空気清浄機その13。2012~13年パナソニック製モデル購入ガイド

Kitty Gas Mask

パナソニック製空気清浄機の2012~13年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. パナソニックと日立は、空気清浄機に関しては比較的オーソドックスな設計をしています。それだけ堅実な反面、シャープやダイキンの様な目玉機能に乏しいせいか販売的には苦戦しているみたいですね。

  2. でも、空気清浄機と言うのはライフラインに属する家電ですから、下手に奇をてらった物よりも何より安全で安定している物の方が実用性は高いです。部屋にあっても、動作している事を忘れてしまう位でちょうど良いと思います。空気清浄機はクリスマスツリーではないのです(笑)

  3. では、堅実だからお勧めなのかと言うと世の中それほど甘くはありません(笑)

  4. 派手だろうが地味だろうが、実用的な物が一番役に立つのです。さて、パナソニックの空気清浄機は実用的なのでしょうか? 今回はそんなお話です。

Kitty Gas Mask

2013年パンソニック製空気清浄機

2013年モデルの変更点

  1. パナソニック空気清浄機トップ 2013年秋カタログ 価格コム売れ筋ランキング
  2. 業界ナンバーワンは1モデルだけ(笑)
  3. それでは2013年モデルの変更点を見て行きましょう。全般的に制御系プログラムをいじっただけのマイナーチェンジなんですが、巧妙な事にフラッグシップモデルのF-VXJ90だけモーターの出力を上げてパワーアップしています。このF-VXJ90の性能上昇を前面に押し出す事で、性能が向上していない他のモデルのイメージアップを図っている訳ですね。伝統的な手法です(笑)

  4. ただ、パンソニックはコンパクトで高出力のモーターをポンポン作れるほど高いモーター技術は持っていません。新発売の卓上モデルF-VKJ20はモーターの騒音が高すぎて、改修のために発売が11月に延期になりました。

  5. F-VXJ90がパワーアップしたのは風量です。2012年モデルのF-VXH80の最大風量7.7m³/分から8.7m³/分へと1m³/分向上しました。加湿能力も800mL/時間から830mL/時間と30mL/時間アップしています。2013年モデルの実質的な能力向上はこれだけです(笑)

  6. それ以外にも去年採用されたツインルーバーの制御プログラムを工夫した「おそうじ気流」なるものを搭載しています。ですが、彼らにとって都合の良い家具を入れない実験室内でつかうならともかく、設置条件も環境も理想とは程遠い一般家庭で使った場合に「ホコリを約65%低減!」なんて出来る訳ありません。効果が無い訳ではありませんが、わざわざこの機能のために買うほどの物ではありません。

  7. そんな具合で、2013年モデルでパワーアップしたのはF-VXJ90だけ、おそうじ気流が付いたのは中級モデルF-VXJ50までの3機種のみで、小型モデルや加湿機能を持たないモデルは何ら変化はありません。F-VXJ90以外は去年のモデルと同性能と見て、お安い方をお選びになると良いと思います。

Kitty Gas Mask

2013年モデルの機能

始めに

    ツインルーバー
  1. それでは2013年モデルに実装されている機能や特徴についてお話ししましょう。基本的にF-VXJ90以外は2012年モデルと同性能です。F-VXJ9、7、50におそうじ気流が搭載されただけですから大きな変化はありません。

  2. モデルチェンジによる変化だけならツインルーバーが搭載された2012年度の方が大きかったでしょうね。まあ、ルーバーをツインにする効果がどれだけあるのか疑問ですけど(笑)

Kitty Gas Mask

ナノイー

    ナノイーシンボル
  1. ナノイーについてはこちらで詳しくご説明しています。平たく言うとプラズマクラスターの親戚みたいなものですね。メカニズムはちょっと凝っていて、空気中の水分を結露させてコロナ放電で粉砕して飛ばしています。ただ、オカルト効果の方は水滴ですから絶対的な数が少なくプラズマクラスターより劣ります。ですが飛ばしているのが水滴ですから保湿効果は勝ります。

  2. まあ、有っても無くても困らない機能なんですが、問題はナノイーデバイスの耐久性が低くて1年足らずで動作停止してしまう事です。本体を分解して電極周りをメンテナンスしてやれば復活しますが、機械に疎い人には難しいでしょう。パナソニックはこの事を十二分に理解していますが改めようとはしません。きっと長期間使われると困る理由でもあるのでしょう(笑)

Kitty Gas Mask

おそうじ気流

    おそうじ気流
  1. おそうじ気流は人がいない時にツインルーバーを上下に動かす事で、部屋の上部の空気と下部の空気をそれぞれターゲットにして空中のホコリを集中的に集塵しようとする機能です。ルーバーを上に向けて天井付近のホコリを集塵し、その後でルーバーを下げる事で床付近のホコリを集塵します。全行程1時間の自動運転です。

  2. その名の通り空気のお掃除って事なんでしょうが、どれくらいの実用性があるのか疑問です。そもそも常時稼働しているのなら空中のホコリは集塵している筈ですし、留守宅の部屋の空気が綺麗になってもあまり嬉しくありません。電気代を払ってまでやる価値があるのか疑問ですよね?

  3. 一見便利そうだが実は大して役に立たないと言う、空気清浄機ならではの機能ですね(笑)

Kitty Gas Mask

メガキャッチャー

    メガキャッチャー
  1. 物凄い名前が付いていますが単に吸入口の蓋が開くだけです。しかも最初から蓋をしなければ必要さえありません(笑) 子供だましと言うか何と言うか、この間抜けな機能のために駆動用のモーターと制御ユニットが必要になります。そしてこれが故障すると空気清浄機が使えなくなります。

  2. 大体、蓋が開く事と床上30cmのホコリを取る事とは何の因果関係もありません。ホコリを取るなら前部下方に吸入口を付ければ良いだけですし、それなら実際に他メーカーもやっています。結局、蓋を閉じるメリットは単にデザイン上の問題で、わざわざ電力を使って蓋を開くメリットはカッコイイって事ぐらいですね。実用性とは無関係の子供だましのギミックです。ひょっとしたら、メガはバカの暗喩なんでしょうか(笑)

Kitty Gas Mask

ハイブリッド集塵フィルタ

    ハイブリッドフィルタ
  1. 名前こそ立派なんですがネガティブな機能がこれですね。実はパナソニックの空気清浄機内は独立したプレフィルタがありません。写真の様に黒いプレフィルタは集塵フィルタ前に貼られているだけです。つまりニコイチですね。

  2. これの意図は本体の厚みを減らす事なんでしょうが、おかげでプレフィルタを洗浄出来ません。お手入れは2週間に1度掃除機で吸うだけなんですが、これでは汚れを完全に除去出来ません。ですから黒色をしてる訳ですね、汚くなりますから(笑)

  3. 間抜けなバカキャッチャーなんぞ外して、独立したプレフィルタを付けた方がメンテナンス性も上がりますし集塵力も上がります。本質に関わる機能を蔑ろにして子供だましのギミックを付けて喜んでるのが今のパナソニックと言う企業です。正直、情けない話ですね。

Kitty Gas Mask

加湿機能

    パナソ二ック加湿機能
  1. シャープを始め他メーカーの加湿フィルタはその一部が半円形に切られていて、加湿機能を使わない時は加湿フィルタが水に浸からなくなっています。それで水の供給を断つ事で加湿機能を停止しています。ですがパナソニックだけこの方式を採用せず、加湿フィルタが常時水に浸かっています。

  2. どういう意図があるのかは不明ですが、パナソニックだけ加湿機能を切った状態でも若干の加湿状態は続きます。まあ、機能停止時は加湿フィルタが回転を停止するので水の供給量は大幅に落ちますが、完全に加湿状態を停止出来ません。

  3. 気化式加湿器自体が非力ですので実用上の問題はありませんが、フィルタが常時濡れている事でカビの発生確率が上がります。これに対してパナソニックは強力な防カビ剤を採用しているのですが、実はこの防カビ剤が臭いです(笑)

  4. 新品の内は良いのですが、放置していると時間経過と共に悪臭を発生するようになります。この防カビ剤は交換パーツ扱いではありませんから、異臭が出ても取り替える訳には行きません。ですから、加湿フィルタ同様にきちんとお手入れしなければなりません。マメにお手入れしていれば異臭は発生しません。

Kitty Gas Mask

2013年モデルの機能、スペック一覧

始めに

    パンソニック2013年ラインナップ
  1. それでは2013年各モデルに搭載されている機能とスペックを見て行きましょう。今年から加湿機能付きモデルは、例の発売延期になったF-VKJ20が増えて全部で5タイプになっています。逆に加湿機能無しの空気清浄機モデルはナノイー付の小型タイプがリストラされて全部で2タイプに減っています。

  2. 元々、パナソニックは加湿機能無しの空気清浄機モデルには力を入れて来なかった事もありますが、空気清浄機モデルの最上位でも風量5.5m³/分と低く、ライバルメーカーの上位モデルとは対抗出来ません。

  3. この辺りがいつまで経ってもシェアトップになれない原因でしょうね。利益の事しか頭に無いメーカーの商品は誰も信用しません。まあ、だからと言ってシャープの商品が素晴らしい訳ではありませんが(笑)

Kitty Gas Mask

加湿空気清浄機

    パナソニック加湿空気清浄機
  1. パナソニックの空気清浄機は「エアーリッチ」なんて愛称が付いていたのですが、2012年モデルから廃止になりました。まさか大赤字出したのでリッチじゃなくなったからでしょうか?(笑)

  2. それはさて置き、パナソニックの場合はシャープやダイキンとは違い「グレード」と言う物を設定していません。純粋に機能差とスペック差だけで区分しています。まあ、3モデルしかない物を上中下のグレードに分けるのもナンセンスな話ですし、これはこれでシンプルで良いと思いますが、良い悪いは別にして愛称ぐらいは残しても良かったように思いますけどね。その方が分かりやすいですし。

  3. 型番F-VXJ90F-VXJ70F-VXJ50
    空気清浄適用床面積(実質)~40畳(20畳)~31畳(15.5畳)~24畳(12畳)
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)~34畳(17畳)~29畳(14.5畳)~23畳(11.5畳)
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~14畳(23畳)~12畳(19畳)~8.5畳(14畳)
    集塵方式HEPAHEPAHEPA
    脱臭フィルタ活性炭活性炭活性炭
    風量(㎥/分)8.7~1.16.7~1.15.1~0.9
    消費電力(W)88~5.566~643~5
    運転音(dB)55~1854~1851~18
    センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度ホコリ、温湿度
    加湿量(ml/h)830700500
    タンク容量(L)4.23.52.3
  4. 適用床面積の(実質)と言うのは集塵フィルタの劣化を考えた場合に、フィルタ交換直前の実質的な最大適用床面積の数値です。こちらでお話しした通り、空気清浄機を使う限りは捕集能力は落ちて行きます。能力が落ちた時でも部屋全体をリカバーするには、あらかじめ劣化のマージンを取っておかねばなりません。そのマージンを差し引いた数値が(実質)になります。これはあくまでも最大値ですから、狭い部屋で使えばそれだけ相対的な能力は上がります。

  5. 空気清浄適用床面積と加湿時空気清浄適用床面積は、それぞれ空気清浄機能だけを使った場合と加湿機能も併用した場合の適用床面積の数値なんですが、パナソニックの場合はシャープに比べて数値低下が低く実用性が高いですね。なかなか優秀だと思います。

  6. 加湿時空気清浄適用床面積と言うのはその名の通り、加湿機能を作動させている場合の空気清浄能力の事です。パナソニックは全体的に加湿量が多いので、加湿機能を作動させている場合の適用床面積は空気清浄機能のみに比べて3分の2程度の落ち込みで済んでいます。何れにせよ加湿機能をお使いになるなら、こちらの数値に合わせてモデルを選んで下さい

  7. 一応、こちらが上位グレードになるみたいですね。全モデルおそうじ気流とナノイーが搭載されています。但し、F-VXJ50にはメガキャッチャーと臭いセンサーが付いていません。メガキャッチャーはともかく、臭いセンサーがないとタバコ等のガス系の汚れに対する反応は大幅に遅れます。用途をよく考えて選んで下さいね。

  8. それ以外に関してはスペック通りの性能差です。2013年モデルから集塵フィルタがHEPAに戻されましたが、お得意のマーケティングによるものでしょう。以前の静電高性能フィルタもあれはあれで凝った物だったのですが、HEPA厨の暗躍に屈したみたいです(笑)

  9. もう一つ。F-VXJ90はこの稿を書いている時点で国内家電メーカー最高の最大風量を誇っています。実数だとカドーのAP-C700の方が上でしょうが、カドーは最大風量を公開していませんからF-VXJ90が暫定首位ですね。

  10. 空気清浄機の適用床面積と言うのは最大値、つまり20畳モデルなら20畳までの広さが限界と言う意味であって最適値ではありません。20畳モデルを6畳で、さらに40畳モデルを6畳で使う方が圧倒的に快適です。ですから、予算と設置スペースの許す限り大風量のモデルをお買いになるのが賢明です。そういう意味ではパナソニックの空気清浄機で最もお勧めなのがF-VXJ90になります。

  11. 本当は加湿機能が無い方が良いのですが、パナソニックの加湿機能なしのモデルは風量が劣りますのでお勧めし辛いですね。まあ、ダイキンみたいにオゾン漏れの心配がありませんから、加湿空気清浄機をお買いになって加湿フィルタを外して使えば問題ありません。この方法でOKです。

  12. 次は下位グレードを見てみましょう。

  13. 型番F-VXJ35F-VKJ20
    空気清浄適用床面積(実質)~16畳(8畳)~8畳(4畳)
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)~16畳(8畳)なし
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~6畳(10畳)~5畳(8畳)
    集塵方式(フィルタ寿命)静電高性能(5年)静電高性能(2年)
    脱臭フィルタ(フィルタ寿命)活性炭(5年)活性炭(2年)
    風量(㎥/分)3.5~0.92~1
    消費電力(W)40~625~16
    運転音(dB)49~2236~26
    センサー臭い、温湿度ホコリ、温湿度
    加湿量(ml/h)350300
    タンク容量(L)2.11.2
  14. F-VKJ20は発売が11月に延期になった空気清浄機能付きのアロマディフューザーです。そういう意味では少し畑違いになりますが、パナソニックは加湿空気清浄機として発売するみたいですから一応入れておきます。

  15. F-VXJ35はナノイーは付いていますがおそうじ気流は付いていません。スペック的にもフィルタの仕様を見ても2012年モデルの名前を変えただけですね。ご覧の通り、能力的にも新型としても魅力のないモデルです。

  16. 集塵フィルタのハイブリッド高性能フィルタと静電高性能フィルタですが、ハイブリッドの方はカテキン等の薬剤を塗布または浸透させた物、静電高性能はフィルタを帯電させた物で、それぞれ化学処理をしていない高性能フィルタより若干性能が上がります。まあ、気休め程度なので気にしたら負けです(笑)

  17. フィルタ寿命は上位グレードが集塵脱臭とも10年ですが、下位グレードは5年2年と差をつけてます。この辺りは実にパナソニックらしいやり口ですね。下位グレードは上位グレードを引き立てる当て馬とでも考えて下さい(笑)

Kitty Gas Mask

空気清浄機

    パナソニック2013年空気清浄機
  1. 加湿機能を持たない純粋な空気清浄機モデルは2013年モデルから2機種に減っています。スペック的に見ても仕様的に見ても、新型モデルは2012年モデルの型番を張り替えただけだと思います。この辺りは、パナソニックのやる気の無さが見えてますね。

  2. しかもパナソニックのHPでは、ナノイー非搭載の安価なF-PDJ30をお勧めモデルとして紹介しています。ナノイーを使われると困る事でもあるのでしょうか(笑)

  3. 実際、出来損ないのナノイーよりも旧サンヨーのウィルスウォッシャーでも搭載してくれた方がよほど安全で効果的なんですけど。まあ、その内に炊飯器みたいに「パナソニック史上最強の空気清浄機」なんてのが登場するかも知れません。ナノイーとウィルスウォッシャーを搭載してね(笑)

  4. 型番(年式)F-PXJ55F-PDJ30
    空気清浄適用床面積(実質)~25畳(12.5畳)~12畳(6畳)
    集塵フィルタ(フィルタ寿命)ハイブリッド高性能(10年)静電高性能(2年)
    脱臭フィルタ(フィルタ寿命)活性炭(10年)活性炭(2年)
    風量(㎥/分)5.5~13.5~0.9
    消費電力(W)49~733~12
    運転音(dB)52~1845~20
    センサーホコリ、臭い臭い
  5. ご覧の通り、凡庸な性能です。スペックを見る限り欲しくなる要素は何もありませんね。お安く入手出来るなら選択肢に入れても良いかも知れません。

Kitty Gas Mask

2012年以前のパナソニック製空気清浄機

    F-VXG80
  1. こちらも目玉はありませんが、基本的に2013年モデルと大差ありませんから価格的にこなれている分、お買い得感はあります。F-VXH80はパワーアップして2013年モデルF-VXJ90へと数字が上がりましたが、他のモデルは集塵フィルタがHEPAになった事と水タンクの容量が若干増えた以外は同じです。

  2. そう考えると新旧の価格差が選択のカギになって来るでしょう。特にF-VXH80はこの稿を書いている時点では新型モデルF-VXJ90の半額程度で入手出来ます。スペック差が付いた事で値崩れ率も上がりますから、逆に狙い目かも知れません。

  3. 型番F-VXH80F-VXH70F-VXH50
    空気清浄適用床面積(実質)~36畳(18畳)~31畳(15.5畳)~24畳(12畳)
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)非公開非公開非公開
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~13.5畳(22畳)~12畳(19畳)~8.5畳(14畳)
    集塵方式ハイブリッド高性能ハイブリッド高性能ハイブリッド高性能
    脱臭フィルタ活性炭活性炭活性炭
    風量(㎥/分)7.7~1.16.7~1.15.1~0.9
    消費電力(W)74~5.566~643~5
    運転音(dB)54~1854~1851~18
    センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度ホコリ、温湿度
    加湿量(ml/h)800700500
    タンク容量(L)3.32.82.3
  4. F-VXH80以外は駆動系の能力は2013年モデルと同じです。後はHEPAとハイブリッド高性能フィルタとの差ぐらいなんですが、あまり気にするほどの差はありません。何度もお話ししていますが、家電メーカー製の空気清浄機は気密がいい加減で、フィルタ自体もサイズのバラつきがあるアバウトな機械です。

  5. 口コミを読んでいると、フィルタサイズのプラスマイナス5mm程度は誤差だとパナソニックのサポートも言い張ってるみたいですからその程度の機械とお考え下さい。業務用機で同じ事を言ったら誰も使わなくなるでしょうけどね(笑)

Kitty Gas Mask
空気清浄機その14。2012~13年日立製モデル購入ガイドへ進む
空気清浄機トップへ戻る
関連記事

コメント

面白い記事でした。
ちょうど6畳の自室で空気清浄機の購入を考えていたので、参考になります。
シャープのKC-D50とパナのF-VXJ50で考えていましたが(本当はブルーエアが欲しいけどまるで予算オーバー)、パナの方が良さそうかなあ。
脱臭フィルターが前面に来てるのは確かに寿命が早いでしょうですからね・・・。
しかしパナの方はバカキャッチャーの駆動部分が不安ですが。
まあ

ベストの物が欲しいと言うお気持ちは分かりますが、こう言っちゃあなんですが所詮は量産品ですからね。質的にはユニクロの服と大して違いはありません。

5年も使えばあちこちガタが来ますし、送風口からは香ばしい臭いが立ち込めてうんざりする様になります。その頃には飽きて来ますし、店に行けば新型モデルがチラチラと思わせぶりな視線を投げかけて来ます(笑)

まあ、それまでのつなぎと割り切って気楽にお選びになって下さい(笑)

埃センサーの方式
レスありがとうございました。
結局Panasonic機を購入したのですが、我が家ではハウスダストの検知が上手くいきませんでした。
実家から借りていたSHARP機に比べあまりに感度が悪いので不良かと思いましたが
来て頂いたサービスの方の話によると、ハウスダストセンサーには埃の形を捉えるもの(光センサー)と内部でフィルターを通ってきた埃を信号で検知する?もの(恐らくフィルター奥にセンサーのあるSHARP機はこれ)があるらしく購入したF-VXJ50は前者、感度の違いはそのためではとの事。

というわけで修理センターのお世話にはならなかったのですが、このセンサー方式の事はもっときちんと説明しておくべきでは?と感じます。設置環境にも関わる重要な情報なのだから。
HPで製品ページを見ると確かにスペック表にはセンサーの欄があり「粒径検知」と記されていますが、これだけでは何だか分かりにくいし見落としてしまいます。SHARPに至ってはその表記すら見当たりませんし…。

吸気方向もそうですが、HPでは何ページも使ってオカルトイオンだのをアピールするよりもまずこういう事をきちんと載せていただきたいものです。
全くもって

仰せの通りなんですが、恐らく直らないでしょうねー。これは半分確信犯でやってますからね。


よくセンサーの感度が悪いなんて言われますがこれは間違いで、どのセンサーもきちんと働いています。センサーと言うのは交差点でカウンターをカチカチやってる交通量調査の兄ちゃんと同じで、その仕事は指定されたホコリが通過したらカウントを取るだけですね。ですから、自動運転の際にオンオフの判断をするのは制御用のプログラムの設定次第になります。

つまり、その閾値を上げるか下げるかは純粋にメーカーの判断だと言う事ですね。


これは色々と難しい問題を含んでいますから一概には言えないのですが、例えば都心の幹線道路で交通量調査をやればそれがそのまま都内の交通事情と連動してると判断出来るでしょう。ところが、これを郊外の生活道路でやれば必ずしも都内の交通事情を反映しているとは言えなくなります。

空気清浄機は背が低い割にはカサがあるので足元に置かれると邪魔な家電です。その為に多くの場合は人の動線から外れた所に追いやられます。こうした場所は空気が澱みやすく、また室内にホコリを持ち込むのは人間ですから、人の動線から外れた場所と言うのは郊外の生活道路に近い環境になっちゃうのですね。

では閾値を下げて反応を良くすれば良いではないかと思われるでしょうが、そうすると置き場所の都合で人の動線に近い所に設置しているご家庭では空気清浄機は止まらなくなってしまいます。

そうするとまたクレームが来るんですよねー(笑)


一番良いのはセンサーの感度をユーザーがある程度任意に上げ下げ出来る様にする事なんですが、そうするとコストがかかるのでメーカーはやりたがりません。ですから、メーカーによって感度を低めに、あるいは高めに設定しておいて皆さんの様子を見ている訳ですね。で、あんまりクレームが多かったらちょっとだけ設定を変更しようなんて考えているのでしょう。

自信が無いからなるべく人目につかない様に隠していると言う事です(笑)


理不尽な話でしょうけど、センサーと言うのは皆さんが考えているよりずっと不完全な代物で調整が難しい難物なんです。どれだけ大量のセンサーが搭載されようと皆さんの生活をバラ色にする事はありませんから、変に期待しちゃあ駄目ですよ(笑)

記事読ませていただきました。残念ですが商品の勉強不足の様ですね。事実と違うことが書かれていますよ。
No title
ナノイー()とかメガキャッチャー()やおそうじ気流()などがない単純な空気清浄機が欲しかったのでここに載ってるPDJ30後継型のPDK30を購入しました。

※5
だったら何が違うのか書かないで書き逃げはちょっと……

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ