空気清浄機その11。2012~13年シャープ製モデル購入ガイド

Kitty Gas Mask

シャープ製空気清浄機の2012~13年モデルの特徴についてご説明させて頂きます。

始めに

  1. いつもでしたらここから価格別のモデル紹介に入るのですが、空気清浄機の場合はメーカー毎に大きな特徴があるために単純に価格帯による競合機から選ぶと言う訳には行きません。

  2. 特にシャープとダイキンは製品に癖がありますので単純に2択で決めると後で後悔します。その辺りは前回の「サルでもわかる~」をご覧下さい(笑)

Kitty Gas Mask

2013年シャープ製空気清浄機

2013年モデルの変更点

    シャープ空気清浄機シンボル
  1. シャープ空気清浄機トップ 2013秋カタログ 価格コム売れ筋ランキング
  2. まずは2013年モデルの変更点から見て行きましょう。モデルを見る限り大きな変更点はないのですが、一番の売りは「スピード除電気流」で除電の能力を上げたと言う事みたいですね。

  3. 除電と言うのは多くの場合プラスに帯電している粉塵に、マイナスに帯電しているイオンをぶつける事で静電気を除去する事です。静電気を失った粉塵は壁や家具などに吸着しにくくなり、その分空気清浄機で捕集する率が増えると言う訳ですね。

  4. まあ、無いよりあった方が良いのですが別に自慢するほどの事ではありません。なぜなら、この除電の能力はマイナスイオン生成器を搭載しているモデルならメーカー問わずに持っています。つまり、この能力もまたオゾンの働きだからです(笑)

  5. オゾンの回で少しお話ししましたが、オゾンは生成が簡単でマイナス電荷を持ったマイナスイオンですから、イオナイザーと呼ばれる産業用の静電気除去装置によく使われています。何せIC部品にとって静電気は天敵ですから多くの工場で使われています。

  6. シャープの言い分ですとプラズマクラスターはプラスとマイナス両イオンを放出しているからイオナイザーと同じと言う事なんでしょうが、イオナイザーメーカーの技術者が聞いたらヘソで茶を沸かすでしょう(笑) まあ、次の社債を償還出来なかったら終わりのメーカーですから、形振り構っていられないのでしょうね。

  7. 具体的な動作については「スピード吸じん運転ボタン」を押した場合に10分間ほどプラズマクラスターの出力が大幅に上がると言うだけです。要はたったこれだけ事ですね(笑)

  8. これが「スピード除電気流」なる新機能の全てです(笑)

  9. さて、針小棒大な話はこれぐらいにして他を見て行きましょう。これ以外は例のココロボを使ったおしゃべり能力が上がったみたいですね。上位モデルは年寄向きに話し方が丁寧になるそうです。まあ、これも無いより有った方が良いのでしょうが「だから何?」って機能です。一人暮らしが切ない方には良いかも知れません。

  10. それ以外に目ぼしい変更点はないのですが、個人的に興味があるのは型番の変化が2012年モデルのBから一気にDに変わった事でしょうか。いったい、Cはどこへ行ったのでしょうか? もしかしたら当初予定していたCの仕様が急遽ボツになって、目玉機能は無いがコストがかからないDの仕様が採用されたのかも知れません。

Kitty Gas Mask

2013年モデルの機能

    始めに

      トリプルクリーンシステム
    1. それでは2013年モデルに実装されている機能や特徴についてお話ししましょう。基本的に「スピード除電気流」以外は2012年モデルと同じです。全体的にマイナーチェンジだと思って下さい。

    2. スピード除電気流はオカルトではありませんが、元々プラズマクラスターのオゾン量が少ないですから、仮に倍になったところで大した除電効果はありません。わざわざこの機能のために新型を選ぶ必要は無いでしょう。

    Kitty Gas Mask

    プラズマクラスター

      プラズマクラスター反応図
    1. プラズマクラスターについてはこちらで詳しく説明しています。シャープが自慢するほどの能力はありませんが、オゾンによる若干の消臭効果はあります。興味がおありならご覧下さい。

    2. ただ、繰り返しになりますがプラズマクラスターをお使いになりたいと言うのであれば、プラズマクラスター25000搭載機をお選び下さい。7000では1年程度でダメになります。

    Kitty Gas Mask

    背面吸気、背面排気システム

      背面吸排気
    1. 背面排気は「ロングノズル&後ろななめ20°吹出し」なんて御大層な名前が付いていますが、単に排気を後ろに吹き出すだけです。これもこちらで詳しく説明をしています。こちらは必ず見て下さい。

    2. この背面吸排気システムはシャープの空気清浄機を選ぶべきかどうかの大きな分かれ道になります。きちんと功罪を理解した上で判断して下さいね。

    Kitty Gas Mask

    HEPAフィルタ

      HEPAフィルタ
    1. HEPAフィルタはこちらでご説明した通り、高性能な集塵フィルタです。但し、高性能であるためにフィルタ寿命が短く、交換フィルタの単価が高いのが難点です。ただ、2013年モデルではダイキン以外の主要メーカーはこのHEPAフィルタを採用していますから、シャープ独自の物ではありません。今では標準的なフィルタと言えるでしょう。

    Kitty Gas Mask

    トリプル脱臭フィルタ

      トリプル脱臭フィルタ
    1. 上位モデルに採用されている高機能タイプです。通常の活性炭以外に酵素と薬品を使っているので幅広い臭いの原因物質を吸着が可能と言う話です。但し、これには致命的な問題があります。こうした薬剤を使った高機能脱臭フィルタは洗浄出来ません。つまりダメになったら交換するしかありませんし、交換フィルタの価格はHEPAフィルタより高くなります。

    2. そしてこちらでお話しした通り、シャープは脱臭フィルタをHEPAフィルタの前に置く独自の配置をしています。ですからHEPAフィルタが長持ちする代わりに脱臭フィルタが短期間で埃まみれになって機能を喪失します。シャープは脱臭フィルタが臭くなったら掃除機で吸うように言っていますが、活性炭や薬剤に吸着した微小な粉塵や悪臭が掃除機で吸い取れるなら誰も苦労はしません。ナンセンスです。結局、泣く泣く短期間で脱臭フィルタを買い替えるしかありません。

    3. プラズマクラスターを常用する方はオゾンで嗅覚をやられますから悪臭は感じないかもしれませんが、わざわざお金を払ってそんな間抜けな事をしなければならない理由がありません。シャープをお選びになるなら、そこをよく考えてから決断して下さい。

    Kitty Gas Mask

    音声アナウンス

      ココロエンジン
    1. 上位モデルには温度や湿度を音声でアナウンスしてくれる機能が付いてますが、まあ、大きなお世話ですよね(笑)

    2. 視力障害をお持ちの方や夏場の高齢者の熱中症対策には便利かもしれませんが、エアコンをつけずに熱中症になる高齢者が空気清浄機だけを使うと言うのもレアケースでしょう。一見実用的に見えて実は大して役に立たない典型かもしれません。まあ、空気清浄機自体がそうした商品なんですけど(笑)

    Kitty Gas Mask

    加湿機能

      Ag+イオンカートリッジの効果
    1. こちらでお話しした様に、空気清浄機の加湿機能をお使いになるのは正直お勧め出来ませんが、お使いになるから別売りの「Ag+イオンカートリッジ」は必ず装着して下さい。これは銀イオンが持つ抗菌力を利用してタンク内に雑菌が繁殖するのをある程度軽減出来ます。

    2. 左の写真では凄い効果があるみたいに見えますがこれはいつも通りのシャープの手品の類です(笑) タネ明しをすると銀イオンは塩素に弱く、水道水に使うと塩化銀になってしまうためにここまでの効果はありません。多少雑菌の繁殖を抑える程度と考えて下さい。

    3. だからと言って真水を使うとトレイの中が雑菌だらけになるのでこちらもアウトです。どう転んでも加湿機能付空気清浄機は雑菌の培養施設になりますから、使わないのが一番なんですが(笑)

    Kitty Gas Mask

    2013年モデルの機能、スペック一覧

      始めに

        シャープ空清2013年モデル
      1. それでは2013年各モデルに搭載されている機能とスペックを見て行きましょう。チマチマ書いて行くと見辛いですから一覧表にしてまとめてみました。

      2. 全て公称値ですから実機がこの数値を叩き出すとは限りません。実際はこれより小さな数字になると思います。その辺りも割り引いて考えながらお望みの機能やスペックで対象商品を見つけて下さい。

      Kitty Gas Mask

      プレミアモデル

        KI-DX85
      1. 先ずはプレミアグレードのプラズマクラスター25000搭載モデルからです。プレミアグレードと言っても単純に適応畳数が広くてプラズマクラスター25000を搭載しているだけです。一部のモデルはセンサー類がスタンダードモデルより劣っています。

      2. プレミアグレードなんて名前に騙されずに、実際の数値を見て皆さんのご家庭にマッチする物をお探し下さい。

      3. 型番KI-DX85KI-DX70KI-DX50
        空気清浄適用床面積(実質)~38畳(19畳)~31畳(15.5畳)~23畳(11.5畳)
        加湿時空気清浄適用床面積(実質)~32畳(16畳)~26畳(13畳)~15畳(7.5畳)
        加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~13.5畳(22畳)~12畳(19畳)~8.5畳(14畳)
        集塵フィルタHEPAHEPAHEPA
        脱臭フィルタトリプル脱臭トリプル脱臭トリプル脱臭
        風量(㎥/分)8.5~1.56.8~1.55.1~1.2
        消費電力(W)84~5.390~5.762~5.7
        運転音(dB)53~2152~2451~24
        センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度ホコリ、温湿度
        加湿量(ml/h)800700500
        タンク容量(L)43.62.8
      4. 適用床面積の実質と言うのは集塵フィルタの劣化を考えた場合に、フィルタ交換直前の実質的な適用床面積の数値です。こちらでお話しした通り、空気清浄機を飾っておくだけなら必要ありませんが、使う限りはドンドン能力は落ちて行きます。能力が落ちた時でも部屋全体をリカバーするには、あらかじめ劣化のマージンを取っておかねばなりません。そのマージンを差し引いた数値が(実質)になります。

      5. 次に空気清浄適用床面積と加湿時空気清浄適用床面積と加湿適応床面積の違いについてご説明します。空気清浄適用床面積と言うのは加湿機能を使わない場合の空気清浄能力になります。ただこれは単に加湿機能が停止している場合ではなく、加湿フィルタを取り外した場合と考えて下さい。風を遮る加湿フィルタがなくなる事で本来の能力が発揮出来るようになります。

      6. 加湿時空気清浄適用床面積と言うのはその名の通り、加湿機能を作動させている場合の空気清浄能力の事ですね。絶対的な風量の多いKI-DX85はわずかな減衰になりますが、風量の少ないKI-DX50では半分以下に落ちます。非力な空気清浄機に良い物はありません。風量は正義です(笑)

      7. そして一番重要なのは加湿適応床面積です。加湿機能をお使いになる方はこれが実質的な適用床面積になります。木造和室で加湿機能を使うならKI-DX85でも13.5畳が限界です。気化式加湿器の非力さを考えれば、もっと狭い部屋で使うのが現実的な判断になります。気を付けて下さい。

      8. それと、プラズマクラスターにも適応畳数なるものが存在するのですが、イオン生成量が同じなのであまり意味はありません(笑) 単に風量が大きいと遠くに飛ばせると言うだけですし、空間を広げればそれだけ濃度が下がって効果が落ちます。一応、数値的には加湿適応床面積のプレハブ洋室と同じです。

      9. もう一つ。KI-DX50だけ臭いセンサーが付いていません。もしタバコ用とかでお考えなら、ガスセンサーが付いてないモデルは反応が大幅に遅れますからお勧め出来ません。臭いセンサー付のモデルをお選び下さい。逆に、ヘアスプレーやそばを通っただけで加齢臭に反応されて辟易してらっしゃる皆さんは臭いセンサー無しのモデルをお選びになると良いでしょう。これで冷やかされずに済みますよ(笑)

      Kitty Gas Mask

      スタンダードモデル

        KC-D70
      1. では次にスタンダードグレードのプラズマクラスター7000搭載モデルを見て行きましょう。スタンダードグレードはプラズマクラスター7000が搭載搭載されていますから、プラズマクラスターをお使いになりたい方は避けた方が無難です。

      2. また、KC-D70以外はセンサーが揃っていません。致命的な欠点ではありませんが、欠落した部分の反応はどうしても遅れますのでストレスが溜まります。イライラしたくなければKC-D70を選ぶのが無難です。

      3. 型番KC-D70KC-D50KC-D40
        空気清浄適用床面積(実質)~31畳(15.5畳)~23畳(11.5畳)~18畳(9畳)
        加湿時空気清浄適用床面積(実質)~23畳(11.5畳)~14畳(7畳)~13畳(6.5畳)
        加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~10畳(17畳)~8畳(13畳)~7畳(11畳)
        集塵フィルタHEPAHEPAHEPA
        脱臭フィルタ活性炭活性炭活性炭
        風量(㎥/分)6.8~1.55.1~14~1
        消費電力(W)77~454~3.327~2.8
        運転音(dB)54~2152~2047~19
        センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、温湿度臭い、温湿度
        加湿量(ml/h)600450400
        タンク容量(L)32.52.5
      4. スタンダードグレードはプラズマクラスターが7000になった以外に、脱臭フィルタが酵素と薬剤を使ったトリプル脱臭フィルタから吸着剤付活性炭フィルタにクレードダウンしています。ただ、実用レベルでは大差ないので特に気にする必要はありません。

      5. センサー周りなんですが、KC-D50はKI-DX50と同じく臭いセンサーが付いていません。また省エネ型のKC-D40はホコリセンサーが付いていません。ホコリセンサーが無いと簡易消臭器の様な使い方しか出来ませんから、集塵目的で使うにはお勧め出来ません。気を付けて下さいね。

      6. またシャープの場合、型番の数字は最大風量を表しています。KC-D70ならおよそ7㎥/分、KC-D50なら5㎥/分と言う事ですね。これは年式グレードを問わず共通ですので商品選びの際の目安になります。覚えておくと便利ですよ。

      7. シャープモデルの売れ筋は年式形式問わず50、70シリーズになります。85シリーズはともかく、40シリーズは非力で使い勝手が悪いですから避けた方が無難です。小型の空気清浄機は使っている側にストレスが溜まりますから健康にも悪いですよ(笑)

      Kitty Gas Mask

      2012年以前のシャープ製空気清浄機

      始めに

        KI-AX70
      1. 一般的に家電製品は新型が出る頃には前年度のモデルは売り切るのが原則なんですが、シャープの場合は数年前のモデルまで流通在庫に残っている場合が多いです。特に空気清浄機は過剰生産しているみたいで古いモデルも入手可能なケースが多いです。

      2. 残念ながら型落ちだからと言って必ずしも割安とは限らないのですが、2013年モデルから脱臭フィルタの洗浄再使用が不可になりましたから同じ買うなら旧型の洗浄可能な物をお選びになる方が賢明です。

      3. そこで、2012年以前のモデルで脱臭フィルタが洗浄可能な物を集めてみました。物によっては流通在庫も底をつきかけているモデルもありますが参考までにご覧下さい。

      4. また、それ以外の2012年モデルのスペックは2013年モデルの型番DをBに替えればそのまま使えます(笑) 中身はほとんど変わっていませんからどちらを選んでも大差ありません。

      Kitty Gas Mask

      2012年以前のモデルで脱臭フィルタが洗浄可能な物の機能、スペック一覧

      始めに

        洗える脱臭フィルタ
      1. それでは脱臭フィルタが洗浄可能なモデルを見て行きましょう。基本的に脱臭フィルタが洗浄可能な物は2011年以前のモデルになります。「シャープの空気清浄機は臭い」なんて風評が広がったせいでしょうか、2012年モデル以降は脱臭フィルタを高性能な物にした代わりに洗浄再使用が不可になっています。

      2. 10年持つHEPAフィルタなるインチキ商品を生み出すために出たしわ寄せが脱臭フィルタに集中している訳ですね。その内に「シャープの空気清浄機は脱臭フィルタの寿命が短い」なんて風評が広がるでしょう。嘘をつくと罰が当たるとはこの事ですね(笑)

      Kitty Gas Mask

      加湿機能付きモデル

        KC-A50
      1. 脱臭フィルタが洗浄可能な物は、全てスタンダードグレードのプラズマクラスター7000搭載モデルになります。プラズマクラスターを継続的に使用するなら分解清掃するしかありません。どうしてもプラズマクラスターをお使いになりたいのなら、別途単体のプラズマクラスター発生器をお買いになる方が良いでしょう。

      2. また、2010年以前のモデルも少数は流通在庫に残っていますがかなり割高になっています。プレミア料金を払ってまで買うような商品ではありませんから、こちらから選ばれるのが無難です。

      3. 型番(年式)KC-A70(2011)KC-A50(2011)KC-Z45(2010)
        空気清浄適用床面積(実質)~31畳(15.5畳)~23畳(11.5畳)~21畳(10.5畳)
        加湿時空気清浄適用床面積(実質)~23畳(11.5畳)~14畳(7畳)~14畳(7畳)
        加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~10畳(17畳)~8畳(13畳)~8畳(13畳)
        集塵フィルタHEPAHEPAHEPA
        脱臭フィルタ洗浄可活性炭洗浄可活性炭洗浄可活性炭
        風量(㎥/分)6.8~1.55.1~14.5~0.8
        消費電力(W)77~454~3.343~2.8
        運転音(dB)53~2051~2047~19
        センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度ホコリ、温湿度
        加湿量(ml/h)600450450
        タンク容量(L)3.633
      4. ご覧の様に能力的には大差ないのですが、運転音、センサー、水タンクの容量共に旧型モデルの方がスペック的には優秀です(笑) シャープの空気清浄機は年々ダメになる、なんて嘆いてる人がいますがスペック的には的を射ていますね。

      5. これで価格的が安ければとてもお買い得なんですが、残念ながら皆さんよくお調べになっているようで旧型モデルの人気は高く必ずしも安くはありません。在庫僅少で割高なモデルもありますので、よくお調べになってお求め下さい。

      Kitty Gas Mask

      加湿機能なしモデル

        FU-A80
      1. 加湿機能が無い純粋の空気清浄機は2012年のFU-B51を最後に2013年モデルにはありません。ですから、ありがたい事に2011年モデルも未だ現役です。別に旧型と言う訳ではありませんから新型マニアの皆さんは安心して下さい(笑)

      2. また加湿機能なしのモデルは全商品プラズマクラスター7000タイプになります。加湿機能が無いからあまり臭くならないのでしょう(笑)

      3. 型番(年式)FU-A80(2011)FU-A51(2011)FU-B51(2012)
        空気清浄適用床面積(実質)~36畳(15.5畳)~24畳(12畳)~24畳(12畳)
        集塵フィルタHEPAHEPAHEPA
        脱臭フィルタ洗浄可活性炭洗浄可活性炭洗浄可活性炭
        風量(㎥/分)8~1.55.1~15.1~1
        消費電力(W)54~3.239~2.539~2.5
        運転音(dB)50~2153~1652~1.6
        センサーホコリ、臭いホコリ、臭いホコリ、臭い
      4. 個人的にお勧めなのがこの3機種です。特にFU-A80の風量8㎥/分と言うのはかなり高性能で、型番的に北米モデルと思われるFP-A80UはCADR値でも全数値300を超えていますからかなり優秀です。どれを選んで良いのか分からないと言う皆さんはこちらを選ばれると良いでしょう。

      5. FU-A80は本体カラーが白と茶色とでは1万円以上価格差があったのですが、この稿を書いている時点では価格差は無くなっています。そういう点からもお選びやすくなっています。

      6. FU-A51とFU-B51は年式が違うだけで中身はほとんど同じです。純粋に販売価格で選ばれると良いと思います。

      7. 本当はシャープもこうしたシンプルで基本性能が高いモデルを作ってくれれば良いのですが、目先のマーケティングに目がくらんだのか売り逃げの様なモデルばかりを作り続けています。悪い意味で独自色の強いシャープの空気清浄機は運用が難しく、万人向きではありません。

      8. 10年持つHEPAだから、プラズマクラスターだから、なんて枝葉末節に踊らされて「空気清浄機はどれも同じだ」なんて考えでお選びになると後悔します。

      9. 空気清浄機は能力的にはどれも同じですが、使い勝手は必ずしも同じではありません。

      Kitty Gas Mask
      空気清浄機その12。2012~13年ダイキン製モデル購入ガイドへ進む
      空気清浄機トップへ戻る
      関連記事

コメント

一応対処法はある
実家にKC-D50とKC-A50の2台があるので色々試してみました。
フィルターの装着部分にはタブなどが無く、フィルターをそのままはめ込むだけなので脱臭フィルターと集じんフィルターの順番は入れ替える事が出来ます。
脱臭フィルターが若干取り出しづらくなりますが、とりあえずこれで非常識な配置は解消出来ますね。まあこんな事しなきゃいけない時点で製品としては論外なんですが、もう買ってしまった人はせめてもの対処法って事で。
ちなみに、KC-A50の洗える脱臭フィルターをD50に付け替える事も試してみましたがフィルターの寸法が違うのでそちらは無理でした。
ありがとうございます

基本的に市販の空気清浄機のフィルタは、ガイドに沿って集塵フィルタと脱臭フィルタを水平に並べているだけですから入れ替えが可能なケースも少なくありません。別の方のコメントにもありますが日立なんかも同様ですね。

但し、両フィルタのフレームが全く同じ径とは限りません。場合によったらフレームに緩いテーパーをつけているために入れ替えが不可能なケースもありますし、可能だとしてもガイドとフレームの隙間が広くなってフィルタを経由せずに横漏れする空気の量が増える可能性もあります。

お話の通り、こんな事をせずに済むのが一番なんですが(笑)


洗浄可能な脱臭フィルタはサイズが違うだろうとは思っていましたが、実際にお使いの方からのレポートを頂けると間違いないですからね。

変な色気を出して賭けに出ようかと思っていた皆さん、残念ながら洗浄可能な脱臭フィルタを他のモデルに流用するのは無理みたいですから諦めて下さい。

そして、長野の畑さんに心から感謝しましょうね(笑)

No title
KC-Z45にはニオイセンサーは搭載されていないはずです。
Z65以上からだと記憶しております。
あと温湿度センサーとはなんでしょうか?湿度はわかりますが、温度がわかるような機能はZ45には搭載されていないでしょう。

再度ご確認頂ければ誤解を招くことが防げるかと思います。
こちらも大変遅くなって済みませんでした

確認しました。仰せの様にKC-Z45にはニオイセンサーは搭載されていませんね。お話の様にZ65以上からですね。これは私の記載ミスです。大変ご迷惑をおかけしました。本文も訂正しておきますね。


んで、「温湿度センサー」と言うのはシャープ公式の記載通りです。実機を見ていないので温度センサーと湿度センサーが搭載されているのか、はたまた一体型のセンサーが搭載されているのかは分かりませんが、KC-Z45には表記の限りでは温度センサーが搭載されていると考えて間違いないでしょうね。他メーカーも加湿タイプの空気清浄機には温度センサーを搭載している物が多くありますので一般的な装備になります。

ついでに書いておきますと、センサーと言うのは本体制御のためのギミックの一つであって、必ずしもユーザーにその数値を表示する必要がありません。と言うか、表示しない方が混乱が無くて良いケースの方が多いですね。加湿器の湿度計やエアコンの温度計なんて実際の数値とかけ離れた値を示しますからね(笑)

そんな訳ですから、何々センサーが搭載されているからと言って、その測定値が表示されるとは限らないのですよ。そうしたセンサーは他の家電でも数多く搭載されている事もご理解下さいね。


記載ミスのご指摘、どうもありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ