空気清浄機その14。2012~13年日立製モデル購入ガイド

Kitty Gas Mask

日立製空気清浄機の2012~13年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. 日立の家電製品は空気清浄機に限らず非常に真面目で堅実な商品が多いのですが、反面、非常に地味で華に欠ける部分があります。宣伝も下手ですしプロモーションも苦手、今どきの役所の広報の方が面白い物を作るんじゃないかと思うぐらいダメダメです(笑)

  2. そんな訳で知名度人気共に低いのですが、別に空気清浄機はファッションアイテムではありませんから売れ筋だから良いと言う物ではありません。大事な事は投資に見合った仕事をきちんとしてくれるかどうかです。

  3. 果たして、日立の空気清浄機はいぶし銀なんでしょうか、それとも社畜なんでしょうか?(笑)

  4. 今回はそんなお話です。

Kitty Gas Mask

2013年日立製空気清浄機

2013年モデルの変更点

  1. 日立空気清浄機トップ 2013年秋冬カタログ 価格コム売れ筋ランキング
  2. 日立2013年新機能
  3. さて、お次は日立です。それでは2013年モデルの変更点を見て行きましょう。今年のモデルチェンジは日立らしく恐ろしいほどに地味です(笑)

  4. デザインはもちろん、恐らく主要な金型まで去年のモデルの流用でしょう。一番の変更点はプレフィルタがステンレスコーティングされ、吹き出し口とフラップがステンレス製に変更になった事です。他には給水タンクの吸水口が大きくなってタンク内部に手を入れられる様になったと言う事ですね。この二点が変更点になります。どちらもすこぶる地味なんですが、実用性と言う意味では一定の評価は出来る改修だと思います。

  5. この日立のステンレスによる除菌効果なんですが、通常のステンレスに銀や銅を加えて合金化した特殊なステンレスを使用しているものと思われます。ですから一般のステンレスには抗菌効果はありません。抗菌効果はこの銀イオンや銅イオンによるものですね。お間違いないように。

  6. 実際の効果は銀や銅の含有量によるので不明ですが、日立の場合は数年前からエアコンにこの抗菌ステンレスを使っています。ですから一定の効果はあるのでしょうね。また、ステンレスはプラスチックに比べると帯電しにくく、表面に傷も付きにくいためにホコリが吸着しにくくなる性質があります。劇的な効果はありませんが、堅実な改良と言えるでしょう。

  7. 給水タンクの吸水口が大きくなったと言うのは地味ですが評価できる改良です。特に加湿タイプは無理やりパーツを詰め込んでいますから、最終的に給水タンクにしわ寄せが行きます。どのメーカーの給水タンクも岡本太郎がデザインしたようなキテレツな形をしているのはそのためですね(笑)

  8. デザインはユニークでもメンテナンス性は最悪です。デコボコした給水タンクは不純物や水垢が溜まりやすく、じきに雑菌の培養タンクに成り下がります。それを考えるとタンク内に手を入れて掃除出来るメリットは大きいですね。清潔にお使いになりたいなら必須と言っても良いでしょう。

  9. そんな具合で、内容に関してはライバル他社に比べると圧倒的に地味なんですが、消費者目線で見ると一番実用的なマイナーチェンジをしたのが日立です。役には立つが華が無い、実に日立らしいマイナーチェンジですね(笑)

Kitty Gas Mask

2013年モデルの機能

始めに

    日立新機能
  1. それでは2013年モデルに実装されている機能や特徴についてお話ししましょう。とは言え、上で書いた2つの変更点以外は2012年モデルと全く同じです。デザインすら変えていません。まあ、空気清浄機なんて毎年モデルチェンジする必要はないのですが、色気がない事山の如しです(笑)

  2. もうちょっと商売に色気を出しても良さそうなんですが、これが日立の社風なんでしょうねぇ。逆に、在阪メーカー各社はもう少しドギツい色気を抑えてもらえると有難いのですが(笑)

Kitty Gas Mask

光アクティブ脱臭

    光アクティブ脱臭システム
  1. 日立最大の特徴であると共に最悪の機能がこれですね。光アクティブ脱臭とは光触媒加工した脱臭フィルタを集塵フィルタの前に配置して太陽光を取り込んで脱臭フィルタの延命を図るシステムです。配置の点ではシャープと全く同じ、同時にシャープと全く同じく大量の粉塵を吸い込む事で脱臭フィルタの寿命が縮まると言う欠点を持っています。

  2. 日立の場合は寿命を延ばすために光触媒加工をしているのですが、この光触媒を反応させる光源にUVランプを使用せず太陽光のみに頼っています。フロントパネルを半透明にして紫外線を取り込む設計になっていますが、空気清浄機を常時直射日光が当たる位置に置いている家庭がどれだけあるのでしょうか?もう、前提条件が非常識としか言えません。

  3. 仮に常時直射日光が当たったとしても、フロントパネル、プレフィルタ、ステンレスフィルタと遮蔽物が多いために投射面積は狭くなり、仮にこれらを取り除いたとしても光触媒が反応するのは脱臭フィルタ表層の一部分のみですから大した効果は得られません。

  4. 実際に同じ光触媒脱臭フィルタを使い、専用のUVランプまで装備しているカドーのフォトクレアシステムでさえ脱臭フィルタの寿命は1年です。こんな虫のいい条件設定でどれだけの効果が出るのか疑問しか残りません。

  5. 光触媒には蛍光灯の光でも反応する高価な物がありますが、わざわざ太陽光と明記しているからには安価な太陽光でしか反応しない光触媒を使っていると思われます。光になら何でも反応するならともかく、太陽光以外役に立たない半端なシステムで「脱臭力を回復」なんて言われても誰も信じないでしょう。

  6. また、脱臭フィルタに付く粉塵の問題も解決していません。シャープなどは「騙されて買う奴が悪い」とばかりに何の対策もしてませんが、日立はこの事を良く理解していますから脱臭フィルタにステンレスコートしたメッシュのフィルタを取り付けています。早い話がプレフィルタを2重にしたと考えて下さい。この事で脱臭フィルタを目詰まりさせる粉塵の量を減らそうとしていますが、多少軽減は出来ても防ぎ切る事は出来ません。時間経過と共に風量は落ちて異臭が発生するでしょう。

  7. 結局、この脱臭フィルタを集塵フィルタの前に配置すると言うやり方はメリットよりデメリットの方がはるかに大きいのでまともなメーカーは真似しようとしないのです。真面目なだけが取り柄の日立が何でこんな物に手を出したのか分かりませんが、たぶん魔が差したのでしょうね。何だかワイドショーネタみたいですが(笑)

  8. 面白い事にこの光アクティブ脱臭を搭載しているのはEP-JV700だけです。そして、全く同じスペックで通常のフィルタ配置の兄弟機EP-JV600を出しています。日立の空気清浄機は全部で4モデル、加湿空気清浄機は2モデルしかないのに、その違いはフィルタ配置だけと言う摩訶不思議な事になっています。

  9. そう考えると光アクティブ脱臭を搭載したEP-JV700は「光触媒」と言いたかっただけの宣伝用モデルで日立の暗黒面を代表し、EP-JV600は実用と誠実さを表した日立の光明面を代表するモデルかもしれません。

  10. カインとアベルみたいな話なんですが、間違ってもカインは選ばない事ですね(笑)

Kitty Gas Mask

ステンレス・クリーンシステム

    ステンレスクリーンシステム
  1. こちらは冒頭で詳しくお話ししたシステム、と言うか単に幾つかのパーツをステンレス製やステンレスコーティングした物に換装しただけの事ですね。まあ、針小棒大なのは空気清浄機界の常識みたいなものですから、話半分ぐらいに聞いておいて下さい(笑)

  2. 最初にお話しした通り、これはこれで一定の効果はありますしステンレスになった事による不都合もありませんからポジティブな物と捉えて良いでしょう。とかく空気清浄機は不潔になりがちですから、清潔寄りの機能と言うのは評価できると思います。

Kitty Gas Mask

広口給水タンク

    広口給水タンク
  1. こちらも今年からの改良点ですね。日立の除加湿モデルは以前から水タンクの蓋が開いてお手入れしやすかったのですが、加湿モデルも給水口が広口になって便利になりました。給水タンクのお手入れに手を焼いていた皆さんには写真の様な広口の利便性は良くご理解できると思います。

  2. また日立の給水タンクは写真の様にデコボコが少なく、こちらもお手入れが楽なので評価したいですね。地味ですが実用性は高いです。

Kitty Gas Mask

リモコン

    日立リモコン
  1. 日立の特徴の一つがこのリモコンが標準装備されている点です。まあ、空気清浄機と言う機械の性質から言って実際は有っても無くても特に不自由はしないのですが、高齢者や体が不自由な方には便利な装備だと思います。

  2. まあ、これが大きな特徴の一つに数えられる時点で、かなり地味なんですけどね(笑)

Kitty Gas Mask

加湿機能

    日立加湿機能
  1. 他の家電メーカーの加湿フィルタは円形で回転するタイプが多いのですが、日立の場合は単体加湿器と同じ四角いタイプを採用しています。まあ、どちらが良いのかと言われても難しいのですが、モーターに十分な力があれば特に優劣はありません。

  2. 円形タイプの方が圧力損失は少なそうですから、大きな円形タイプに換装すればスペック的には能力上昇するのでしょうが、今度はスペースの問題が出て来ますね。日立はスペック値を少々上げる事よりもファンやモーター部分に十分なスペースを与える事を優先しているのでしょう。これが設計思想の違いって奴ですね。

Kitty Gas Mask

2013年モデルの機能、スペック一覧

始めに

    日立2013モデル
  1. それでは2013年各モデルに搭載されている機能とスペックを見て行きましょう。とは言え、日立の空気清浄機は全部で4モデルしかありません。除加湿モデルと空気清浄モデルがそれぞれ1機種、そして加湿モデルがカインとアベルの2機種です(笑) 実質、各タイプ1機種の3種類だとお考え下さい。

  2. そして一部の仕様変更を除くと2012年モデルと全く同じです。スペック差はありませんから仕様差のみ、つまり一部のステンレス化と給水タンクの広口化だけです。この仕様差をどう判断するかによって、どちらの年度のモデルを選ぶかの分かれ道になります。価格差とにらめっこしながら決めて下さい(笑)

Kitty Gas Mask

2013年モデルのスペック

    epjv1000
  1. 日立の空気清浄機は全モデル「クエリア」と言う愛称に統一されています。まあ、全4モデルですからダイキンみたいに分ける必要がないのでしょう。「クエリア」は綺麗な響きの言葉ですが、いまいち印象に残らないのが日立らしいところでしょうか(笑)

  2. それと、EP-JV700のスペックは一部を除いてEP-JV600と同じです。違いは脱臭フィルタと最大風量だけですね。ですから、独立ささずにEP-JV600の特記として割愛しました。

  3. 型番EP-JV1000EP-JV600EP-JZ30
    空気清浄適用床面積(実質)~25畳(12.5畳)~24畳(12畳)~15畳(7.5畳)
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)~25畳(12.5畳)~20畳(10畳)なし
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~8.5畳(14畳)~10畳(17畳)なし
    徐湿時空気清浄適用床面積~25畳なしなし
    徐湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~8畳(12畳)なしなし
    集塵方式HEPAHEPA高性能
    脱臭フィルタ(EP-JV700)活性炭活性炭(光触媒脱臭活性炭
    風量(㎥/分)(EP-JV700)6.5~0.86.3~0.6(6~0.6)3.2~0.5
    消費電力(W) 除湿時消費電力(W)56~4 550~29053~538~14
    運転音(dB)48~1448~1349~17
    センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、湿度臭い
    加湿量(ml/h)540630なし
    徐湿量(L/日)6.5なしなし
    タンク容量(L)除湿加湿とも3.52.3なし
  4. 3タイプ4機種を一つの表にまとめましたが全部機能が異なっています。ですから一つづつ見て行きましょう。その前に表の見方を少しご説明しますね。

  5. 適用床面積の(実質)と言うのは集塵フィルタの経年劣化を考えた場合に、フィルタ交換直前の実質的な最大適用床面積の数値の事です。こちらでお話しした通り、空気清浄機を使う限りはどんどんフィルタが目詰まりして捕集能力は落ちて行きます。能力が落ちた時でも部屋全体をリカバーするには、あらかじめ劣化のマージンを取っておかねばなりません。そのマージンを差し引いた数値が(実質)になります。これはあくまでも最大値の目安ですから、狭い部屋で使えばそれだけ相対的な能力は上がります。

  6. 空気清浄適用床面積と加湿時空気清浄適用床面積は、それぞれ空気清浄機能だけを使った場合と加湿機能も併用した場合の適用床面積の数値なんですが、日立の場合はシャープに比べて数値低下が低く実用性が高いですね。特にEP-JV1000は全く数値が落ちていません。なかなか優秀だと思います。

  7. 加湿時空気清浄適用床面積と言うのはその名の通り、加湿機能を作動させている場合の空気清浄能力の事です。日立は平均的な加湿量ですから、加湿機能を作動させている場合の適用床面積は空気清浄機能のみに比べて半分以下に落ち込みます。特にEP-JV1000は3分の1以下にまで落ちます。何れにせよ加湿機能をお使いになるなら、こちらの数値に合わせてモデルを選んで下さい

Kitty Gas Mask

EP-JV1000

    EP-JV1000
  1. それでは除湿加湿モデルのEP-JV1000から見て行きましょう。恐らくこちらを購入しようとする方はダイキンのクリアフォースとの競合になると思います。その辺りも加味して見て行きましょう。

  2. EP-JV1000は除湿加湿空気清浄機としての完成度は高いです。スペース的には8畳程度が限界になりますが、その場合は風量、消費電力、運転音とも数値的には優秀です。ただ、運転音に関しては数字よりうるさく感じると言う口コミを見かけました。掃除機の回にお話ししましたが、dBが同じでも音質によって不快感が増す場合と減る場合があります。こうしたきめ細やかな気配りに欠けるのも日立の特徴です(笑)

  3. 加湿適応床面積から比較すると、クリアフォースは11畳でこちらは8.5畳と能力的にはクリアフォースより一回り小型になりますが全体のバランスは悪くありません。特にエコを売りにしているせいか、除湿以外の最大電力消費量がクリアフォースの半分程度とかなり優秀ですね。この辺りは優秀なモーターを作っている日立ならでは技術が反映しているのでしょう。

  4. 問題は除湿時の消費電力です。これは日立はデシカント式、ダイキンはコンプレッサー式と言う方式の違いによる物ですね。クリアフォースの2011年モデルはデシカント式なんですが、こちらは消費電力が580~200Wあります。ですからEP-JV1000の消費電力が特に高い訳ではありません。

  5. ただ、2013年モデルに関してはEP-JV1000が550~290Wあるのに対してクリアフォースは205~200Wと強運転では半分程度になります。除湿以外ではEP-JV1000の方が省エネになりますが、除湿運転を多用されるご家庭ではトータルで大きな差になって来るのは事実ですね。判断の難しい所です。

  6. ただ、クリアフォースの2013年モデルは大幅に設計変更したフルチェンジモデルだけに、目玉であるコンプレッサー式の完成度は未知数です。これの出来如何によっては天国にも地獄にもなりますが、この稿を書いている段階ではまだ判断がつきかねます。申し訳ありませんがサイコロでも振って下さい(笑)

  7. EP-JV1000は完成度は高いですが、競合機として考えるなら同じデシカント式のクリアフォースの2011年モデルと比較した方が良いかも知れませんし、購入を考えるなら旧型のEP-HV1000と比較されると良いでしょう。こちらは能力が同じで価格は半分以下で入手可能です。

Kitty Gas Mask

EP-JV600と700

    EP-JV700
  1. お次は加湿機能付きモデルのEP-JV600と700の兄弟機です。能力的には実に平均的ですね、特に突出している所も無ければ劣っている所もありません。ただ給水タンクの容量がちょっと小さいのが気になりますね。他メーカーの競合機とは1L程度の差になります。お手入れは楽ですが水汲みの回数は確実に増えるでしょう。まったく、上手く行かない物ですね(笑)

  2. それ以外は実に平均的でオーソドックスな作りになっています。必要な物を必要なだけ集めて無難に作った空気清浄機と言うところでしょうか。この場合の無難は悪い意味ではありません。元々、空気清浄機はほとんど改良余地が無い家電製品です。ですから、海外主要メーカーは数年に一度マイナーチェンジをするだけですね。本来はその程度で十分なんです。

  3. EP-JV700は問題外なので、実質的に日立の空気清浄機は3択になりますが、その中でお勧めなのはこのEP-JV600になります。オカルトイオンも無ければオゾン漏れの心配もいらず、メンテナンスも楽です。ややこしい機能もいらなければ面倒なお手入れも御免だとおっしゃる方はこちらを選んで下さい。

  4. 余談になりますが、日立の家電製品の口コミの少なさには辟易としますね。どのモデルの空気清浄機も月産5000台程度は生産してる筈ですからもう少し口コミがあっても良いと思うのですが。

  5. 恐らく、日立の場合はグループ企業の人達がお買いになるのが多いのでしょうね。系列を合わせると相当な数になりますから、宣伝しなくてもある程度の数は出ちゃうのでしょう。茨城方面では家電製品は全部日立なんて言うご家庭も多いのだと思います。

  6. 比較するライバル社の商品をお買いにならないからなのか、はたまた身内の恥を晒す訳にはいかないからなのか分かりませんが、日立の家電製品をお持ちの方はもっと口コミを書いて下さいね。

  7. 何せ、私が困りますから(笑)

Kitty Gas Mask

EP-JZ30

    EP-JZ30
  1. ラストはEP-JZ30です。日立の空気清浄機の中で最も人気があるのがこのシリーズです。一番の理由は1万円を切る手ごろな価格なんでしょうが、日立の空気清浄機の中でこのシリーズだけが中国製です。と言うのは下のコメントにもある様に私の早合点で、紛うこと無き日本製です(笑)

  2. この場を借りて、改めましてすみませんでした。

  3. スペック的にはEP-JV600の半分以下の能力ですが、価格も半分以下なので値段通りの性能と言う事になります。風量が少ないので6畳程度で使うのが限界ですが、奥行15cmとコンパクトで低価格なので一番手を出しやすいモデルではあります。

  4. フィルタ寿命は2年と短いですが、これは集塵と脱臭が一体化したフィルタなので仕方ありませんね。逆にフィルタ1枚交換するだけで集塵と脱臭の能力が回復します。決してお安くはないのですが割高と言うほどではありません。値段相応の能力です。

  5. 運転音と最少消費電力を見て頂けると分かりますが、この辺りはチャイナクォリティー丸出しです。つまり弱運転で音、振動共にうるさいですから寝室等には不向きです。メインで使うと言うよりもタバコ用とかペット用とか、サブ機のような位置づけで用途を絞ってお使いになる方が適しています。

Kitty Gas Mask

2012年以前の日立製空気清浄機

    EP-HV600
  1. 最初にお話しした通り、2013年モデルの変更点は一部パーツのステンレス化と広口化のみですから大きな違いはありません。違いと言えば、EP-JZ30のフロントパネルのデザインが若干変更になったぐらいでしょうか。そんな訳ですから、特にステンレス化や広口化に興味がないなら価格のこなれている2012年モデルの方がお安く手に入ります。

  2. スペック的にも同じです。EP-JZ30の運転音が若干上がった以外は同じですから、純粋に一部仕様の変更のみとお考え下さい。特にこだわりが無いならお安い方をお選びになれば良いと思います。

  3. この稿を書いている時点で写真の2012年モデルEP-HV600の最安値は1.5万円、2013年モデルEP-JV600の最安値は4万円です。倍以上違いますから、あえて2013年モデルを選ぶ理由は私には見つかりませんね(笑)

Kitty Gas Mask
空気清浄機その15。2012~3年モデル購入ガイド(1万円未満のモデル)へ進む
空気清浄機トップへ戻る
関連記事

コメント

EP-JZ30について
はじめまして!
このEP-JZ30、実はれっきとした日本製です。
以後ご承知置きを。

※この他の記事も楽しく読ませていただいております!
まだ全ては読んでおりませんが、家電品を買う時は参考にさせていただきます^^
Re: ありゃりゃ

へへっ、すみませんでした。確認したら検査屋さんのおっしゃるようにEP-JZ30は日本製でした。すんません。

実はアマゾンで旧型のEP-EZ30だ中国製との表示がありましたから、てっきりEP-JZ30も中国製だと思ってました。
私の早とちりアンド早合点でした。日立の関係者の皆様にはあらためてお詫び申し上げます。

平にご容赦を<(_ _)>

お尋ねいたします。
以前より参考にさせていただいております。
母にもこちらのサイト紹介しましたら、面白がって読んでいるようです。

日立空気清浄機について教えていただけますと助かります。
お手数をおかけし申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

サイト上で、EP-JV700のステンレス・クリーンシステムを、
「最初にお話しした通り、これはこれで一定の効果はありますしステンレスになった事による不都合もありませんからポジティブな物と捉えて良いでしょう。とかく空気清浄機は不潔になりがちですから、清潔寄りの機能と言うのは評価できると思います。」
と評価されております。

そのあとに
「EP-JV700は問題外なので、実質的に日立の空気清浄機は3択になりますが、その中でお勧めなのはこのEP-JV600になります。」
と書かれております。

ステンレスクリーンシステムは、EP-JV700に搭載されており、EP-JV600には搭載されていないと理解しております。(日立のサイト拝見しました)
わたしの勘違いで、JV700とJV600両方にステンレスクリーンシステムは搭載されているのでしょうか。

どちらかを購入したいと考えております。JV600もステンレスクリーンシステム搭載ならば、JV600が良いと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。
今後も参考にさせていただきます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お返事が遅くなってしまいました。

おっしゃる通り、ステンレス・クリーンシステムを搭載しているのはEP-JV700と1000のみで、残念ながらEP-JV600には搭載されていません。で、EP-JV700が問題外と言ったのは、あの「なんちゃって光触媒」のために脱臭フィルタを前に置く配置になっているからですね。これは売る側にはメリットがあっても買う側にはデメリットの方が多いのでお勧めしません。

ただ、ステンレス・クリーンシステム自体は個人的に評価しているのでそう書いただけですね。是是非非と言う奴ですよ。

ですから、日立のステンレス・クリーンシステムを採用した空気清浄にお勧めモデルはありません。
ですが、日立の空気清浄機の中ではEP-JV600がお勧めだと言う事ですね。


それと日立は今、このステンレス化がマイブームになっているみたいで空気清浄機以外にエアコンなんかもステンレスパーツを増やしています。ですから、ひょっとした秋口に出るであろうEP-JV600の後継モデルには採用されるかもしれません。

もっとも、日立は商売気に欠けるために新型モデルは非常に割高な価格設定になりますから正直お勧めは出来ませんけどね(笑)


お母様にもよろしくお伝え下さい(笑)

除湿ですか

お話の通り、お部屋の除湿に関しては除湿機よりエアコンの方が能力が高い上に経済的ですね。


除湿機には2方式あって、コンプレッサー方式はエアコンの室内機と室外機を一つにして水タンクを付けた物で能力は高めですが大型でお値段もお高くなります。

もう一つのデシカント方式は湿気を乾燥材で吸い取って、ヒーターで加熱させて水として取り出します。こちらは能力的には若干落ちますが、小型で安価です。但し、ヒーターを使う関係上、室温が2℃ほど上昇しますので梅雨時に使うのは罰ゲームになります(笑)

しかも電気をバカ食いしますから、エアコンの電気代で頭を抱えているのすけさんの場合は月末に請求書を見て気を失う事になるでしょう(笑)


基本的に除湿機と言うのは「エアコンを取り付けていない部屋の湿度を下げる緊急避難的な装置」だと思って下さい。緊急避難的な物ですからエアコンよりも能力は劣りますし電気代もかかります。

残念ながら、除湿機はローコストに家中の湿度を下げてくれる魔法のグッズではありません(笑)

エアコンがあるならエアコンで除湿するのが最もパワーがあってしかも経済的になります。
ですから、除湿機を作るメーカーも少なく、商品も少ないのですね。
なぜなら、あまりにも効率が悪すぎて誰も買わないからですよ(笑)

ありがとうございますm(_ _)m
りぺ屋さま、お忙しい中早速のご丁寧なご回答をありがとうございましたm(_ _)m

分かりやすくて納得しました。

昨日某電気屋さんでは、JV700は税別37905円、JV600は取り寄せのみで税込40937円でした。
某電気屋ウェブですとその半額くらいでした。
買うならできるだけ安く手に入れたいと思いました。
りぺ屋さまのおっしゃる通り、あくまでも補助的な道具ということを肝に命じ、焦らないで落ち着いて買う判断しようと思います。

除湿機のご説明までありがとうございました。
なるほど!です。勉強になります。
緊急避難的な装置なのですね。
エアコンを使わないために除湿機購入を考えておりましたので、除湿機購入は見送り、エアコン代を気にせずエアコンドライを使ってみようと思います。

思い切ってご相談して良かったです。
どこかで魔法の家電と信じ、除湿機と空気清浄機を買ってしまっていた気がします。

非公開にしてしまいましたが、みなさまの参考になりますので、前回の除湿機のコメントを公開していただいても構いません。
よろしくお願いいたします。

どうぞご自愛くださり、これからもサイトの更新をお願いいたします。
楽しみにしております。
2014年モデル(EP-KVG900)について
この度初めて空気洗浄機の購入を考えており、貴サイトを大変参考にさせて頂いております。

堅実な作りという点から、日立製が良いかと考えております。

さて日立の2014年モデル(EP-KVG900)ですが、2013年モデルより大きく変わっているようです。光触媒も無くなって、より堅実な作りになったのかと思っています。

簡単で構いませんので、管理人様の評価を教えていただければお思います。私の使用環境は以下のとおりです。

<当方の使用環境>
・賃貸アパート3階建ての3階
・11.5畳のLDK+6畳の洋室が続きになっている空間(共にフローリング)で利用予定
・嫁さんの花粉症対策と、8月に子供が生まれる予定のため、購入を考えている
・加湿機能は掃除が面倒なので利用予定なし
・嫁さん要望により手入れの簡単さも重要な指標




EP-KVG900の評価ですか

EP-KVG900についてはおっしゃる通りだと思います。役に立ちそうもない光触媒からスタンダードなフィルタ配置に戻しましたし、野暮ったいデザインも日立にしては洗練された物に変更されています。この前面パネルは強化ガラスで出来ていますが、ハンマーで叩いても割れない強度になっています。また、脱臭フィルタも水洗い出来るタイプに変更になっています。地味ですけど(笑)

元々日立の空気清浄機は、以前からステンレス部品を多用する等、他社には無い地味だが役に立つ仕様になっていましたから、おかしな事をしなければ良い空気清浄機でした。そう言う意味では全体的に実を取った好印象なモデルチェンジになっています。

ただ、吸気が背面吸気に変更されましたから設置場所を選ぶ様にはなりました。本体両側面には一定の空間が必要になります。


ととあんさんの環境からすると少しパワー不足な気がしますが、主用途が花粉対策やハウスダスト等の軽減なら体感出来る程度の効果はあるでしょう。

例によって工作員を動員しない伝統により、価格コムなんかでは扱いがぞんざいですけど人気よりも良い空気清浄機だと思います。なまじ人気が無いおかげで同程度の能力のライバル機よりお安く入手出来るのも良いですね(笑)


そんな訳ですから、私の個人的な感想としては全体的に良い空気清浄機だと思います。
これから先は値上がりする一方ですから、なるべく早い目に入手して下さいね。

No title
返信ありがとうございました。
大変参考になりました。
この機種を購入することになると思います。

お隣から侵入するタバコの煙対策について
こちらのサイトは実用的な情報が多く、とても参考になります。
タバコの煙対策としての空気清浄器の選び方について質問させて頂きます。

自身が喫煙する場合の空気清浄器の選び方は読ませて頂いたのですが、今回はマンション住まいでお隣の排気口から出るタバコの煙がこちらの部屋に入ってきてしまう場合にどういった物を選べば良いか悩んでいます。

1Kのマンションで、排気口、給気口ともにベランダ側にあり、お隣の排気口とは50cmも無い位の間をおいて横並びになっています。煙を入れないのがベストだと思うのですが、管理会社に相談して色々試しましたが、どうしても入ってきてしまいます。そこで入ってきたものを少しでも軽減させるために空気清浄器を選ぶとしたら、どの様な観点で選んだらよいのでしょうか?
自身がタバコを吸う場合と同様に、パワー重視になるのでしょうか。

空気清浄機ではタバコの有害物質は除去出来ない様ですし、あまり意味はないでしょうか。
のどを痛めて咳が出てしまうので、少しでも効果があれば試したいと考えています。
ご面倒な質問ですが、アドバイスがあればよろしくお願い致します。

難しいですねぇ

まず最初にタバコの煙の健康被害について少し整理しておきましょう。

タバコの受動喫煙による健康被害は、喫煙者と同じ部屋にいる場合のリスクですからこの場合はあまり該当しないと思いますよ。1日中換気扇に顔を突っ込んでるならともかく、換気扇から放出された気体は一気に拡散するので濃度的に大きなリスクにはならないでしょう。健康被害の心配なら大きな国道の側に住む方が高いと思いますよ。何せお隣さんは24時間タバコを吸い続ける訳ではないでしょうからね(笑)

ですから、この場合の問題はタバコの健康被害ではなく、タバコ悪臭によるご近所トラブルと考えた方が良いと思います。咳が出るのはタバコの臭いに対する嫌悪感や不快感から来るのではないでしょうかね。


この臭気に対するご近所トラブルは非常に多くて、タバコはもちろんアロマやファブリーズの臭いまで原因になっています。共通しているのは臭いを発する側は全く無自覚で、知らない内に周りに迷惑をかけていると言う事です。難しい問題ですね。


でね、この臭いに関しては家電で解決するのはまず不可能だと考えて下さい。空気清浄機や消臭器を使えば若干軽減する事は出来るでしょうが、臭いの前では気休め程度の効果しかありません。なぜなら、臭いと言うのは化学物質でウィルスよりも小さな物ですから機械で捕集しきる事はまず出来ません。人が出来るのは物理的に空気を遮断する事だけですが、実験室ならともかく一般の住居ではこれも不可能です。

そんな訳ですから、この問題を簡単にそして最もローコストに解決するには「引っ越しする」と言うのが一番になります。これは冗談ではなくて、仮に何台もの空気清浄機を稼働させても臭気を完全に消し去る事は不可能ですし、その出費と不快感から来るストレスの総量を考えると臭い物から逃げるのが一番だと思いますよ。


まあ、転居に関してはご都合もおありでしょうから、それまでのつなぎとして空気清浄機を使う手もあるでしょう。その場合はお話の様にパワー重視でお選びになって下さい。相手が臭いの場合は消臭フィルタへ取り込まなければ全く処理できませんから風量こそ正義になります。

メーカー機種は問いません。予算の許す範囲でなるべくパワーのある物をお選びになって下さい。

ありがとうございました
丁寧なご回答ありがとうございました。
やはり引っ越しがベストなんですね。しかしすぐには引っ越し出来そうにないので、それまでのつなぎとして、空気清浄器を利用しようと思います。花粉やハウスダストにも少しアレルギーがあるので、そちらの効果も考えると無駄にはならないかと思いました。

現在購入を考えているのが、日立のEP-KVG900なのですが、背面吸気という事で置き場所の点で悩んでおります。壁面は家具が並んでおり、設置する際に後方は家具の前かカーテンの前になってしまいます。家具の場合は取り扱い説明書にある様に3cm以上、カーテンの場合、カーテンが吸い込まれない距離を取れれば問題ないでしょうか。側方は30cm位のスペースは取れます。

就寝時は部屋の中心に持ってこようかと思うのですが、普段生活している時は邪魔になるので、やはり隅の方に追いやる事になります。前面吸気のパナソニックの方が置き場所に困らず、気流も起こしやすいかなあと迷っております。パナソニックを選ぶと予算の関係でパワーの落ちるF-VC70XKになります。

度々の質問で申し訳ありませんが、ご意見頂けると助かります。

そうですねぇ

一口にカーテンと言われましても、薄いレースの物もカーテンですし重い遮光タイプのドレープカーテンもカーテンです。そんな事を私に言われても分かる訳ありませんよ。

そう言う事は日立のサポートに聞いて下さい(笑)


設置に難点があるなら普通はパナソニックをお勧めする所なんですが、カズさんの場合は空気清浄機を導入する主目的はあの忌々しいヤニ臭さから逃れる為です。今の所、空気清浄機がその唯一の手段で、室内の環境はそれを効率的に働かせる要因に過ぎません。

つまり最良の方法とは、予算の許す限り最大風量の空気清浄機をお買いになって、環境に問題があるなら環境の方を変えるべきだと言う事です。余計な荷物は二階の窓から放り投げてスペースを確保して下さい(笑)


部屋の片づけを面倒がってヤニ臭い空気を長時間吸い続ける事を選ぶか、部屋を綺麗に片づけて短時間でヤニ臭い空気とおさらばするか、どちらをお選びになるかはカズさん次第です。

今年初めて空気清浄機を買うために
情報収集していたところこちらのサイトにたどり着きました。
日立の最初はシャープやダイキンを考えていたのですが色々な面を考慮した結果
日立のEP-KVG900を購入する事に決めました。
今は到着待ちの状態です。

すごく助かりました。
ありがとうございました。
まだ使用していないので、分からないことがあった際には質問させて頂くと思います。
宜しくお願いします。
空気清浄機の購入について
空気清浄機について調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。
赤ちゃんが生まれたため、空気清浄機の購入を考えています。

使用環境と購入条件は、
①リビング(12畳+6畳)で使用予定
②赤ちゃんがいるため、オゾンがでないこと
③花粉+ハウスダストの除去が目的
④予算4万円以内

の4点になります。
自分なりに調べてみたところ、日立のEP-KVG90を加湿機能は使わず(カビの発生が怖いので)、空気清浄のみの使用が良いかなと考えています。

そこで教えていただきたいのですが、当該機種は、オゾン生成をしないもので間違いないでしょうか。

また、日立のHPを見ると、「銀イオンファン」なるものがついているのですが、これはファンに銀イオンをつけることでファンに菌がつかないようにしたもので、いわゆる抗菌仕様の便座や電車のつり革と同じようなものでしょうか。「銀イオンファン」で排出された空気を吸うと健康に良くないのかと心配しております。
はい、いつでもどうぞ

お役に立てたのなら幸いです。
分からない事があったらいつでもいらして下さい。


返事は遅れるかもしれませんけど(笑)

大丈夫ですよ

EP-KVG900はオゾンの類は一切使用していませんから安心して下さい。

それと銀イオンファンと言うのはお話の通り、送風用のシロッコファンに微量の銀をコーティングして抗菌性を上げているだけですね。ファンを回転させたからと言ってイオンが飛び回る事もありませんし、仮に飛び回ったとしても銀はスプーンに代表される様に人体には無害ですから安心して下さい。


と言う事で、どちらも全く心配いらないと言うのがお答えになります。

購入しました
日立のEP-KVG90を無事に購入し、現在使用中です。シャンパン色にしたのですが、なかなか良い色です。日立に似つかわしくない、センスの良いデザインに満足しております。(笑)

「銀イオンファン」の件についてですが、これをわざわざアピールする必要があるのか?とちょっと疑問ですが、このあたりがリペ屋さん曰く、「国立理系男子」のセンスなのでしょうか(笑)
あまりアピールする部分がないための苦肉の策かもしれませんが、堅実な造りの空気清浄機と個人的には解釈したいと思います(笑)

まあ、我が家には赤ちゃんがいるので、この空気清浄機のように余計なものはついてない方がありがたいのも事実です。日立には堅実なメーカーとしてこれからもがんばってほしいです。

リペ屋さん、ありがとうございました。
ですよねー(笑)

日立の空気清浄機はこれと言ったアピールポイントが無いのですから、清潔アピールをしたいならもっと徹底的にすれば良いのですよ。

本体内部に本格的な防汚加工をしてフィルタのフレームもステンレス化し、その上でラボで空気清浄機に5年分のホコリとカビを吸わせた後で中を見せて、雑巾でさっと拭くだけで綺麗になる所を見せれば良いのですよ。シロッコファンも銀イオンコートありと無しを実際に比較して見せれば効果が分かるでしょう。

空気清浄機はお部屋の汚れを集める装置ですから、言うなればリビングのトイレみたいな物です。この手の家電のお手入れは奥様方がやらされますから、清潔さとお手入れの楽さを集中的にアピールすれば綺麗好きな奥様方が選んでくれると思うのですけどねー。


日立のアピールの仕方は一通りお題目は並んでいるけど、どれも無味乾燥した説明だけで女性の情感に訴えかけて来ないのですよねー。何と言いますか、致命的に官能性に欠ける所がありますね。

その辺りが「国立理系男子のセンス」って奴です(笑)


ま、そのおかげで不人気で安く買えるのですけどね(笑)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですねぇ

室内の空気の流れと言うのは複雑怪奇な代物で、ちょっとした事でも大きな影響を受けてしまいます。例えば室内照明をシーリングライトからペンダントライトに変えると、厳密に考えると悪影響になってしまいますね。

当然ですが空調機器に取って理想的な部屋と言うのはある事はあるのですが、そうした物は住んでる人にとっては快適とは言えない代物になってしまいます。何せ家具を一切置けませんからね(笑)


確かに、細かく間仕切りされた複数の空間を1台の空気清浄機で浄化するのは時間もかかりますし効率も悪いのですが、だからと言って何台もの空気清浄機を置く訳にも行きません。理想的で無いからダメだと言っていては先へは進めませんし、1台で完全にカバー出来る物もありません。

こうした複雑怪奇な物は眉間にしわを寄せてベストな物を求めるよりも、肩の力を抜いてベターな物をお選びになる方が良いと思います。

まずパワーのありそうな物を1台導入してみて、それに不満があればサブ機を追加してやれば良い訳ですね。不満が出なければそれでハッピーエンドです(笑)


まず1台お買いになって満足ならそれで良し、不満ならもう1台追加、そしてその2台が壊れたら次はもっとパワフルな物に買い替えれば良いのですよ。

別に空気清浄機を1台買ったからと言って、それを墓場まで持って行く物ではありません。

何も新しい旦那を選ぶ訳ではありませんから、もっと気楽にお考え下さい(笑)

ご返答感謝です!(長文御容赦です)
お忙しい中、ご返答感謝申し上げます!

貴殿のサイトを読んでから、我が家に適切だろう日立社製モデル3種を選択しました。
因にEP-JV600、EP-KVG700、EP-KVG900。心の決定品はEP-KVG700です。

 4/5日曜日 ♪新製品が安い〜電気屋さんへ…
丁度、「HITACHI」のネームカードを下げたおじさんが声をかけてきてくれ、「日立社製の製品がとても性能が良いと聞いたので」と前置きし、その3種の性能の違い等について色々伺おうと話しを切り出すと「まぁその辺の所は説明書に色々書いてあるので読んでみて下さい」って!(爆)
返り討ちです(笑)『わ〜っこの人ホントに日立の人かな…?』と思いつつ、EP-KVG700で値段交渉をすると3万6千円台が税込み3万円になったので、即決しました。
価格.comで最安値が2万9千円台後半だったので、お陰さまでかなり納得の買物が出来ました。
本当に感謝申し上げます!

 結論から言うと、効果は抜群!です。
こんなに違いますかね…?色んな意味で恐ろしささえ感じています…(汗)
久々にマスク無しで就寝出来、朝も快適です。

《良い点》
*音が非常に静か。
6帖の寝室、頭の上に設置(するしかない)していますが、「花粉」「eco」モードどちらでも全く気になりません。
*給水のタンクは、冷蔵庫の製氷用給水タンクの構造と似ていますね。
タンク自体はタッパーの様で、とても洗い易いし、水も入れ易い…。
*フィルターも自分でお手入れが出来る物ばかりという点が、非常に安心感あります。
4/8(水)3.5日間使用時点で、「プレフィルター」にうっすらほこりが見えます。
空調機のフィルターと同じ要領でお手入れ出来て便利でした。
*各フィルターや給水のお知らせ方法が、それぞれあって親切だなと感じています。


《イマイチだった点》
*ガラスパネルの湿度表示とクリーンモニター表示が明る過ぎ!
部屋の照明を消しても部屋が満遍なく薄ら明るい!明るいんですよ!冷蔵庫を開け放っているかの様な明るさ…というと的確でしょうか?これには正直驚きました。
湿度表示/クリーンモニター表示はもっと小さくても良かったんじゃないか?…と。
人間工学的にあのサイズになったのでしょうか?
「就寝モード」とか、調光か照度フェードアウトする機能が欲しかったな〜っと想っています…(泣)
*キャスターが4輪ついている…と宣伝にあり『それならこの重量でも安心♪』と思いましたが、横方向にしか動かないんですね、コレ(汗)。買ってから初めて解りました…。


《 蛇足…昨日4/7、日立の「お客様相談センター」でのQ&A 》
 間取りを説明して「狭い空間での浄化効率の良い設置場所を教えて欲しい」と、聞いてみました。
元修理屋さんのご助言通り、大空間が確保出来ない場合は難しい効率に成らざるを得ないと…。
廊下の様な細長い長方形の空間の場合、「長手方向を背にして本機を設置し、空気を吸わせるのが良い」との回答でした。あくまでも、清浄したい空気を本機に吸わせる事が優先…という事なのですね〜。
その際、必然的に本機全面の清浄化された空気が吹き出す空間が狭いので、風量を加減・調節しながら設置位置を横方向へずらせて行く様にして下さい、と。
ナルホド…私は短手方向の壁面を背にして浄化空気を長手に開放する設置がベターなのでは?と考えていました。
現在は、その都度各部屋へ運び、クリーンになったら廊下…と。今のところそれで充分効果的です!

 花粉症を発症し、元修理屋さんのサイトをきっかけに、色々知る事が出来ました。
本当に感謝申し上げます!他の家電を購入する際も、またこのサイトに戻って参考にさせて頂きたいと思っています。
因に、私の母に何を使っているのか?聞いた所、ブドウみたいなマークのある空気清浄機ですが使っていないとの事。タンクの掃除がし難いので面倒になってそのまま…らしいです☆もったいないですねサブ用にもらおうかな?(笑)

長文になり失礼致しました。お礼に代えて。
お身体ご自愛の上、このサイトでまたご助言宜しくお願い申し上げます。


日立は凄いでしょ(笑)

普通、メーカーのヘルパーさんと言うのは自社製品を絶賛して売り付けようとするのですが、客の質問に対して「取説を読め」なんて言っちゃうのは日立の人間だけですよ。パナソニックの担当者が聞いたら気を失うのではないでしょうか(笑)

よくあれで潰れないなと思うんですがそこが日立の日立たる所以で、グループ全体の経済規模が莫大なので高々家電如きを必死に売る必要が無いのですね。その為にそうしてもお役所的な体質になってしまいます。

そのお役所体質も一方的に悪い訳では無くて、基本的な所はキッチリ作ってあるのが日立の家電の長所ですね。
ただ、気が利かない事は山の如しですけど(笑)


そうした融通が利かない例がモニター表示ですね。ガラストップなんて日立らしからぬ洒落た仕様になってますが、慣れない事をしたので加減が分からないのですよ。多分、表示は絶対に見えないといけない物だと杓子定規に考えて、昼間に陽光を浴びても見える様に調整したのでしょう。ええ、実に日立らしいです(笑)

次のモデルチェンジでは光量の調節機能が付くかもしれません(笑)



まあ、日立の家電は気が利かない所はありますが基本はしっかり作ってあります。しかも不人気なのでとてもお安く入手出来ますのでお得なお買い物になります。

長くこき使ってあげて下さい(笑)

横から失礼いたします
最近、こちらのサイトを参考にしつつKVG900を購入したものです。

Sunafukin様が書き込みされている表示部が眩しいという件ですが、僕もそう思って調べてみたところ、消せました。調光ではなく完全表示OFFでしたが。

ネット上でKVG700のカタログを見た限り、KGV900と同じようですので、よろしければご確認ください。取説のP19です。
3か月前のSunafkin様宛てのようなコメントをしてしまって、すみません。
さすがにもう見てらっしゃらないかもですね。

空気清浄機を買うにあたり、りぺ屋様のサイトには非常にお世話になりました。
ひょっとすると近いうちに炊飯器を買うかもしれないので、その時にはまた参考にさせてもらいますね。
ありがとうございました。
いえいえ

お話の様にSunafkinさんはもうご覧になって無いと思いますが、文字による情報ってのは時間を越えて伝わる物です。ですから、KVG900をお持ちで表示部の眩しさにお困りの方やこれからお買いになる方がお困りになった時に、CKさんの書き込みが解決策を示す福音になるのですよ。

私が質問の内容以上の事を答えたりするのはこの為です。その時は不要な話かも知れませんが、後日検索経由でやって来る皆さんのお役に立てるかもしれないと思って書いています。


実機をお使いになっておられる皆さんのお話は、私のいい加減なコメントよりずっと価値のある物です。

これからもこれに懲りずにどんどん書いて下さい(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ