難うございます。
悩みに悩みまして、現在のおどり炊きSR-PA184-Tを買ってみます。
ちょっとした人柱でしょうか。(笑)

1升炊きを欲しくて、象印と比較しながらタイガーのJPB-H180-wを買ったのですが、やわらかくて。。。。トホホ

家族が集まると実家に1升炊きを持って出かけてたので、タイガーの炊飯器はやわらかめの好きな母に譲り、新たに買うため1ヶ月口コミをチェックしました。

象印も気になったのですが、シャキッと固めのご飯が好きなので、パナソニックバージョンになったおどり炊きチャレンジしてみます。

1升炊きになる前の炊飯器はパナのSR-PA101E8で、カムバック鳥取三洋と思いながら買いました。シャキッと光沢のある白米が炊けておいしかったです。
でも今回は1升炊きになるし、パナソニック化が進んでるので心配ですが
。。。
本当は『鳥取三洋のおどり炊き』が欲しかったぁ~
また、結果を聞いてくださいね。
勇者現る(笑)

とまでは行きませんが、特に一升炊きは何をお選びになっても博打になります。これは口コミが少ない上に、型番違いの5.5合炊きの炊き上がりと同じとは限らないからですね。

タイガーもIHはしゃっきりした硬めの炊き上げりが信条なんですが、圧力IHは人によって評価が大きく異なるビックリ箱みたいな炊飯器です。宝箱だと思って開けたらミミックだったと言う事ですね(笑)


鳥取三洋のおどり炊きシリーズも潰えてしまいましたが、これに一番近い物は何かと言われればパナソニックのおどり炊きシリーズしかありません。まあ、ニアピン賞も相対値ですから、1cmでもニアピン賞ですし10mでもニアピン賞ですけど(笑)


勇者からクラスチェンジしなくて済む事をお祈りしています(笑)

すばらしい分析です!
サンヨーのECJ-FK18を7年位は使っていましたが、
家族が2人だけになったため5.5合を探して
象印の、わが家炊きを調整できるだろうと思い買いました。
ところが頑張っても思いどうりにはなりません。イライラしてきました。
3ヶ月ほどしか使っていませんが、ここはパナで解決?
なんて思い、SRーPシリーズを思ってみたり、又これの新製品が
発売されるのでそれか?と思ってみたり。。。
はたまたWおどり炊き?などと決まりません。
象印の熟成炊きはわりと美味しいのですが
サンヨーのもちもちには劣る気がします。
色んな機能(パン焼き)などはどうでもいいです。
やわらか目のもちもちが欲しいのです。
どうかお知恵をお借りできないでしょうか?
宜しくお願いいたします。
とつぜんでお許し下さいませ。!!
そうですねぇ

お気持ちは良く分かるんですが、世の中には知恵で何とかなる事とならない事がありますからね。失った愛とか、消滅してしまったメーカーの炊飯器の味とかは知恵を絞ったからと言って何とかなる物ではないですよ(笑)

ステラさんのアプローチの仕方は極めて正しいと思いますが、結果に対する要求が過大過ぎるのですよ。柔らか目でモチモチの三洋のおどり炊きの味は三洋にしか出せません。ですから、コアな三洋ファンの方の中には合併の話が出た時に予備の炊飯器を何台も買われた方もいらっしゃいます。こう言う方は何かが失われると言う事がどう言う事だか良く分かってらっしゃるのだと思います。

愛とか廃盤の炊飯器とかは失ってから慌てても手遅れなんですよ。失いたくなければ無くなる前に手を打つしか無いのですよ。いや、マジな話(笑)

そんな訳で、どうしても三洋のおどり炊きの味が欲しければ三洋のおどり炊きを入手する以外にありません。数年前ならまだ幾つか流通に残っていましたが、残念ながら最近は殆ど見ないですね。ですから、どうしてもとおっしゃるならヤフオク等を丹念に当たるしかありません。


もう一つの方法は別の物で我慢すると言う現実的な対応ですね。現実的な話ですから難度が低い代わりに理想からは遠のきます。

お話の様に象印は「美味しいけど違う味」でしょうね。そしてパナソニックを選んだ場合は「似てるけど違う味」になると思います。パナソニックの方が象印よりは近いでしょうが、残念ながらどう転んでも三洋のおどり炊きの味にはならないです。

が、これは予備を用意しなかった報いですからね。甘んじて受け入れる以外に無いでしょう。


まあ、どうも歯切れの悪い話になって申し訳ないのですが、三洋のおどり炊きにそっくりな味の炊飯器が売られているなら幾らでもご紹介しますが、残念ながらこの世に存在しない物を紹介する事は出来ないですからねー。他の事ならともかく、こればかりはどうする事も出来ないです。



覚悟を決めて、新しい愛を探し出すしかありません。

有難うございます。
突然にもかかわらずご回答有難う御座います。

 そうなんですね(涙)どうにもならない事なんですね
ぜんぜん知りませんでした。おどり炊きを買った時は
「科学は進歩したんだ!10倍美味しくなった!」
ぐらいにしか思っていませんでした。
大切さは、完全に三洋がなくなって初めて知りました(涙)
こんなに可変加圧に各社に違いがあるなんて・・・。

象印のわがや炊きは、主人が胃が三分の一になったにもかかわらず
思わず「おかわり!」って言ったのでビックリして
私はひっくり返りそうになりながら思わず「そんなに美味しい?」
と言って、私も嬉しくて嬉しくて・・・。
主人は後で食べ過ぎてウンウンうなってましたけど(笑)
久しぶりに私に気を使わない「美味しい」が聞けました(涙)
すみません,こちらの事情を長々と(謝)

で「新しい愛を探す」事も考えながら・・・。
もう一度、教えて頂けないでしょうか?
パナソニックの中でおススメがあれば
教えて下さいませ。くどくて本当にすみません。
有難うございます。
これは分の悪い賭けになりますよ

パナソニックをご希望との事ですが、それは三洋のおどり炊きをキッバリ忘れての事でしょうかね? だとすれば良いのですが、もし未だに引きずっているとすれば傷口を広げる事にもなりかねませんけど、その事はご理解されていますか?

次の炊飯器に買い替えたからと言って良くなると言う保証はどこにもありませんし、場合によってはさらに悪くなる可能性だって少なくはありません。三洋を引きずっているなら、ハッキリ言って勝ち目の薄い賭けになりますね。


パナソニックは三洋と同じ可変圧力ですが、あのメカニズムを柔らかくてモチモチした食感よりもご飯の甘味を増す方向に利用しているみたいです。早い話が一番売れてる象印寄りのテイストにしている訳ですね。この辺りが「売れる物こそ正義」のパナソニックらしいやり方ですが、そこが三洋と大きく異なる点です。

ですから、三洋の亡霊を追いかけてパナソニックを選ぶのなら殆ど勝ち目の無い戦いになります。

前回お話した通り、三洋が欲しければ三洋を買う以外にありません。


三洋とは決別するが象印もイマイチ合わないので別の炊飯器が試したい、と言うのであればパナソニックもありでしょう。その場合は予算の許す限り高価なモデルをお選び下さい。パナソニックは値段と品質が比例する様に物を作るメーカーですから純粋に高価な物ほど美味しくなると考えて良いと思います。

但し、その炊飯器が口に合わなかった場合はより被害が甚大になりますけど(笑)


三洋のおどり炊き難民の多くが名前に釣られてパナソニックのおどり炊きをお選びになりますが、口コミを見る限り概ね不評です。これは三洋の亡霊を捨て切れなかったからですね。

無くした男と面影が似ているからと言って付き合ったとしても所詮は別人です。山口百恵の歌みたいに2人を比較するばかりでは決して幸せにはなれないのですよ(笑)


それに、ステラさんご自身は三洋のおどり炊きに未練をお持ちでしょうけど、旦那さんの反応を見ると旦那さんは別の考えをお持ちかもしれません。その辺りも一度確認された方が良いですね。象印からパナソニックに変えて旦那さんの食が細くなる可能性だってありますからね。


現状に不満がある場合に何かを変えると言うのは間違いではありませんが、それをやって良いのは勝算がある場合です。充分な勝算があるなら英断ですが、勝算が乏しい戦いに大金を賭けるのは単に無謀なだけですからね。


6万円と言うのはドブに捨てるには高すぎる金額ですからねー(笑)

一度頭を冷やして、じっくりと考えた方が良い様に思いますよ。

ありがとうございます。
 毎度ありがとうございます。
ご丁寧にお答え頂き有難うございます。

 本当ですね。リペ屋さんのおっしゃる通りだと解りました。
三洋の亡霊を引きずっていても、しかたがないんですね~。
山口 百恵の喩えでも良く解りました!!!

主人に聞くと軟らかい炊き方が好きだそうで
前からやっぱり変わっていませんでした。
でも、りぺ屋さんに言ってもらうまで
主人をほっておく形になるところでした。
本末転倒とはこの事で(汗)
ハッとしました。有難うございます。

そうですね!もっと頭を冷やしてじっくりと
考えますね(笑)

でも、6月に出たパナソニックの、Wおどり炊き は
気になって気になって。。。パワーUPしたそうです(笑)

最後にご丁寧に、ご親切に本当に解りやすく
主人の事まで考えて下さり
有難う御座いました。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
これからも、のぞかせて下さいね!
楽しみにしています。
修理と購入どちらが良いのでしょうか?
はじめまして、炊飯器が壊れてからですが、元修理屋さんのブログを楽しみに読ませて戴いております。
他ではあまりない切り口、とても納得させられます。これからも無理のない程度に更新して下さい。

いま迷っているのは、壊れた炊飯器の対応です。
ECJ-JX10E5(SN)
6年前に買った炊飯器ですが、炊きムラと保温不良で、パナソニックのサービスに診断をお願いしました。
修理代が上蓋のヒューズ不良でアッセンブリー交換、技術料込み二万弱かかるとのことでした。
(車のヒューズを思うと、バカ高いですね)

炊飯器自体には不満はないので修理を検討しましたが、上記修理代金に予防処置のパッキン交換を追加して、使い続けるのが良いのか?PA105,PB105,PX104などを新規購入するのがよいのか?

中国産の新品か?修理あがりの国産か?(国産でないかもしれませんが)

元修理屋さんの経験則に基づく見解を頂ければと考えております。よろしくお願いします。

今は、ガスコンロで炊飯してますので時間的余裕はあります。(私はガスコンロのほうが好きですね。嫁はもっと柔らかい方が好みなので…可変圧力は必要です。)
SR-PA185を購入
始めまして、大変参考になりました。

SANYOのECJ-BK18からPANAのSR-PA185に買換えました。
ほぼ同じ味で炊けて満足ですが、本体サイズがかなり大きくなったのが残念です。
詳しくは下記リンク先のブログに公開しています。
これは難題ですねぇ

ECJ-JX10E5は2008年発売ですから修理が出来るのはたぶん来年の夏までになると思います。それ以降は保守部品を処分するでしょうから修理は不能になるでしょう。そう考えると旧三洋のおどり炊きを延命出来る最後のチャンスと言う事になりますね。

ただ、既に6年以上経過していますからあちこちにガタが来ています。基盤とパッキンを交換すれば制御系は持つでしょうが、上蓋のロックや蝶番部分が劣化して来ていると思います。こうした機械系の部位は使用頻度によって寿命が違って来るので一概には言えませんが、今修理したからと言って後6年持つ保証はありません。そう考えるとおいそれと修理をお勧めする事も出来ないですねぇ。

これで三洋が健在なら素直に買い替えをお勧めするのですが、まあ、それだったら最初から私の所なんぞに相談なんて持ち込まないでしょうね(笑)

ハッキリ言って実に悩ましい話ですね。


結局、どちらをお選びになってもグレーゾーンの選択になります。となると一番曖昧な要素次第ですね。それは奥様が今の炊飯器にどれだけ執着があるかと言う事です。

奥様が敬虔な三洋信者で、どうしても三洋のおどり炊き以外は認めないと言うのであれば修理に出すしかありません。逆に、特に三洋製品にこだわりが無いなら買い替えた方が良いと思います。別にパナソニックの方が長持ちすると言う保証はどこにもありませんが、パナソニックが故障しても修理に出せますがECJ-JX10E5が故障したら次はありません。

パナソニックのおどり炊きは敬虔な三洋信者の皆さんには不評ですが、信仰心の薄い皆さんは普通に乗り換えて大きな不満は出ていません。特に今は制御系のイカレたECJ-JX10E5で炊いたご飯を食べてた後ですから割りとスムーズに移行できると思います。まあ、ガスコンロで気合入れた炊飯をしていなければですけど(笑)


そんな訳ですから後は奥様次第ですね。神託を仰いで、祟りを受けない方をお選びになって下さい(笑)

ブログ拝見しました

パナソニックのおどり炊きも発売当初は結構辛辣なレビューが多かったのですが、最近のモデルに関しては大きな不満は聞こえて来なくなりました。やっとこなれて来た、と言う所なんでしょうね。パナソニッククラスの企業でも吸収したての技術を十全に生かすには時間がかかると言う事でしょう。

そう言う意味では良い時期に移行されたと思いますよ。2年前ではかなり違った評になっていたかもしれませんから(笑)


弁理士さんなんて堅いお仕事の割にはDIYに関しては玄人はだしですね。DIY趣味の方は少なくありませんが、ボッシュのレーザー距離計を買っちゃう方はそうはいませんよ。あれは50m以上の距離を正確に測る機械ですからね。確かにすごく便利ですけど(笑)


何れにせよお役に立てたのなら幸いです。
また何かありましたら遊びに来て下さい。

No title
炊飯器のブログをここ数日かけて読ませて頂いています。
その毒舌加減と博識さ、それをまとめあげる根性?
すごいですね…。クラクラしてしまいます。(笑)

さて、相談させてください。
もらいものの三洋ECJ-c10nを使っていましたが壊れてしまったので
炊飯器の買い替えを検討しています。
もらったときは炊飯器が変わるとこんなにお米って美味しいんだね!と
言うのが私たち夫婦の感想でした。

自分たちで買うなら2万円台の炊飯器を購入しようと思っています。

私は割としゃっきり、うまみを感じるものが好みなので
IHでいいかなーと思っていて
すっきりした四角い形のものが好きなので、
タイガーJPQ-A060とか
パナのSR-HX105か103が候補を候補に考えていました。

(実家のタイガー(圧力IH)JPBーH100は少しやわらかすぎる感じがしました)。

ただ、私より夫のほうが味とコスパにうるさく、今は大分のヒノヒカリ金芽米、
その前は富山のコシヒカリを購入していました。
なんで産地まで分かるのか私には不思議でたまりませんが
見事に言い当てるので困ったものです。
リぺ屋さんのブログを読んでいるとコシヒカリ、ヒノヒカリ系はもっちり
炊けるものがおすすめとのことですね。
迷ってしまいます。

お忙しいとは思いますがご教授いただければ幸いです。
m(_ _)m

硬めのごはん好き
こちらのブログは詳細な内容過ぎて私には理解不足だったようです(笑)
炊飯器の購入に迷って、こちらのブログを拝見し毎日研究して迷ったあげくに購入判断を誤ってしまいました。
不満足のご飯の炊きあがりにショックな毎日を過ごしております。
そこで、よろしければご相談させてください(私の勘違い炊飯器選び)

ご飯は硬めが好きなので、硬めのご飯をキーワードに日立か三菱?
と思いこみ今回「三菱の備長炭 炭炊釜 NJ-VV106」を購入しました。
しかし.....ご飯が美味しく炊きあがらないのです。
確かに硬く炊きあがるのですが、艶が無くぼそぼそしています。
水加減もいろいろ変えてみました。お米の種類なども関係するのかも知れませんが......炊飯器を知人に譲り、新しい物を購入しようかと迷っております。

そこで、教えてください。
確かに硬めの炊きあがりが好きなのですが、硬いご飯 → 艶・腰のあるご飯
が炊ける炊飯器はどのような物がよろしいでしょうか?
お時間のある時にご教示頂けましたら嬉しいです。

大変遅くなって済みませんでした

米の特性と炊飯器の特性を合わすべきか、あるいは逆手を打つべきか、と言うのは正直言って難しい話なんですけど、私があれを書いたのは「炊飯器だけを見ないで、お食べになっているお米の性質も考えた上で判断して下さいね」と言うメッセージを伝えるためです。なぜなら、高級炊飯器を買いさえすればバラ色の未来が約束されると言う妄想に囚われる人が多いからですね。当たり前ですけど、んな事はありません。組み合わせを無視して選んでいると普通にハズレを引く事もあります(笑)


今回はそれとは少しニュアンスが異なりますが割と難しい話ですね。

今お使いの炊飯器が三洋の可変圧力IHのおどり炊きです。で、それで炊いたご飯をりょうなさんご夫婦は美味しいと感じた。が、好みとしてはもう少ししゃっきりと炊き上がった方が好みだ。そこで今の旨味を残しながらもう少し硬めに炊き上がる炊飯器が欲しい。でもって、硬めに炊き上がるのはIH炊飯器みたいだから次はIHにしてみよう、と言う流れですね。

確かにIH炊飯器で炊いたご飯は圧力IHで炊いたご飯よりしゃっきりとした食感に炊けるのですが、残念ながらおどり炊きで炊くご飯の旨味は出て来ません。あの旨味が出るのがおどり炊きの特徴なんですよ。圧力を使って炊きムラを減らす事で美味しく炊き上がるご飯の量を増やすのがおどり炊きの特徴で、柔らか目の炊き上がりは圧力IH式の副次的な特徴なんです。

機械式の調圧弁を使った三洋方式のおどり炊きで旨味を残して硬めに炊き上げるのは難しいと思います。同時に、通常のIH炊飯器でおどり炊きの旨味を出すのも難しいでしょう。

つまり、今の旨味を取るかしゃっきりとした食感を取るか究極の二択になると言う事です。
悩ましい話ですね(笑)


これで旦那さんがアバウトな味覚をお持ちならりょうなさんの好みを優先してサクッとIH炊飯器に移行出来るのですが、お話の限りだとそうも行きませんね。少なくともIHに移行するなら旦那さんの言質を取った方が良いですよ。後になってグチグチ言われるのは鬱陶しいですからね(笑)

その上で旨味を取るのならパナソニックの可変圧力のおどり炊きを予算の範囲でお選びになれば良いですし、食感を取るとなればフリダシヘ戻る事になります(笑)


で、そのお話のIH炊飯器なんですが、SR-HX103は在庫僅少で値上がりしていますから選択肢はパナソニックのSR-HX105かタイガーのJPQ-A060の2台になります。ただ、SR-HX105は3万円台になるので完全に予算オーバーですね。2万円台の商品なら一つ下のSR-HB105か2014年モデルのSR-HB104辺りになると思います。

高い炊飯器の方が値段分美味しいと思う方が多いのですが、このクラスのIH炊飯器は大して違いはありません。実際、SR-HX105とSR-HB104を食べ比べて味の違いが分かる人は殆どいないでしょう。タイガーに関しても同じですね。基本的にパナソニックとの違いは誤差程度なのでフィーリングが合った方をお選びになれば良いと思います。

ただ、JPQ-A060は3.5合炊きですからこの点は気になりますね。ご飯はある程度の量を炊く方が美味しく炊けますし旦那さんも舌が肥えている様ですから、出来れば5.5合炊きのJPQ-A100をお選びになる方が良いと思いますよ。値段も千円程度しか違いませんしサイズ的にも大した違いはありません。3.5合が許されるのは独り身と作った料理に文句を言われない新婚さんだけです(笑)


そんな訳で、舌の肥えた旦那ってのは世の奥様方に取っては浮気者と博打打ちの次くらいにイヤな属性です(笑)
凝った料理を作っても無反応なのもツマラナイですが、米の産地をピタリと当てる旦那ってのも先の事を考えると頭痛の種ですね。私だったらそっちの方がよほどクラクラしますよ(笑)

せいぜい頭を痛めて下さい(笑)

こちらもお待たせして済みませんでした

三菱の炊飯器は炭素釜が突出してピーキーなチューニングになっています。が、通常釜の場合はそれほどでもありませんから、この場合は炊飯器の初期不良の可能性がありますね。今時の家電は部品の品質がアレなんで制御系が狂っていると酷い炊き上がりになります。明らかに不味い場合は短気を起こす前にサポートに問い合わせた方が良いと思いますね。

その上で何も問題が無いと言う事ならその時は三菱のテイストが全く合わなかったと言う事になりますが、例えば「センサーが不調だったので無償修理しました」なんて言われた時には振り上げた手を下すのに恥ずかしい思いをする事になります。

怒るにせよ嘆くにせよ先ずは確認する事ですよ。今時の家電には初期不要がもれなく付いて来ますから、安易に手にした物が良品だと決めつけない事です。面倒な話ですが、質を落として値を下げているのが今の家電製品ですから必要経費とでも思って下さい。ちょいとでもおかしい所があれば先ずはサポートに問い合わせて下さい。サポートが調べたいと言ってきたら向こうにも何か思い当たる事があると言う事です。この場合は高い確率で初期不良だと思います。


さて、その話は置いておくとして、艶や腰のあるご飯が炊ける炊飯器との事ですが、残念ながらそんな炊飯器はありません(笑)

艶とか腰とかは米の種類と鮮度や水、そして何より食べる人の主観によって変わってくる物で、結果的に艶が出たり腰があったりする事はあっても他の条件を無視してそれを約束してくれる炊飯器なんぞありません。高々2万円程度の機械に夢を見過ぎですよ、それは(笑)

お話の感じですと、炊飯用の土鍋を使ってガスコンロで炊き上げれば艶と腰があり硬めの炊き上がりになりますが、残念ながら電気炊飯器にあの真似は出来ないですね。以前に比べると差は縮まって来てはいますがそれは一部の高級炊飯器の話であって、普及機に同じ能力を求めるのは酷な話になります。

美味しいご飯を食べたければ、手間をかけるか金をかけるかしかありません。


2万円台のIH炊飯器は各メーカーの主力商品になりますからあまり極端な事はしていません。また、予算の制約も厳しいですからあまり思い切った事も出来ません。結局、1万円台のベーシックな商品の外装をグレードアップするぐらいが関の山ですから各社あまり大きな違いはありません。見た目よりずっと保守的な商品です。

IH自体枯れた技術ですので基幹部分に殆ど変化はありません。以前にIH炊飯器をお使いになっていたのなら、同じメーカーの同じグレードの商品をお買いになれば味も殆ど変りません。


IH炊飯器の中では三菱が一番硬めな炊き上がりなんですが、仮にこれがお口に合わないとなると後はタイガーとパナソニックくらいしか選択肢がありませんね。今は消費者の嗜好が柔らか目なご飯に移っていますから両社ともこの数年でIH炊飯器の数は大きく減りました。ですから、予算を決めれば迷うほど数はありません。そしてそこから選ぶ以外にありません。

但し、艶や腰が必ず出せる炊飯器なぞ世界中どこにもありません。高級圧力IHなら高温調理で艶は出るでしょうがどうしても柔らかくなるので腰は無くなります。艶や腰を両立出来そうなのはガス炊飯器くらいですが、これだってjunjunさんが求める水準を満たしているかどうかは私には分かりかねます。


まあね、期待して買い替えた炊飯器がガッカリな出来だったらこの世の終わりみたいな気分になりますが、だからと言って「予算1千万で23区内に新築庭付き一戸建てを」みたいな話を持って来られても答えようがありません(笑)

金に糸目を付けないと言うのならガス炊飯器をお勧めしますし、金は出せないが手間は厭わないと言うのであればガスコンロで土鍋で炊く事をお勧めしますが、恐らくそう言う話ではないでしょう。


とにかく、今すべき事はサポートに問い合わせて今お使いの炊飯器が良品かどうか確認する事ですね。

神や私を呪うのはそれからでも遅くはないでしょう(笑)

残念です!
お忙しい中、返信いただきありがとうございました。
また、頭痛の原因まではっきりさせていただき、鋭い考察力に舌を巻いております。

しばらく鍋で炊飯したり、パスタを食べながらしのいできましたが
りぺ屋さんの返信がない状態で「今から炊飯器買いに行こう」と大黒柱が言うので
小心者の(笑)私はついていかざるをえませんでした。

今まで、ネット徘徊とエイデン、近所の小売店は見ていたのですが某ヤマ○電機に行くと
数が多すぎて、ネットの値段と違い過ぎて、パニックに(苦笑)

日立の法被を着た販売員が近くにいるからか、量販店モデルだからかやたら日立を押す店員。
ご飯が柔らかいらしいから嫌だというと水を少なくすればいいと言うので
丁重にお断りして迷っていたら
夫は「壊れにくい」「手入れがしやすく衛生的」な2万円台の炊飯器の中でおすすめを
店員に質問。 日立の圧力IHか三菱のNJーVEー106を薦められ
「圧力は手入れがしにくいんだろ」と言って三菱を購入してしまいました…

こうして我が家は2万後半というネットとくらべてかなり高値で炊飯器を購入しました。涙。

舌の肥えた夫ですが、自分で選んで買ったものにはあまり文句を言わず
「ご飯どう?」と聞くと
「おいしいよ」とのことだったので我が家は安泰です。
ただ、私個人の感想としては「まずっ」です。
三洋踊り炊きで炊いたご飯を1日保温したような舌ざわりに近いです。
IHで検討していましたが、これなら実家のタイガーの方がマシでした。
うちの炊飯器にライデインでもかけたいくらいです。

夫も本心ではおいしいと思っていない気がしますが、これが我が家の
お財布事情と選択ですのでしょうがないですね。
しばらく、カレーやどんぶり、炊き込みご飯をしていたら慣れるでしょう。

あ、見た目は気に入ってます。キリッ(笑)

リぺ屋さんには、お忙しい中、相談に乗っていただいたのに、返信を待てずに
購入してしまい大変申し訳ない限りですが
お詫びと炊飯レポートを兼ねてこちらに書き込ませていただきます。
ありがとうございました。
ありがとうございます!
笑わせて頂きました。
お忙しいのにご返信ありがとうございました。
久しぶりにスパイスの聞いた名回答に楽しませて頂きました。

確かにご飯はガスで炊くのが一番美味しいですよね~
子供の頃は、ガス炊飯器でしたので、腰のある美味しいご飯を食べていたと思います。火力ってとても大事な事を改めて理解しました。

以前はパナソニックIHジャー炊飯器SR-HX102を使っておりました。艶感などはバツグンでしたが、もう少~しだけほんの少~しだけ硬めだったらなぁ~と思いながら、お米を変えたり、水加減を減らしたりいろいろ試しておりました。美味しく炊きあがる事もあったのですが、実は3合が限度なんです。4合炊いてしまうと途端に腰が無くなって柔らかくなります。何故だかは分からなかったのですが.....

ご返信頂きました内容を元に、サポートセンターへ問い合わせて見ます。
美味しい好みのご飯はやはり....ガスコンロで土鍋なんですね~
恐るべしガス火力!
手抜きをしながら美味しいご飯を夢見てしまいました(笑)
いろいろとありがとうございました。
リぺ屋さん面白いし、本当に詳しいですね! 
購入しました。
ご無沙汰しております。
先日はコメントいただきありがとうございました。
 
炊飯器を新規購入しましたので、経過報告させていただきます。(長文失礼します)
 
前回、ECJ-JX10E5の炊きムラ故障で相談させていただいてから、購入店舗で一律1万円で修理との案内を受け、パナソニックのサービスへキャンセル料を支払い、再度購入店舗で修理依頼を行いました。
すると、「もうすでに修理部品がない」とのことで、一週間あまりで返却されてまいりました。
部品の保持期限前なのに・・・と問い合わせると、色違いならあるとのことでしたので、外装以外の色の違いは気にしない旨伝え再度修理へ。
一週間ほどすると、購入店舗から、不良個所を全調査したところ修理金額が3万5千円かかるので、一律金額での修理はできない旨連絡が入り、修理するのは嫁の指示でやめました。(パナソニック直球は2万弱)
 
で、新規の炊飯器となったわけですが、右も左もわからない無邪気な(悪魔な)嫁の言葉。「前のと一緒でいい!」
 
再度、亡霊を追い求めました。
SR-PB1000-S ビックカメラグループのオリジナルモデル SR-PB101? \26000
SR-PZ101E8-W エディオングループのオリジナルモデル \64800
なんとか、今と同じ形のパナソニック製品を探し当てましたが、当然試食できるわけではなく味は想像のみ、一か八かですね。
元修理屋さんのサイトも参考にしましたが、パナソニック引き継ぎ当初の製品評価はあまり芳しくないので、いまいち乗り気になれず、想像のみの一か八かなら、現行型に近いところで価格バランスの良い製品。かつ、「パナソニックはクラスごとに変えてくる。」を参考にして、おどり炊きのみの最高モデル、
SR-PX104-K \33800 SR-PA105 \37000を候補に入れ相談。実機を確認しに行くことに・・・(この時点ではSR-PX104を落としどころにしてもらおうと・・・)
 
店員さんの説明を聞きながら、一通り品定め。SR-PB1000-S を見て、「形は一緒だけどもう古いんじゃね!」却下。
(SR-PB1000-Sが却下になったので、修理対応に疑問を感じたこの店舗での購入もやめました。)
ちょうど近くに来ていた、おどり炊き全国キャラバン
http://panasonic.jp/suihan/voice/tabekurabe2/  で試食も行い、カタログ見ながら、「スチームはめんどくさそうじゃけいらん。これにして!」と、SR-PW105-W
「SR-PX104-Kも型落ちなだけで味はそんなに変わらんじゃろし、お得よ!」と言っても「黒イヤ!白がイイ!」
 
すったもんだで、かなり後味は悪かったですが、何とかご神託がおりたので、味はどうなろうと祟りはない!と早速購入。
 
以下、SR-PW105購入レビュー
 
条件、
コシヒカリ(島根産、標高700m、田んぼより高地に人工物なし)、
保存法 玄米(常温)
精米機 Twinbird 精米御前 MR-E750W ←たまたま一年前に購入
炊飯量 白米3合(精米直後)
炊飯モード 銀シャリコース(浸しなし)
 
炊きムラが出来る前の遠い記憶(前の彼女)となっているので、まゆつばですが、
ECJ-JX10E5との比較は、
筐体、一回り大きい。色は白いキッチンにはなじむ。
音はしないわけではないが、比較にならないほど気にならない。(以前もたいして気にしてはない)
炊飯 気持ち硬め、しっかり。方向性は一緒。
 
ガスコンロとの比較は、
炊飯 気持ち柔らかめ、香り+、味わい(甘み)+
 
総評(夫婦とも40前半)
紆余曲折ありましたが、夫婦ともに大満足!新米炊き立ては申し分なくうまい!
個人的にも、ガスコンロのしっかり感は捨てがたいのですが、それに大きく勝る、香りと味わいは、圧力IHのなせる技と感じました。
ある意味、紆余曲折のおかげでもありますね。
 
元修理屋さんのように、ウィットに富んだ文章にする文才がありませんが、お礼まで、参考になれば幸いです。
今後も目からウロコが出るような、楽しいブログを期待しております。
お身体に差し障らない範囲で、どうぞ続けて下さい。ありがとうございました。
見解をください
初めまして
すばらしい分析ですね。
解っていないとここまでかけません。

私は、最近三洋のLK10(9年モデル)をお下がりで頂いて、
この炊飯器美味しいなあ!から逆引きで、何で→おどり炊き→ここ、にたどり着きました。
おどり炊き、凄いですね。
ちなみに前は日立で、どうせなら高圧な方が良いと1.3気圧のを安直に選んでいました。

色々勉強させて頂いて、お考えを頂きたい点がいくつかありメールしました。

① おどり炊きは、基本的に、美味しいご飯が炊ける場所を多くした(炊きムラを少なくした)と言うことで、お釜の最上の部分一口だけをとると際だって美味しいわけではないという理解でよいでしょうか?

② おどり炊きは、短時間に加圧と常圧を繰り返しますが、この際お米一粒のサイズも圧縮、膨張すると考えられるので、これの効果(表面が柔らかくなったり、吸水が促進されるなど)もあるように思いますが、いかがでしょうか?

③ ①、②の効果で、外皮が強い雑穀などでも美味しい割合が多くなると思われますが、いかがでしょうか?

④ 高速熱対流の偽おどり炊きは、スイッチ時間が0.04秒と言うことですが、2.5mm厚の釜の熱伝導的にお釜内部の温度は全く変化しないと思うのですがいかがでしょうか?また、お釜の熱伝導が良ければ良いほど温度差が発生しないように思われますが、いかがでしょうか?

⑤ スチーム機能ですが、お釜と上蓋の中の空間は気密されていますので、中蓋の上下で圧力差はないと思われます(と言うか、釜側からは絶えず蒸発がなされている?)。ここで、蓋裏から加熱し、二重蓋の内部で蒸気が発生=圧力が上がっても、その上がった圧力は上方の圧力弁から逃げるだけでご飯には降りかからないと思うのですが、いかがでしょうか?蒸気解放時に結露して水滴が落ちる、ならまだ解るのですが。

⑥ 三洋の四季炊きは、季節の温湿度に合わせるのではなく、秋の新米から夏の古米?までのお米の状態変化に対応したプログラムだと聞いたことがあります。これであれば仕込まれている意味はあるのでしょうか?(私の機種にはないのですけど(笑))

⑦超音波吸水というのは、本当に効いているとするならば、振動子に近い(お釜の外側?)ほど吸水が多くなると思われますので、炊きあがりがどんどん不均一になってしまうように思われますが、いかがでしょうか?

長文失礼しました。
お時間があるときで構いませんのでご意見が伺えたら嬉しいです。

まあ

このブログに書かれている事はあくまでも私の個人的な意見であって、正しいかどうかの保証はありません。もしかしたらメーカーの中の人がご覧になって苦虫を噛み潰した様な顔をしているかもしれませんよ(笑)

それはともかく、取り敢えず私なりの意見をお話しましょう。


(1) これは基本的におっしゃる通りで良いと思いますね。お米を躍らせる事には他の好要因があるかもしれませんが、おどり炊きは特別に美味しいご飯が炊けるのではなく、美味しく炊けるご飯の絶対量が多いために全体的に美味しく感じる方式だと思います。

(2) 急激な減圧によりそうした影響はあるでしょうが、その全てが良い物とは限りません。おどり炊きが美味しいからと言って全てを絶対善と思い込むと、知らない内に急進的な原理主義者と化して友達を失う事になります(笑) サンヨーは特にそうしたアナウンスをしていませんからほどほどにしておきましょう(笑)

(3) これはダウトですね。おどり炊きは白米を美味しく炊くために最適化されたギミックですから雑穀には全く向きません。これはおどり炊きだけではなく圧力IH全般に言える事ですね。仮に雑穀米では無く、雑穀専用に最適化された炊飯器が開発されたとしてもおどり炊きの様なギミックは搭載されないと思いますよ。お米と雑穀では比重も炊き上げるに必要な熱量も違いすぎますからね。

(4) パナソニックの偽おどり炊きはファンタジーです。その内にフォースの力を使ってご飯を炊く様になるかもしれません(笑)

(5) スチーム機能はそんなムツカシイ事を考えてやってる訳ではないでしょう。あれは元々IH用に開発されたギミックで、硬めの炊き上がりのIH式のご飯を流行の圧力IH式に近づけるためのハッタリの類ですよ。ですから、偽おどり炊きのギミックもスチーム機能もサンヨーのおどり炊きには全く不要なだけではなく有害なシステムなんです。ただ、数年前までのフラグシップ機に搭載していた自社開発のギミックだから未練たらしく乗せてるだけでしょう。

自分達の間違いを認めない、負けを認めない、自分達が吸収合併した格下サンヨーの技術の方が優れている事実を認めたくないからああした間抜けな事をするんですよ。中国好きが高じてやり方まで中国人っぽくなっていますね、今のパナソニックは。

(6) 四季炊きの詳細はしりませんが、この手の機能は全てファンタジーに近い物ですよ。例えば米の経年劣化による味の変化も品種によって大きく異なります。恐らくコシヒカリ系に最適化しているのでしょうけど、だとするとコシヒカリ系以外をお使いのご家庭にとっては的外れの設定になってしまいます。

大型冷蔵庫位のサイズで、成分分析機内臓の1千万くらいする炊飯器だったら信じても良いでしょうけど、あのサイズあの価格の商品に実用的なレベルでそんな高度な機能を求めるのは酷ですね。ああ言う機能は物凄く運が良ければマッチする宝くじ的な機能だと思って下さい(笑)

(7) 超音波吸水は短時間でお米に水を吸わせる事が出来るのが売りのギミックなんですが、恐ろしい事に予約炊飯を24時間後に設定しても炊飯直前に必ず動作する仕様になっています。これが全てですね。

こちらはフォースでは無く、きっとシスの力が働いているのでしょう(笑)

コメントありがとうございました
早速の解答ありがとうございました。
さすがに説得力がありますね。

雑穀対応は、確かにその通りで、マニュアルを見ると雑穀モードにはおどり炊きは使っていませんでした。
効果があれば使いますよね。

四季炊きモードも、本体に検出装置があればともかく、状態をユーザーに入力させろと言うのもムリがあるのはもっともです。

サンヨーのおどり炊きを1台、デットストックしたくなってきました。
もうちょっと早くやってれば良かったです。

時に、有名メーカーでは無さそうですが、発芽玄米メインで1.7気圧で炊く炊飯器があり、超高圧だと白米も美味しいと書いてありました。
もし知見があるようでしたら教えて下さい。

普通の圧力鍋って、それくらい上がるんでしょうか?
圧力鍋でご飯炊く人もいますよね?
発芽名人

1.7気圧ってあの謎会社NDKジャパンの発芽名人でしょ? NDK(日本電子工業)は東証一部の水晶振動子の優良企業なんですが、そのグループ企業を名乗るNDKジャパンなんて会社は検索してもヒットしないんですよねー。不思議な話です。

仮に実態があったとしても親会社の本業を考えると畑違いもいいとこですし、あの中華丸出しのどうしようもないデザインと言い、自社のHPすら存在しない胡散臭さと言い、私ならこの時点でアウトオブ眼中ですね(笑)


それに「1.7気圧で炊くから白米も美味しい」と言うのは完全に嘘ですね。高圧をかけて炊く事とご飯が美味しくなる事にはあまり因果関係がありません。

高圧調理のメリットと言うのは沸点を上げる事で高温調理が出来る事です。ですから、圧力鍋を使う事で火の通りに時間がかかる煮物なんかを短時間で作れるメリットがあります。

お米は火の通りに時間がかかるジャガイモなんかと同じデンプン質ですから組成としては火の通りに時間がかかる食材なんですが、サイズが小さいために長時間高温を加えると溶けてしまいます。電気の場合は1.7気圧まで上げるには相応の時間加熱する必要がありますから、1.7気圧を維持しながら加熱する時間など僅かでしょう。

実際に家電メーカーの炊飯器は高い物で1.4気圧程度、多くは1.3気圧程度しか加圧しません。高圧にすればご飯が美味しく炊けるなら今頃全ての圧力IHは1.7気圧になっているでしょうね(笑)


電気炊飯器は調理に1時間程度かかりますが、加熱している時間はその半分ほどで残りの時間は余熱を使って蒸らしています。加熱中は水に浸した米を煮て、米が水を吸って十分な熱量を加えた後には余熱を使って米を溶かさずに中までじっくりと熱を通します。煮ると蒸すを合わせたのが「炊く」と言う調理法ですね。

皆さん日常的にお使いになっていますが、基本的に炊くのはご飯だけですから、これはお米の特性に合わせたかなり特殊な調理法なんですよ。

煮るにせよ蒸すにせよ高圧調理は高温調理による時短効果は見込めますが、ご飯の様にデリケートな加熱が必要な調理にはあまり向いていません。圧力IH炊飯器は複雑で高度な加熱プログラムを使ってそれを制御していると言う事ですね。単純に圧力が高ければ良いと言う物ではありませんよ(笑)


圧力鍋でご飯炊く人もいらっしゃいますが、早炊きが出来ると言う事以外に特別にメリットがある訳ではありません。高圧調理は総じて柔らか目に炊き上がりますからそうしたご飯がお好みなら良いかもしれませんが、炊飯器を使わずにご飯を炊く方の中では少数派ですね。

圧力鍋を使うなら、最初から圧力IH炊飯器に任せる方が確実ですからね(笑)



調理器具を変える事で一気に味が良くなる事はありますが、だからと言ってあまり道具を過信しない事ですね。ご飯がいちばんさんはたまたまビギナーズラックを引いただけで、特殊な炊飯器に買い替えればこの幸運が未来にも続くなんて考え無い事ですよ。

それは、ギャンブルで身を亡ぼす人達と同じ感覚ですから(笑)

コメントありがとうございました。
コメントありがとうございました。

りぺ屋さんとおはなししていると楽しいので、ついつい色々聞いてしまいました。

私も買う気はなく、うさんくさいなあと思って聞いてしまいました。
私には、サンヨーのおどり炊きが十分満足なので、どちらかというと、これが壊れたときが怖いんですよね。
良いものを使ってしまうと、元に戻れないですね。

ここでも、他でも、お聞きしていると、おどり炊きでもパナは怪しいですし、なんと言っても製品に誠意と愛が感じられないですからイヤですね。

ちなみに、ウチは洗濯機とホームベーカリーがサンヨーで、どちらもお気に入りです。
それを思うと、メーカーが無くなってしまったのは、ほんとに残念です。

また何か情報がありましたら教えてください。

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ