加湿器その3。加湿器のメリットとデメリット

加湿器.jpg

加湿器を使う事で得る長所と短所についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 本来なら一番最初に加湿器の効果を大袈裟に説明するのが商売上手な流れなんでしょうが、私は根っから商売下手なクチですから長所の話だけするのは得意ではありません。ですから長所と短所、つまり効果と代償を併記する形にしたかったのでここでそのお話をします。

  2. 冬場の乾燥を防いで湿度を一定に保つ事には様々な効能があり非常に有益な事なんですが、加湿すると言う事は良い事ばかりではありません。加湿がもたらす弊害もあれば加湿器固有の問題もあります。

  3. 今回は加湿器の具体的な効果と、その弊害や注意点についてお話しします。

加湿器.jpg

加湿器のメリット

風邪やインフルエンザの予防効果

風邪

    風邪の伝染率と湿度との関係
  1. 風邪と言うのは主に鼻腔や咽頭等の気管にウィルスが侵入して炎症が起きる状態を指します。風邪の原因となるウィルスは数百種類あると言われていますが、大事なのは冬風邪の原因になるウィルスは低温低湿度を好む事です。ですから冬場の温度と湿度の管理が重要になって来ます。

  2. 冬風邪の原因になるウィルスは気温18℃以下、特に15℃以下だと活発化します。湿度は50%以下、特に40%以下だと活発化します。ですから室温18℃湿度50%以上を保つ事が風邪の感染を防ぐ目安になります。ちなみに夏風邪のウィルスは湿度50%以上で活発化しますから、夏場は逆に湿度を下げるのが風邪の予防につながります。

  3. また、湿度と有機物の重さは相関関係があり、湿度が高いと有機物は水分量が増えて重くなります。逆に湿度が低いと軽くなります。これは風邪のウィルスにも当てはまり、湿度40%以下だと咳やくしゃみをして飛散したウィルスは30分以上室内に漂い続けます。湿度を上げてやる事で滞空時間は短くなり、家族が感染する確率も下がって行きます。

  4. さらに十分な湿度は気管の免疫力を上げる効果もあります。気管の粘膜は乾燥すると働きが落ちて行き、侵入したウィルスを効果的に殲滅出来なくなります。十分な湿度を維持する事で水際で感染を防げる確率が上がります。

  5. 上のグラフはマウスを使った風邪の伝搬実験を基に作ったグラフです。まあ、人とマウスでは条件が違うので一緒には出来ませんが、湿度と伝搬率は反比例しているのが分かると思います。

  6. 余談になりますが、風邪の予防にはマスクと手洗いとうがいが基本なんですが、うがい薬を使った場合は効果的どころか逆効果になる事が京都大学保健管理センターのレポートで報告されています。うがい薬はもちろんオゾンやオカルトイオン等、ウィルスを殺せるくらい毒性の高い物を鼻や喉の粘膜に取り込んで無傷で済む筈がありません。逆に粘膜がダメージを受けて感染確率が上がります。

  7. ネットを検索してると風邪の予防と称して、この手のうがい薬を売りつけようとする輩が蔓延しています。ウィルス同様、感染しない様に気を付けて下さいね(笑)

加湿器.jpg

インフルエンザ

    インフルエンザウィルスと湿度の関係
  1. インフルエンザも風邪と同じようなメカニズムで感染しますから似たような効果があります。ただ、こちらはウィルスが特定されていますからもっとハッキリとした数値が出ています。

  2. 上のグラフはよく業務用加湿器の対ウィルス効果の説明に使われる「G・J・Harperによる6時間後の生存率」(高野健人氏他「セミナー健康住居学」より)のデータを基に作ったグラフです。室内温度と湿度変化に対するインフルエンザウイルスの生存率を表しています。

  3. ご覧の通り、約20℃で50%の湿度を維持していればインフルエンザウイルスは激減します。インフルエンザウイルスは高湿度に非常に弱いので、乾燥した冬場に蔓延する訳ですね。ですから室内の湿度を高く維持すればご家庭内での伝染は防げます。また、約20℃で50%以上の湿度を維持すれば、約10時間後にはインフルエンザウイルスは完全に死滅します。つまり、加湿自体にインフルエンザの除菌効果があると言う事です。

  4. 但し、約20℃でも50%以下の場合は別です。例えば35%なら24時間後にも10%以上、20%なら40%近くは生存しています。私が空気清浄機の章で、加湿機能を持った加湿空気清浄機は使わないほうが良いと言った理由の一つがこれです。低性能なのを誤魔化すために、実際より高い数字を表示するこうしたモデルの数値を鵜呑みにしていると家族全員が感染する事になります。ですから専用機をお勧めするのです。

  5. 逆に10℃程度の低温の場合は湿度50%でも40%以上の生存率があります。これは空気中の水分量が一定でも気温が上がると相対湿度は低下し、気温が下がると相対湿度が上がる事から、低温の場合は見かけは高湿度でも実際の水分量は不足している事から起こります。湿度計が計れるのはあくまでも相対湿度ですから、低温時の数値を見て安心していると足元をすくわれます。湿度は気温とセットで考えないといけません。

  6. 上手く湿度をコントロールしてやれば、鼻や喉の粘膜を痛めるオカルトイオンの類は必要ありません。一定に湿度を維持するだけで風邪やインフルエンザの予防効果が期待出来ます。

  7. この室温20℃で湿度50%以上と言うのは業務用空調機器でもガイドラインになっている数字です。上手くコントロールしてご家族をウィルスから守って下さいね。

加湿器.jpg

乾燥肌対策

    東京の平均気温と湿度
  1. 上のグラフは2011年の東京の平均気温と湿度をグラフにまとめた物です。ご覧の通り、11月下旬から4月上旬ぐらいまでがインフルエンザなどの乾燥対策が必要になる期間になります。まあ、これは東京のデータですから地域によっては差が出て来ますが、その辺りはご自分でお調べ下さい(笑)

  2. 但し、乾燥肌の場合は事情が少し異なりまして、およそ湿度60%を切ると乾燥肌に影響が出て来るそうです。ですから10月の中旬から4月の中旬までが乾燥肌対策が必要な期間になります。

  3. 一番最初にお話ししましたが実は私も乾燥肌でして、毎年秋口になってくるとスネや靴下のゴムが当たる部分がムズかゆくなって来ます。放置していると痒みが酷くなってきて、湿疹の様に赤くなるか粉を吹く様になって来ます。乾燥肌の方ならお分かりだと思いますが、あの独特の痒みは我慢しきれる物ではありません。

  4. 乾燥肌の痒みの直接の対策としては尿素配合クリームがすこぶる有効です。私も色々と試しましたが、何も有名メーカー製の高額商品は必要ありませんし、かゆみ止め等の成分も不要です。大事なのは尿素の含有量、10%のものより20%の物の方が効果が大きいのでそちらをお選び下さい。参考までに

  5. 尿素20%配合 ウレコートα 145g [第3類医薬品]尿素20%配合 ウレコートα 145g [第3類医薬品]
    (2012/11/15)¥980 ★★★★★

    尿素20%配合しただけの何の変哲もないクリーム。なぜお勧めかと言うと、尿素20%配合したクリームの中でグラム単価が最も安いのがこれだからですね。よくドラッグストアで安売りをしてますからそちらでお買いになると良いでしょう。安い時は700円程度で売ってます。

    楽天で最安値をチェック
  6. 実はうちの婆さんが乾燥肌でこのクリームを使いだしてから劇的に症状が改善しまして、以来ご近所に布教したおかげで今では近所の年寄連中はみんなこれを使っています。おかげで私はご近所の分まで毎年大量に買出しに行かされます(笑)

  7. ただ、手足のかさつきや痒みには尿素配合クリームで対応出来ますが、全身となると難しいですね。また女性の場合は痒み以前に美容の面でお肌の乾燥は避けねばなりません。乾燥でダメージを受けた肌は老化が早まるだけでなくシミになる可能性があります。気を付けて下さい。

  8. お肌を健やかに保つ湿度はおよそ55%から65%くらいが理想的な数値だと言われています。およそ60%前後ですね。保湿と言う観点ならもっと湿度は高い方が良いのですが、人は65%を超えるとジメジメした湿っぽさを感じて不快感が上がるので65%くらいを上限としています。

  9. ですから乾燥肌でお悩みの皆さんは湿度60%前後を維持する事で症状が和らぎます。この数字も覚えておいて下さいね。

加湿器.jpg

静電気対策

    2012年12月24日の東京の気温と湿度
  1. 上のグラフは去年のクリスマスイヴの東京の気温と湿度を時間別にまとめた物です。インフルエンザはもちろん、乾燥肌にも辛い数値が並んでいますね。こうして見ると、月別の温度湿度の平均値はあくまでも平均値であって、実際は時間帯によっては遥かに低い数値が出ている事が分かりますね。

  2. また、冬の嫌な風物詩の一つが静電気です。ドアノブをつかんだ途端に飛び上がる経験をされた方は多いと思いますが、この静電気と湿度とは密接な関係があります。実は静電気自体は年中発生しているのですが、夏場は高湿度ですから静電気が体にたまらずに自然放電されて難を逃れているだけです。

  3. ところが湿度40%を切ると自然放電が起きにくくなって体に静電気が溜まり始めます。特に湿度25%を切るとどんどん溜まって行きますから、その手で金属に触れた途端にビリっと来る訳ですね。

  4. グラフを見て頂ければ分かると思いますが、一日で最も湿度が低いのが午後2時くらいです。職場で、学校で、ショッピングで一番活動的な時間帯が一番危険な訳ですね。私も静電気が溜まりやすい体質なのか現場では何度も涙目になってます(笑)

  5. この静電気を防ぐには最低でも湿度40%以上、そして湿度60%を超えると比抵抗の関係から静電気の発生を抑制出来ます。

  6. また、乾燥肌の痒みの一因が衣服の静電気による刺激です。湿度60%を維持する事で乾燥肌そのものと静電気による刺激を抑える事が出来ますので痒みも大幅に緩和出来ます。この数字は大きな目安になりますから乾燥肌でお悩みの皆さんは絶対に覚えておいて下さいね。

加湿器.jpg

花粉対策

    花粉
  1. 風邪の項でお話ししましたが、湿度と有機物の重さは相関関係にあります。これは風邪やインフルエンザ、あるいはノロウィルス等も影響を受けますが、同様に花粉も例外ではありません。湿度が高ければ高いほど室内に侵入した花粉は早く床に落ち、また舞い上がる確率が低くなります。

  2. 花粉にしろウィルスにしろ大事な事は吸わない事です。仮に部屋に侵入しても、吸わなければ発症や感染のリスクは大きく下がります。湿度をコントロールして乾燥を防ぐ事で結果的に吸い込む花粉の量を減らす事が出来ます。

  3. 湿度に関しては出来るだけ高い方が有利なんですが、残念ながら高湿度を維持するとカビやダニの繁殖を促す事になりますから上げ過ぎは禁物です。やはりカビやダニのリスクを上げずに人が不快感を感じない湿度65%くらいを上限と考えて下さい。地味ですが花粉には有効な対策の一つです。

  4. 但し、花粉対策に超音波式加湿器を使うのは禁物です。花粉は水滴に触れると破裂して微小なアレルゲンを撒き散らします。超音波式加湿器から吹き出ているのは蒸気ではなくミストですから、これに触れると破裂する恐れがあります。

  5. 色々な意味で超音波式加湿器と言うのは日本の家電メーカーもさじを投げた出来損ないですから、安いからと言ってこれを使うとろくな事がありません。きちんと「まともな」加湿器を選んで下さいね。

加湿器.jpg

体感温度と人に適した環境

    快適
  1. よく湿度が10%上がると体感温度が1℃上がるなんて言われていますが、これの根拠となる「ミスナールの計算式」と言うのがちょっと怪しいので鵜呑みには出来ません。何せこの公式で計算すると低音下だと湿度が下がった方が体感温度が上がる計算になります。そんな訳ないですよね(笑)

  2. まあ、このオカルト計算式は置いておくとしても、湿度が上がると暖かく感じると言うのは皆さん経験があると思います。無いとおっしゃる方は夏場の雨上りの蒸し暑さを思い出して下さい。文字通り、湿度が上がる(蒸す)事で暑く感じるあれですね。ですから、冬場でも湿度を上げると暖かく感じるのは事実です。

  3. 逆に、「からっとした秋晴れ」なんて例えがあるように湿度が下がると涼しく感じます。ですから、これを真冬に持って来ると低湿度下では寒く感じる事になります。つまり湿度コントロール一つで、同じ暖房費をかけても暖かくも寒くもなります。

  4. では人にとって快適な湿度温度とはどれくらいなのでしょうか?

  5. 冬場に人が最も快適と感じる環境は、室温が18℃±2℃、湿度が45~65%と言われています。業務用空調機器はこの数値を基準に設計されています。これと今までの数値を合わせて考えると室温20℃湿度60%くらいを維持する事で全ての項目をクリア出来ます。

  6. 私が気化式加湿器をあまりお勧めしないのはこの為です。気化式は湿度50%未満ならそれなりに働きますが、湿度60%を維持するにはお使いの部屋よりかなり大型のモデルが必要になります。気化式は湿度60%下では対応畳数の半分以下の能力しかありません。ですから、気化式をお使いになるなら予めお使いになる部屋の倍程度の能力を持った物を選ばねばなりません。

  7. 加湿に時間がかかる上に、湿度が上がるにつれ能力が落ちて行くのが気化式の弱点です。湿度50%程度で構わないのであれば気化式でも何とかなりますが、それ以上の湿度で安定させようとすると一苦労します。

  8. また、「冬の乾燥対策」なんてテーマのサイトを見ると「洗濯物を室内干しにすれば良い」とか「観葉植物を置けば良い」なんて書いてる人達がいますが嘘八百ですから信用しないで下さいね。洗濯物にしろ観葉植物にしろ一日に数リットルの水分を放出する能力は持ち合わせていません。第一、そんな事をすれば観葉植物など枯れてしまいます(笑)

  9. 専用に作られた加湿器でさえ能力不足になるのが冬の乾燥期です。そんな小手先の事をしても効果は一時的な物で、しかも湿度は数パーセントしか変動しません。実用レベルとは程遠いので鵜呑みになさらないで下さいね。

加湿器.jpg

加湿器のデメリット

カビの発生

    カビの発生
  1. 加湿器を使う事には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。多くの場合は加湿器その物の功罪と言うより湿度を上げる事のデメリットなんですが、次はこの点について見て行きましょう。

  2. トップバッターは多湿には付き物のカビの発生です。

  3. カビと言うのは室温20~30℃で湿度60%以上になると繁殖しやすくなり、湿度70%以上になると活発化します。ですから加湿は大事なんですが加湿のし過ぎには注意しなければなりません。

  4. 一番大切な事は単に湿度を上げるのではなく、きちんと湿度をコントロールする事です。そのためには自動運転可能なセンサー付の加湿器を選ぶ事と、それ以外に部屋の湿度を正確に測れる湿度計を別途用意する事です。加湿器本体のセンサーは性能が低い上に、水蒸気の放出部に近すぎて誤差が大きすぎるからですね。いくつかご紹介しましょう。

  5. EMPEX (エンペックス) 温・湿度計 スーパーEX高品質温・湿度計 卓上用 EX-2717 メタリックグレーEMPEX (エンペックス) 温・湿度計 スーパーEX高品質温・湿度計 卓上用 EX-2717 メタリックグレー
    (2007/9/18)¥1620 ★★★★☆ カタログ

    計測機器メーカーのエンペックスの高精度モデル。湿度計の精度±2%。台を外せば壁掛けも可。

    楽天で最安値をチェック
    CITIZEN (シチズン) 温度湿度計 ライフナビD200 4種類の注意喚起 時刻表示 掛置き兼用 8RD200-002CITIZEN (シチズン) 温度湿度計 ライフナビD200 4種類の注意喚起 時刻表示 掛置き兼用 8RD200-002
    (2010/10/30)¥1800 ★★★★☆ 取説

    熱中症、食中毒、インフルエンザ、カビ・ダニの4種類の注意を液晶表示で警告してくれるシチズンのデジタル温湿度計。湿度計の精度±3%。同型のホワイトモデルは500円ほど高くなるので注意。

    楽天で最安値をチェック
  6. 両方とも高精度で格安なので選びましたが、これ以外でも精度の高い物ならお好みで選んで下さい。逆に、目覚まし時計一体型の安価なデジタル式の物をお使いの方は、アナログ式の正確な物をお買いになる事をお勧めします。別にデジタル式が悪いと言うわけではありません。デジタル式でも正確な物はありますが、同じ精度ならアナログ式の方が大幅に安く、さらにこうした多機能モデルのセンサーは誤差が10%程度ある為にあまり実用的ではありません

  7. この精度±2~3%程度の物がコストパフォーマンスに優れます。もっと高精度の物もありますが価格が1桁上がりますし、こうした温湿度計は3年くらいが寿命でそれを過ぎると誤差が大きくなってしまいます。これくらいの価格なら3年毎に買い換えても苦にならないでしょう。設置は1.5m位の高さで、なるべく部屋の中心に近いのがベストですが、まあ、壁にかけておくのが無難ですね。

  8. また、カビが発生する個所と言うのは空気が澱んでいる個所でもあります。エアコンや空気清浄機を使って室内に気流を作っていたとしても全ての空気が循環している訳ではありません。部屋の四隅や家具の裏側など必ず空気が流れない個所があります。空気が澱んだ箇所は湿気が溜まりやすく、これがカビが発生する大きな原因の一つです。

  9. ですから換気をする事はもちろん、サーキュレーターや扇風機を使って空気の澱みを解消してやる事でカビの発生を抑制する事が出来ます。室内の気流を上手く循環する事で暖房ムラも抑えられますから一石二鳥ですね。加湿器をお使いの節はこうした家電を併用してみて下さい。きっと効果があるでしょう。

加湿器.jpg

ダニの発生

    ダニの増殖と相対湿度
  1. さて、カビの予防ラインは湿度70%が目安になりますので比較的対策は容易なんですが、厄介なのがこのダニの問題です。ダニと言うのは室温20℃以上で湿度40%を超えると徐々に増えて行きますから完全に抑制するのは困難です。ただ、湿度60%を超えると増殖率が上がりますので、ダニ対策はこの辺りの数値が目安になります。ちなみに、ダニが最も繁殖するのは室温25℃湿度70%くらいです。ダニが夏場に増えるのはこの条件に当てはまるからですね。

  2. ただ、ダニは湿度に対する耐性は比較的高いのですが、気温に対する耐性は低いです。ダニが夏場に大量発生しても冬場にはしないのは寒さに弱いからですね。ですから、冬場の加湿に関して言えばそれほど神経質になる必要はありません。ダニの本番はあくまでも夏場です。

  3. ですが、ダニアレルギーをお持ちの方にはそうも言ってられないでしょう。その場合は湿度は60%くらいを上限として室温を18℃くらいに下げておくと効果的です。

  4. まあ、最も効果的なダニ対策はマメにお掃除をするのが一番なんですけどね(笑)

加湿器.jpg

結露

    結露のメカニズム
  1. 冬場の加湿で一番厄介なのがこの結露の問題ですね。こればかりは室内外の温度差がある限り完全に根絶する事は不可能です。要はどれだけ程度を抑えるかと言う事になります。

  2. 上の図はパナソニックのHPからお借りした「結露の出来る温度と湿度の関係」のグラフです。私がOpenOfficeで作ったグラフよりずっと綺麗ですね(笑)

  3. さて、窓ガラスが結露するメカニズムは図の通りです。仮に22℃の室温で湿度50%だった場合に、冷たい窓ガラスに部屋の空気が触れて急激に冷やされてる事で、空気中の水蒸気が飽和して水滴に変化して結露します。朝に大量の結露が起きるのは、寝る前に部屋の暖房を止めた事で明け方に大きく室温が下がった事から起こります。

  4. 湿度には絶対湿度と相対湿度と言うのがあるのですが、絶対湿度と言うのは空気中に含まれる水分の総量(g)を表し、相対湿度とはその割合(%)を指します。問題は絶対湿度と言うのは加湿や除湿をしない限り変わりませんが、相対湿度は気温によって大きく変化する事です。

  5. ここまでの話に出て来た「湿度」とはこの相対湿度の事を指しています。エアコンを使った暖房をすると湿度が下がりますが、これは空気は温められると大量の水蒸気を保持出来る様になり結果的に空気中の水蒸気の割合が下がる、つまり相対湿度が下がる事によります。

  6. 逆に気温が下がると水蒸気の割合が上がって行き、やがて相対湿度100%を超えると飽和状態になってそれ以上水蒸気でいられなくなって水滴に変化します。これが結露です。

  7. そんな訳ですから、結露を起こしたくなければ最初から湿度を低くするか、室温を下げないか、窓を二重にしたりして温度差を出さなくするしかありません。ですが、湿度を低いままにするのはインフルエンザ等のリスクを考えるとありえない選択ですし、一日中暖房を入れるのは不経済です。二重窓は効果が高いのですがコストもかかりますし、第一賃貸住宅にお住まいの方には不可能です。

  8. また、結露対策に関しては汎用の方法と言うのはありません。それはお住まいの地域、お住まいの住宅、お使いの暖房器具やライフスタイルによって大きく異なって来ます。ある人にとって有効でも別の人にとっては無意味な事もあります。その辺りも注意して下さいね。

  9. 結露対策で一番簡単で重要な事は過加湿をしない事です。まず正確な湿度計を買い適切な範囲で加湿する事、そして暖房を止めたら加湿器も止める。これだけでかなり違って来ます。

  10. 先にお話ししましたが、私の家では暖房をガスファンヒーターと石油ファンヒーターに切り替えました。ガスや石油は燃焼すると水分を発生します。特にガスの場合は大量の水分を発生しますので加湿器は必要ありません。電気以外の暖房をお使いの方は本当に加湿器が必要でしょうか? 正確な湿度計をお買いになって計ってみて下さい。私の家の加湿器は処分しました。

  11. 深夜の授乳等で暖が欲しい場合はハロゲンヒーター等の温風が出ないタイプを使う方法もあります。部屋は暖まりませんが遠赤外線の効果で人は暖まります。室温にあまり干渉しませんから急激に湿度が下がる心配がありません。加湿器を作動させる必要も無くなります。

  12. 結露対策はこれだけでブログ一つ作れるくらい様々なやり方があります。また、お住まいの環境によっても正解も異なって来ます。この項では加湿器と結露の関係に絞った話になりますからこれ以上話を広げませんが、ネットでお調べになった上でお住まいの環境に一致する方法を選んで下さい。

  13. そして何より、加湿器の使い過ぎは禁物ですよ(笑)

加湿器.jpg

アロマの薬害

    アロマ加湿器
  1. アロマは加湿とは直接関係ないのですが、最近は加湿器にアロマを加えて楽しまれる方が増えて来ました。特に安価な超音波加湿器をアロマディフューザーとしてお使いの方も多いみたいなので注意喚起として書いておきます。

  2. アロマとは植物から抽出した揮発性の有機化合物を精製濃縮した精油(エッセンシャルオイル)を使った一種の薬物療法の事ですが、この成分は必ずしも無害ではありません。特にネコやフェレットには特定の精油は非常に有害で強い中毒症状を起こして死に至るケースがあります。

  3. また、人の場合も一部の精油は陽を浴びると毒物に変化して、皮膚に塗った場合などはシミの原因にもなります。全てが有益で無害な訳ではありません。

  4. 「植物性」=安全みたいな考え方をする人が多いのですが、本来植物が発する香りや成分は人を楽しませるために分泌されている訳ではありません。植物が病虫害や動物の捕食を防ぎ自らを守るために発しています。お寺に植えられている植物は犬やネコが嫌う成分を分泌している物が多いですが、これは昔はお寺の裏が墓地で土葬だったからと言われています。また、トリカブトも植物ですが猛毒を持っています。

  5. ですから、アロマを使うなとは言いませんがアロマの薬害についてきちんとお調べになってからお使い下さい。特に超音波加湿器をお使いの方、あなたがお使いの超音波加湿器は方式上希釈された精油を直接吸い込むか肌に塗るのと同じ事になります。光毒性を持つ精油をお使いだとアロマを使った後で外出するとシミを増やす事になりますよ。

  6. また、ネコやフェレットをお買いになっている方は、あなたがお楽しみの柑橘系アロマはネコやフェレットにとっては水銀やカドミウム、六価クロムと同じです。毒素が徐々に体内に蓄積されて行き、やがて水俣病やイタイイタイ病などと同様にペットは苦しみ抜いて死に至ります。

  7. 「知らなかったから」「安かったから」なんて言い訳はペットの亡骸の前では通用しませんよ。

加湿器.jpg
加湿器その4。加湿器のコストや騒音と安全性へ進む
加湿器トップへ戻る
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ