空気清浄機その20。2012~3年モデル購入ガイド(5万円以上のモデル)

Kitty Gas Mask

2012~3年モデルの5万円以上の空気清浄機を比較してお勧め商品をご紹介させて頂きます。

節約と強欲

  1. 以前、とあるお寺から空気清浄機の取り付け依頼がありました。屋内霊園をお建てになったのですが、お盆に檀家が一斉にお墓参りをすると、霊園内に線香の煙が充満して困っているとのお話でした。 この時点で少しおかしな話です。設計した建築事務所は線香の煙など予測していたでしょう。事業所から出る煙と臭いの対策は空調設計の初歩ですから。しかも施工した訳でもない私の所に依頼があるのも変な話です。

  2. 不思議に思いながらお寺へ伺うと、出て来たご住職は強欲が袈裟を着て歩いている様な人でして、どうやら設計段階で煙の話は出たのですが金がかかるからと断ったらしいのです。まあ、それで私の所へ依頼が来たわけですね(笑)

  3. で、空気清浄機の選別の話になったのですが、「大きいのは墓の増設の邪魔になるから駄目」だの「音がするのは駄目」だのやたらと注文を出してこられました。どうも最初から意中の機械があるらしく、ご丁寧にパンフレットまで用意して指定して来たのが安価なイオン式のモデルでした。

  4. 私はそれでは処理出来ませんよ、と何度もお話したのですが全く聞き入れて貰えません。仕方なく数台のイオン式空気清浄機を取り付けてその工事は終了しました。

  5. しばらく経った後、またお寺から電話がありました。今度は前回と違いやたら低姿勢で、どうしても煙が無くならないから何とか助けて欲しいとの事でした。どうやら檀家の有力者にこっぴどく叱られたみたいで、ウチに泣きついて来た次第です(笑)

  6. 結局、業務用の大型機を設置して煙の問題は片付いたのですが、最初から空調機器に取り付けておけばもっとスマートに、そしてリーズナブルに処理出来たものを、自己の環境を無視して投資を惜しんだために余計な出費がかさんでしまった訳ですね。

  7. これは、節約は大事ですが、度が過ぎると仏罰が当たると言う実例です(笑)
    御仏はちゃんと見ておられますよ(笑)

Kitty Gas Mask

空気清浄機(加湿機能無し)

始めに

    650E
  1. 天井知らずのこの価格帯、日本のベンチャーと海外有名メーカーの一騎打ちになりました。北米アマゾンを見ると世界中の有名メーカーがこぞって主力モデルを投入しているのですが、残念ながら日本市場に乗り込む積りはないみたいですね。

  2. それだけ日本の家電メーカーが安価で高性能な物を販売しているからなのか、はたまた靴を脱ぐ習慣の国に最初から空気清浄機など不要と思ったのかは分かりませんが、もう少し選択肢が欲しい所ですね。その方がレビュー書くのも楽しいですから(笑)

  3. それはともかく、コストに目をつぶって性能第一で作り出された空気清浄機をご覧になるのも目の保養になるかと思います。

  4. ただ、買うのを我慢するのは健康に悪そうですが(笑)

Kitty Gas Mask

商品一覧

    ※なお、価格はブログ作成時のものですので検討の際はご自身でご確認下さい。

    【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 23畳タイプ AP-C300 シャンパンゴールド【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 23畳タイプ AP-C300 シャンパンゴールド
    (2013/10/31)¥69800 ★★★★☆ HP
    最大23畳 HEPAフィルタ寿命1年 交換フィルタ¥10800
    最大風量6.3㎥ 騒音59~30dB 定格消費電力80~20W

    日本の空調ベンチャーエクレアの空気清浄機ブランドがカドー、これはその小型モデル。まあ、小型とは言ってカドーの中での話で、実際はかなり大きいですからお間違いにように。さて、カドーは能力的には確かな商品なんですがちょっと癖がありまして、それが下面吸気前面排気と言う方式です。つまり床から50cm位の高さから真正面に風が吹き出します。ですから和室で使うと顔面に風が当たり、洋室で使うとローテーブルの上の書類は飛んでしまいます(笑) 狭い部屋では使い辛いですからご自宅のライフスタイルをよく考えてから選んで下さいね。

    楽天で最安値をチェック
    【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 39畳タイプ AP-C500 ブラック【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 39畳タイプ AP-C500 ブラック
    (2013/10/31)¥99800 ★★★★☆ HP
    最大39畳 HEPAフィルタ寿命1年 交換フィルタ¥12800
    最大風量8.5㎥ 騒音58~30dB 定格消費電力155~25W

    こちらは中型モデル。楽天の口コミを読んでいると「世界一の性能~」なんて言ってる人がいますが、世界一はAP-C700でこれではありません。勝手に世界一にしちゃダメですよ(笑) とは言え、このAP-C500を含めてカドーの空気清浄機は同程度の適応畳数のライバル機に比べてCADR値は優秀な数値を出しています。高性能なのは間違いありません。その代り性能に応じた値段になってますけど(笑)

    楽天で最安値をチェック
    【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 55畳タイプ AP-C700 シルバー【正規販売代理店】 世界No.1の美しい空気 空気清浄機 Cado(カドー) 55畳タイプ AP-C700 シルバー
    (2013/10/31)¥128800 ★★★★☆ HP
    最大55畳 HEPAフィルタ寿命1年 交換フィルタ¥20800
    最大風量12.8㎥ 騒音58~30dB 定格消費電力170~25W

    こちらが世界一モデルですね。とは言えその世界一とは「日本で発売している物をアメリカの電圧に対応させたモデル」の中で世界一と言う意味です。CADR値ではブルーエア650Eや日本未発売のAirgle AG800等と肩を並べて最高値を出していますから同点の金メダルと言う所ですね。単独一位ではありません。ただ、性能も世界一なら値段も世界一ですね(笑) 空気清浄機が大好きなアメリカ人でも1000ドル超える空気清浄機と200ドルするエアフィルタの組み合わせだとホイホイ手は出せないでしょう。日本でしか販売しないのはその辺りも理由の一つかも知れません。

    楽天で最安値をチェック
    Blueair ブルーエア空気清浄機450E 450EK110PAWBlueair ブルーエア空気清浄機450E 450EK110PAW
    (2010/9/2)¥62174 ★★★★☆ HP
    最大21畳 高性能HEPAフィルタ寿命半年 交換フィルタ¥8380
    風量7.9~2.2㎥ 騒音53~28dB 定格消費電力69W

    こちらはブルーエアの中型モデル。サイズ、価格とも手頃なんですがこの450Eだけ側面吸気側面排気式になります。つまり設置の仕方によっては和室では真正面から風を受ける事になります(笑) この辺りが海外メーカーの難点なんですが、椅子生活しか考慮していないんですよねー。ですから、お買いになる皆さんの側で調整してやらねばなりません。空調機器で一番重要なのは「風」です。デザインや北欧イメージだけで飛びつくと後で後悔しますよ(笑)

    楽天で最安値をチェック
    Blueair ブルーエア空気清浄機650E 650EK110PAWBlueair ブルーエア空気清浄機650E 650EK110PAW
    (2010/9/2)¥97779 ★★★★☆ HP
    最大39畳 高性能HEPAフィルタ寿命半年 交換フィルタ¥10500
    風量13.8~2.5㎥ 騒音61~28dB 定格消費電力80W

    こちらがカドーAP-C700とならんでCADR最高値を叩き出したブルーエアのフラグシップモデルです。カドーが出るまでは国内で入手出来る空気清浄機の最高峰でした。ライバル不在の一人横綱みたいなもんですね。ただ、現在はカドーと言うライバルが出現したおかげで苦戦しているのかと思うとそうでもないみたいです。定価販売しているカドーのおかげで割安感さえあります。ただ、どちらを選んでも後で交換フィルタ代が高く付くのは変わりませんが(笑)

    楽天で最安値をチェック
  1. 単機能の空気清浄機は以上5機種をチョイスしました。これ以外に韓国製品なんかが入って来てるのですが、さらっと見てみましょう。

  2. AP1008BH
  3. こちら韓国のCowayの空気清浄機ですね。韓国デザインらしからぬ、本体上部に丸い穴が空いている良い意味でユニークなデザインなんですが、このデザイン皆さんどこかで見たような記憶はありませんか?

  4. 私、どこかで見たなと思って考えたら思い出しました。これ、森ビルの「上海環球金融中心」のボツデザインのパクリです(笑)

  5. 上海環球金融中心デザインの変遷
  6. こちらの2ですね。ね、そっくりでしょう?(笑)

  7. 1.が初代デザインです。これは日本刀に似てると難癖を付けられてボツになりました(笑)

  8. 2.じゃあ刀に見えない様にビル上部に丸い穴を開けたら、今度は日の丸だと難癖を付けられボツになりました(笑)

  9. 3.こちらが竣工したビルのデザインですね。このビルは本当なら竣工時に世界一の高さのビルとして中国の誇りになる予定でしたが、この間抜けな設計変更をしている間に台湾の「台北101」が先に完成してしまい世界一になり損なった残念な高層ビルです。さらにそのボツデザインをパクった訳ですね(笑)

  10. しかもパクっているのはデザインだけではありません。この空気清浄機、脱臭フィルタの配置がシャープと同じです(笑) しかも短命になる脱臭フィルタに何ら対策を取っていない所までそっくりです。

  11. 北米ではアメリカメーカーのOEM品として販売されていますが評価が極端です。絶賛と罵倒ですね。誰が絶賛して誰が罵倒してるのか興味深い所ですが、まあその手の話は別カテのブログにお任せしましょう(笑)

  12. まあ、そんな訳ですからとてもじゃないがお勧め出来ません(笑)

Kitty Gas Mask

スペック比較

始めに

    AP-C700
  1. では恒例のスペック比較なんですが、困った事にカドーもブルーエアも数値は独自の規格で表示していますから微妙なズレがあります。ディテールにこだわるよりもアウトラインを押さえる様にご覧下さいね。

  2. また、両メーカー共に日本の家電メーカーの様な独立したページを作っていませんからこちらで詳しく解説します。そのためにちょっと長くなるかも知れません。しばしの間お付き合いください。

カドー

    メーカーカドーカドーカドー
    型番(年式)AP-C300(2012)AP-C500(2012)AP-C700(2012)
    空気清浄適用床面積~23畳~39畳~55畳
    集塵フィルタ(寿命/年)HEPA(1)HEPA(1)HEPA(1)
    脱臭フィルタ(寿命/年)光触媒脱臭+活性炭(1)光触媒脱臭+活性炭(1)光触媒脱臭+活性炭(1)
    風量(㎥/分)6.3~8.5~12.8~
    定格消費電力(W)80~20155~25175~25
    運転音(dB)59~3058~3058~30
    センサーホコリ、臭いホコリ、臭いホコリ、臭い
    交換フィルタ代¥10800¥12800¥20800
  1. それではまずカドーから見て行きましょう。カドーブランドの販売元のエクレアは光触媒を使った業務用空気清浄機のベンチャー企業です。カドーシリーズはその技術を応用した家庭用モデルと言う訳ですね。確かに値段も高いですがそれに見合ったパーツを使っています。

  2. 一番の売りは光触媒を使った脱臭システム「フォトクレア」です。

  3. フォトクレアシステム
  4. ご覧の様にHEPA集塵フィルタの前に光触媒を使った脱臭フィルタがあります。配置的にはシャープと同じ、システム的には日立と同じです。配置の意図はHEPAフィルタの延命で、光触媒システムの意図はメンテナンス負担の軽減でしょうね。ここまでは両家電メーカーと同じです。

  5. 両社との決定的な違いはHEPAフィルタの後ろにも脱臭フィルタが存在する事です。たとえ光触媒を使ったとしても複雑に入り組んだ洞窟の様な構造の活性炭フィルタの深部までは光は達しません。つまり表層部分は光触媒のおかげて復活しても、脱臭フィルタ全体としては粉塵や化学物質が蓄積して行き、そして短期間で飽和して一旦吸着した臭いの原因物質を排出するようになります。「空気清浄機が臭い」と言う原因の一つがこれです。

  6. シャープも日立もこの現象に対する根本的な対策はしていません。ですから私はお勧めしなかった訳ですね。

  7. カドーの場合はHEPAフィルタの後ろにも脱臭フィルタを配置していますから、仮に光触媒脱臭フィルタが飽和しても後ろの脱臭フィルタで処理出来ます。これは活性炭フィルタを使った脱臭システムでは国産機では最高の物でしょう。消臭能力に関しては確実にブルーエアより勝ります。

  8. 光触媒脱臭システムも合理的な物です。カドーの光触媒は紫外線だけではなく全ての可視光線で反応する高価な物を使っています。そして本体内部にLEDランプを搭載していますから設置環境を問わずに光触媒システムは安定して働きます。これを見ると、太陽光を直接本体に当てないと反応しない日立の光触媒システムを「出来損ない」と言った意味がお分かりになると思います。

  9. ではスペック表をご覧下さい。おそらく一番目に付くのは消費電力の高さだと思います。特に「定格消費電力」とは消費電力の平均値を指しますから、実際の最大消費電力はこの数字よりも高くなります。この辺りはちょっとセコイやり方ですね(笑)

  10. ただ、これはある意味仕方ないと思います。カドーの場合は他メーカーに比べて一枚余分に脱臭フィルタを装備しています。その上であの最大風量を出す訳ですから非常にハイパワーのモーターを使わなければなりません。ダイキンのようにペラいフィルタを使えば消費電力は落とせますが、それでは絶対的な処理能力が落ちてしまいます。商品としての売りやすさよりも性能を優先して設計するとこうなります。

  11. 本体も高いですし交換フィルタも高いです。さらに電気代もかかりますが、それには全て合理的な理由があります。韓国製の出来損ないが何でこの価格帯にいるのか理解出来ませんが、カドーが高いのにはそれを裏付ける技術と品質があります。

  12. どちらを優先するか、あるいは評価するかは皆さん次第です。

  13. と、普通なら綺麗にまとめて終わる所(笑)なんですが、カドーの場合は一つだけネックがあります。

  14. それはカドーが去年空気清浄機を発売したばかりのベンチャーだと言う事ですね。口コミを読む限りは初期不良や故障等の品質の問題は出ていませんが、何せまだ発売して1年しか経っていません。ソニータイマーならぬカドータイマーなんて物が存在するかもしれません。

  15. メカニズムを見る限りヤワな部品は使ってないでしょうが、彼らだって発売前に何年もかけてロードテストはしていないでしょう。商売柄、ラボで行う耐久性テストなんぞ当てにならないのは骨身にしみています。それだけにカドーがスペック通りの名機なのかどうかはまだ分かりません。

  16. 高性能なパーツを使えば「性能」は手に入れられますが「信用」を手に入れるのには時間がかかります。

  17. こればかりはどれだけお金を払っても手に入れられないのです。

ブルーエア

    メーカーブルーエアブルーエア
    型番(年式)450E(2010)650E(2010)
    空気清浄適用床面積~21畳~39畳
    集塵フィルタ(寿命/年)高性能HEPA(0.5)高性能HEPA(0.5)
    脱臭フィルタ(寿命/年)オプション(0.5)オプション(0.5)
    風量(㎥/分)7.9~2.213.8~2.5
    定格消費電力(W)80~20155~25
    運転音(dB)53~2861~28
    センサーホコリ、臭いホコリ、臭い
    交換フィルタ代¥8380¥10500
  1. カドーがまだ手に入れられない物を持っているのがブルーエアですね。ブルーエア自体も設立されてまだ17年ほどの若いメーカーなんですが、高性能機を作る専門メーカーとして高い評価を受けています。この世界では老舗の名門と言う所でしょうか。

  2. スペックを見ていただければカドーと並ぶ高性能機なのはお分かりになると思いますが、ブルーエアの一番の売りは高性能な集塵フィルタと「HEPA Silent®テクノロジー」と呼ばれるそのシステムになります。

  3. HEPA_Silentテクノロジー
  4. 空気の流れは右から左です。1の汚れた空気は2でイオナイザーでマイナス帯電させられます。つまりこれは簡易の電気集塵システムですね。集塵フィルタは薬剤を使ってプラスに帯電させられているので、双方が静電気力で引き合って捕集されます。これは微粒子の捕集に有利な方式です。

  5. 3は集塵フィルタなんですが、荒目、中目、細目の3層構造になっていて、それぞれサイズに応じた粉塵を順に捕集して行きます。このおかげで細目のフィルタに大きなホコリが吸着して目詰まりを起こすのを防いでいます。つまり集塵フィルタの長寿化と圧力損失による風量低下を防いでいる訳ですね。

  6. ちなみにこのフィルタはHEPAではありません。HEPAの規格は厳密な物ですからこの手の細工した物はHEPAとは認められません。但し、このフィルタの捕集性能はHEPAフィルタより勝っています。HEPAフィルタが0.3µmの粒子に対して99.97%以上の捕集率であるのに対して、このフィルタは0.1μmで99.97%以上の捕集率を誇っています。仮に対PM2.5用と考えるならブルーエアを超える空気清浄機はありません。

  7. 早い話が名より実を取ったのですが、単に「超高性能フィルタ」と呼んだのでは有難味がないので「HEPA Silent®フィルタ」なんて呼んでます。つまり単に「HEPAなんたら」と言う商品名ですね。性能は良いがセコいやり口のフィルタです(笑)

  8. 全体として見ると、HEPAフィルタと電気集塵式を合わせたハイブリッド方式とも言えますね。以前ダイキンの事を「とちくるった」なんて言ってのは、ダイキンの本格的な電気集塵式とHEPAクラスのフィルタを上手くマッチさせればブルーエアのシステム以上の高性能な集塵システムが構築出来るからです。そうすれば世界一の捕集率を誇る空気清浄機が出来たでしょう。

  9. もしそうなっていれば、仮に少々お高くても対PM2.5用の空気清浄機として大きな評価を得たでしょうが、残念ながらダイキンはスカスカフィルタの長寿命化なんてセコい方向で開発を進めました。経営者が目先の売り上げしか見なければ、どんなに優秀な技術者がいても宝の持ち腐れだと言う事ですね。

  10. 例によってパナソニックなどもお得意のマネをしていますが、こちらはイオナイザーを装備していませんから中途半端な物です。商品哲学も無く、部品代までケチってマネだけしても、ろくな物は出来ないと言う良い見本です(笑)

  11. 4で清浄な空気が放出されますが、ブルーエアのフィルタはこれだけです。残念ながら脱臭フィルタはオプションになりますので、脱臭タイプに交換しない限り付いていません。脱臭タイプの交換フィルタは標準タイプの物より約1.7倍程度の価格になりますから、臭いが減る代わりにさらに頭が痛くなります(笑)

  12. ただ、口コミを読んだ限りは消臭効果もあるみたいですから全くダメと言う訳ではありません。が、カドーに比べると大きく劣るのには間違いないでしょう。

  13. ぶっちゃけるとブルーエアの集塵フィルタとカドーの脱臭システムを合わせると世界一の空気清浄機が出来るのですが、残念ながら現在では二択になります。

  14. イニシャルコストではカドーの方がお高いですが、ランニングコストではブルーエアの方がお高くなります。これはブルーエアの脱臭タイプの交換フィルタを選択した場合ですが。

  15. ブルーエアの方が電気系統を中心に初期不良等の事例が多いですが、サポートは迅速で3年保障がついています。カドーは初期不良等の口コミはありませんが1年保障の上、サポートの質は不明です。そして多くのカドーオーナーはまだ保証期間内だと言う事ですね。この先、鬼が出るか蛇が出るかは分かりません。

  16. カドーは交換フィルタ等のサプライパーツの供給に不安があったのですが、上でご覧の様に今月からアマゾンで販売が始まりました。おそらく一定量の安定した供給体制が確立されたのでしょう。ですからこの点での不安は若干軽減しました。残念ながら定価販売ですが(笑)

  17. まあ、このクラスの空気清浄機をお求めの皆さんは富裕層の方々でしょうから、値段の話を抜きにしても老舗の安心感を取るか新興の勢いを取るか、非常に判断が難しいところです。私としてもこちらがお勧めとは言い切れません。やはり主目的とデザインの好みでお選びになるほかありません。

  18. ★空気清浄機5万円以上のお勧め
    消臭力を重視するならカドー、PM2.5等の微小な粉塵の捕集率を重視するならブルーエア、モデルは予算と設置スペースの許す限り大型の物を。最後の決め手は皆さんのお好みで(笑)

Kitty Gas Mask

加湿空気清浄機

始めに

    F-VXJ90
  1. この価格帯の加湿空気清浄機は各メーカーのフラッグシップモデルの新型ばかりです。つまり非常に高価ですが高価である事に意味はありません。単に発売直後だから高いだけですね。

  2. そんな訳ですから、最新型の最高級モデルじゃないと嫌だとおっしゃる皆さん以外には意味のない商品と言う事になります。早い話が、1年待てば半額で入手出来る物ばかりです。上の単機能の空気清浄機とは全く事情が異なるものですね。カドーやブルーエアは来年になったら消費税分だけ高くなるでしょう(笑)

  3. それでは顔見世がてらにざっと見て行きましょう。

Kitty Gas Mask

商品一覧

  1. 最大~畳とはメーカー発表の空気清浄適用床面積を表します。実質的な空気清浄適用床面積は2で割った数字になります。ご注意下さい。フィルタ寿命もメーカー公式の数値です。実際の寿命はこの半分以下とお考え下さい。

  2. シャープ PM2.5対応加湿空気清浄機(空清38畳まで/加湿22畳まで ホワイト系)SHARP 「高濃度プラズマクラスター25000」搭載 KI-DX85-Wシャープ PM2.5対応加湿空気清浄機(空清38畳まで/加湿22畳まで ホワイト系)SHARP 「高濃度プラズマクラスター25000」搭載 KI-DX85-W
    (2013/9/5)¥67500 ★★★☆☆ 取説
    最大38畳 HEPAフィルタ寿命10年 交換フィルタ¥5455
    風量8.5~1.5㎥ 騒音53~21dB 消費電力84~5.3W

    プラズマクラスター25000を搭載したシャープのフラッグシップモデル。最近、国内家電メーカーのマイブームは最大風量のアップらしくて、2013年モデルではパナソニックが旧型より風量が1㎥ほどアップしています。カドー辺りに影響されたのなら良いのですが、まあ、違うでしょうね(笑) 残念ながらシャープはスペックに変動はありませんが来年あたりは対応してくるでしょう。

    楽天で最安値をチェック
    Panasonic 加湿空気清浄機 ナノイー搭載 ヘアラインシルバー F-VXJ90-SZPanasonic 加湿空気清浄機 ナノイー搭載 ヘアラインシルバー F-VXJ90-SZ
    (2013/09/01)¥63700 ★★★☆☆ 取説
    最大40畳 HEPAフィルタ寿命10年 交換フィルタ¥5809
    風量8.7~1.1㎥ 騒音55~18dB 消費電力88~5.5W

    こちらが自称「業界ナンバーワンの集塵スピード!」のモデルみたいです。但し、この業界とは加湿モデルのみの話、小っちゃい上に意味の無いナンバーワンですね(笑) 自分達がどんな空気清浄機を目指すのかと言う哲学が欠けていて、お隣のシャープやダイキンの作る物しか見ていないからこんな間抜けなキャッチフレーズを堂々と掲げるのでしょう。しかもこのモデル、先月より5千円値上がりしています。客の足元だけはしっかり見ているみたいです(笑)

    楽天で最安値をチェック
    ダイキン PM2.5対応加湿空気清浄機(空清31畳まで/加湿18畳まで ホワイト)DAIKIN 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70P-Wダイキン PM2.5対応加湿空気清浄機(空清31畳まで/加湿18畳まで ホワイト)DAIKIN 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70P-W
    (2013/9/8)¥54200 ★★★☆☆ 取説
    最大31畳 フィルタ寿命10年 交換フィルタ¥4486
    風量7~1㎥ 騒音54~18dB 消費電力75~8W

    こちらはダイキンのフラッグシップモデル。パナソニックが風量を上げて来たおかげでかなり見劣りする様になって来ました。来年のモデルでは確実に底上げして来るでしょう。そんな訳ですから、電気集塵とストリーマ以外は取り柄の無い商品になりつつあります。大幅値下げでもしない限り来年は苦戦するでしょうし、今年新型で買う意味はありません。こちらがお気に召したなら旧型で十分です。

    楽天で最安値をチェック
    ダイキン PM2.5対応除加湿空気清浄機(空清31畳まで/加湿18畳まで/除湿20畳まで ホワイト)DAIKIN クリアフォースZ MCZ70P-Wダイキン PM2.5対応除加湿空気清浄機(空清31畳まで/加湿18畳まで/除湿20畳まで ホワイト)DAIKIN クリアフォースZ MCZ70P-W
    (2013/9/9)¥110435 ★★★☆☆ 取説
    最大31畳 フィルタ寿命10年 交換フィルタ¥4618
    風量7~1㎥ 騒音54~18dB 消費電力205~8W

    色んな意味で話題なのがこのダイキンの新型除加湿空気清浄機。除湿方式をデシカント式からコンプレッサー式に大幅変更しました。おかげで最大消費電力は半分になりましたが問題は信頼性ですね。このクリアフォースシリーズは先々代もリコール騒動を起こしているだけに早計に飛びつくのは禁物です。先ずは人柱の皆さんに突撃してもらって、その様子を見てから腰を上げても遅くはありません。まあ、それ以前にこの価格だと買う気を無くしますが(笑)

    楽天で最安値をチェック
    日立 PM2.5対応除湿・加湿空気清浄機(空清25畳 ホワイト)HITACHI ステンレス・クリーン クリエア EP-JV1000-W日立 PM2.5対応除湿・加湿空気清浄機(空清25畳 ホワイト)HITACHI ステンレス・クリーン クリエア EP-JV1000-W
    (2013/10/8)¥87510 ★★★☆☆ 取説
    最大25畳 HEPAフィルタ寿命10年 交換フィルタ¥6406
    風量6.5~0.8㎥ 騒音48~14dB 消費電力550~4W

    こちらは日立の除加湿空気清浄機の新型です。旧型との変更点は一部パーツのステンレス化と給水タンクの改良ですから、あえてプレミア料金を払ってまで新型を選ぶ理由はありません。こちらの買い時は来年の5月くらいでしょうか、梅雨時前になります。商品自体は悪い物ではありませんから、その頃にまたご検討下さい。

    楽天で最安値をチェック
  3. 加湿空気清浄機と除加湿空気清浄機は以上5機種をチョイスしました。これ以外にもいくつか旧型機が残っていますが在庫僅少のため割高になっています。目ぼしい物はありませんからバッサリ除外します(笑)

  4. さて、ご覧の通り星3つばかりですがこれは新型価格だからですね。コストパフォーマンスが悪すぎるので評価を下げただけです。仮にこれらの商品が2万円程度で売っていたとすれば絶賛してますので、お間違いないように(笑)

Kitty Gas Mask

スペック比較

    MCZ70P
  1. それでは恒例のスペック比較です。幸い、各メーカーのフラッグシップモデルが揃いましたから良い比較になりますね。今のうちにたっぷりと比較しておいて、来年になってからお買い下さい。あ、もちろん新型好きの皆さんはそのままお買いになって下さい(笑)

  2. それではまず加湿空気清浄機からです。

  3. メーカーシャープパナソニックダイキン
    型番(年式)KI-DX85(2013)F-VXJ90(2013)MCZ70P(2013)
    空気清浄適用床面積(実質)~38畳(19畳)~40畳(20畳~31畳(15.5畳
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)~32畳(16畳)~34畳(17畳~31畳(15.5畳
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~13.5畳(22畳)14畳(23畳)11畳(18畳)
    集塵フィルタHEPAHEPA新電気集塵式
    脱臭フィルタ活性炭活性炭光触媒脱臭
    風量(㎥/分)8.5~1.58.7~1.17~1
    消費電力(W)84~5.388~5.575~8
    運転音(dB)53~2155~1854~18
    センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度
    加湿量(ml/h)800830630
    タンク容量(L)44.23.6
  4. さて、スペックを見る限りハッキリと明暗が分かれましたね。パナソニックは露骨に打倒シャープを打ち出しているみたいでちょっと気持ち悪いのですが、何と言っても競争は正義です。少なくともオカルトイオンで競争されるより遥かにマシですから、これはこれで好意的に見ましょう(笑)

  5. 逆にダイキンは電気集塵方式の改変と光触媒脱臭に開発主眼を置いていたせいで、空気清浄機としての基本的な能力で見劣りするようになりました。キツい言い方ですかこれは失策と言われても仕方ないでしょう。ここまで差が開くと一から設計しなおさなければなりません。来年、こんなモデルを出したら春の人事異動で何人か飛ばされるでしょうね。身に覚えのある方は身辺の整理をしておいて下さい(笑)

  6. シャープはちょっと面白い数値を出しています。このKI-DX85の最大消費電力は84Wなんですが、この一つ下のモデルKI-DX70は90Wあります。最大風量がそれぞれ8.5㎥/分と6.8㎥/分ですからKI-DX85は風量が1.7㎥/分上がったのに消費電力は6W下がった計算になります。どういう事だか分かりますか? つまりこのKI-DX85だけ良いモーターを使っていると言う事です。

  7. それまでのシャープ機は風量が増えるに従って消費電力も上がって来ましたが、このKI-DX85だけ例外です。それまでの安物モーターでは負荷的に対応しきれなくなったのか、単にフラッグシップモデルだから奮発したのかは分かりませんが、今年のシャープの新型モデルの中でこれが一番上等な商品ですね。

  8. それはパナソニックのF-VXJ90を見ると良く分かると思います。これまでのパナソニック機は省エネと低騒音を売りにして来ました。その路線は当然F-VXJ90も踏襲しています。ですがほぼ同性能のKI-DX85にだけはどちらも負けています。それだけシャープのKI-DX85は優秀な機体だと言う事ですね。

  9. スペック表と言うと単純に最高値だけを比較しがちになるのですが、私ら玄人の電気屋だとこう言う風に見て行きます。電気工事で発注する機体は現物見本なんぞありません。全てカタログだけで判断して発注します。ですから丹念に数値を見比べて、些細な数値の変化から機械の品質や能力を推定して商品を決定します。

  10. 単純な数値の勝ち負けだけに囚われずに、その変化にも目を向けて下さい。そうする事でより良い商品を選別出来るようになるでしょう。

  11. メーカー日立ダイキン
    型番(年式)EP-JV1000(2013)MCZ70P(2013)
    空気清浄適用床面積(実質)~25畳(12.5畳)~31畳(15.5畳)
    加湿時空気清浄適用床面積(実質)~25畳(12.5畳)~31畳(15.5畳)
    加湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~8.5畳(14畳)~11畳(18畳)
    徐湿時空気清浄適用床面積25畳19畳
    徐湿適応床面積 木造和室(プレハブ洋室)~8畳(12畳)~10畳(15畳)
    集塵方式HEPA新電気集塵式
    脱臭フィルタ活性炭光触媒脱臭
    風量(㎥/分)6.5~0.87~1
    消費電力(W) 除湿時消費電力(W)56~4 550~29092~8 205~200
    運転音(dB)48~1454~18
    センサーホコリ、臭い、温湿度ホコリ、臭い、温湿度
    加湿量(ml/h)540630
    徐湿量(L/日)6.58
    タンク容量(L)除湿加湿とも3.5除湿加湿とも3
  12. さて、オーラスは除湿加湿モデルですね。こちらも現在このタイプを発売している日立とダイキンの新型が揃いました。ご覧の通り、基本能力はダイキンの方が高いのであえてハイライトは付けませんでしたが、3つの項目だけ付けています。これ、何だか分かりますか? これはデシカント式の日立とコンプレッサー式のダイキンの違いです。

  13. デシカント式とはゼオライト等の吸湿剤に湿気を吸着させ、電気ヒーターで加熱蒸発させた後で熱交換器で再冷却して、タンクに水として貯める方式です。室温にさほど影響されずに除湿出来ますが、反面、排熱が多く電気代が高くつくのが難点です。冬場の除湿に適しています。

  14. コンプレッサー式とはエアコンと同じで、冷媒に使うフロンガスの相転移による熱移動を利用して空気を冷やし、湿気を結露させてタンクに水として貯める方式です。性質上室温が高いほど効果が大きく、デシカント式に比べると排熱も少なく電気代も安いのですが、反面、装置が大型化するのと騒音が大きいのが難点です。夏場の除湿に適しています。

  15. とまあ、両方式を簡潔に説明するとこんな感じなんですが、これがそのまま数値に表れています。徐湿時空気清浄適用床面積に関してはコンプレッサー式はラジエーターを装備する都合、デシカント式より構造的に遮蔽物が多くなって圧力損失が大きくなるからですね。この辺りはダイキンがコンプレッサー式を熟成して行けば徐々に改善されて行くと思います。

  16. 2011年に発売されたダイキンの先代クリアフォースMCZ65Mはデシカント式なんですが、ハイライト部分は上から順に22畳、580~200W、52dBとなっています。まあ、こちらは最大風量6.3㎥/分の22畳モデルですから単純比較は出来ませんが、方式の違いによる数値変動は理解いただけると思います。

  17. どちらが良いのかと言うのはそれぞれ一長一短あるだけに単純にはお答えできません。さらに何度もお話ししていますがダイキンのコンプレッサー式はこれが初のモデルになります。それだけに良し悪しはまだ分かりません。鬼が出るか蛇が出るかハッキリするのは来年になります。人柱に志願すると言うなら別ですが、そうでないなら購入は来年まで待つのが賢明です。

  18. 日立の場合は一部パーツをステンレスに換装しただけですから、コストパフォーマンスを考えるなら旧型をお選びになるのが賢明です。そちらならこの半額程度で入手可能です。

  19. さて、と言う具合にざっと見て回りましたが、どれもフラッグシップモデルだけに必要十分な能力を持っています。このクラスだとどれをお選びになっても満足度は高いでしょう。

  20. 加湿空気清浄機の場合はスペック差よりもメーカー毎の方式や特徴の差の方が大きいです。ですからまず各メーカー毎の特徴を理解してから機種をお選びになって下さい。上の3機種を単純比較して選ぶと後で後悔する事になります。何度も言ってますがシャープとダイキンは癖があるので、そちらに合う合わないの方が重要です。短慮は禁物ですから慎重にお選び下さい。

  21. 除加湿空気清浄機はダイキンの新型は未評価ですから、日立の新旧型とダイキンの旧型からお選びになるのが賢明ですね。これまた何度もお話ししてますが、本当はこのタイプを選ばないのが正解なんですけどね(笑)

  22. と言う事で、やはりこの価格帯では特にお勧めの加湿空気清浄機はありません。ただ、どれを取っても基本能力が高い物ばかりですから不満は少ないでしょう。もちろん、ご家庭の環境に合った物を選んだ場合に限りますが(笑)

Kitty Gas Mask
サイトマップへ戻る
空気清浄機トップへ戻る
関連記事

コメント

空気清浄機について
2才の娘がハウスダスト系のアレルギーかもと言われて、空気清浄機の購入を考えています。
適した製品はありますでしょうか。
こちらで検索してもひっかからなかった製品として、ユニオンのユニリターンがあるのですが、
この製品はどんなものでしょうか??

どうぞよろしくお願いします。
ユニリターン

ユニリターンはドアノブ屋のユニオンが販売しているオゾン並びにイオン生成器です。紫外線ランプでオゾンを生成し、さらにイオン生成器によって追加のオゾンを撒くそうですから規制値に近い濃度のオゾンを排出していると思われますね。幅10センチ、高さ20センチ程度ですからちょうど位牌と同じくらいの大きさです。ゴキブリが逃げ出す程度のオゾン濃度だそうですから戒名を書くには良い大きさかも知れません(笑)

当然ですが、これは空気清浄機ではありません。

何でこんなアホみたいな装置が3万円以上するのか理解出来ませんが、未だに「マイナスイオンで血液が浄化」とか完全な嘘を堂々と書いていますね。30年以上前に横行した詐欺商法と全く同じフレーズなんですが、平成の世で聞くとは思いませんでしたね。儲かりさえすれば何でも良いのでしょう。

大体ね、会社沿革のページを開くと社長がいきなり自慢話をする所なんてロクな物ではないですからね。企業が売るべきは物は高品質な商品であって、社長の個人的名望ではないのです(笑)


そんな訳ですからどうしてもとおっしゃるなら止めはしませんが、こんな物はハウスダストには何の効果もありませんし、逆に気管支に悪影響があるだけですね。

空気清浄機に関しては予算の範囲でお好みの物をお選びになれば全て一定の効果があります。ですが、ハウスダストにもアレルギーにも特別な効果を持った家電製品など最初からこの世に存在などしません。ハウスダスト対策としてはスタンダードなフィルタ式空気清浄機で宙に漂うアレルゲンを減らし、マメはお掃除で床に落ちているアレルゲンを吸い取るしかありません。

面倒でしょうけど、地道な作業が一番効果があるのです。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カビの臭いと空気清浄機

それはそれは、旦那さんは酷い目に合われましたね。ただ、残念な事に空気清浄機は室内のカビ臭に対してはあまり有効とは言えないのですよ。空気清浄機は花粉やハウスダストの様な粉塵を除去する為の装置で、カビ臭の様な化学物質の除去は苦手としています。ですから、仮に空気清浄機を導入されてもカビ臭に対しては気休め程度の効果しかありません。

残念ながらカビ臭を除去するにはカビ自体を根絶するしかありません。部屋の様子が分からないので何とも言えませんが、カビが押し入れや風呂場やキッチンで繁殖しているだけならカビキラー等を吹き付けて拭き取る作業を何度か続ける事で徐々に消えて行きます。が、畳の中や壁紙の裏なんかにまで繁殖している場合は素人の手に負えませんから専門の業者に依頼するしかありません。

部屋全体にカビが繁殖している場合は冗談抜きでバイオハザードになりますから、そのまま住み続けると肺炎等の原因にもなりかねません。何せカビは怖いですからね。社宅の管理は会社の責任ですから、この場合は担当者に事情を説明して至急に善処してもらって下さい。

カビが一部分に繁殖しているだけでしたら、カビキラー作業を済ませた後は換気に気を付けていれば再度繁殖する事は無いと思います。留守の間には押し入れを開けて扇風機やサーキュレーターで風を送ってやると良いでしょう。こうした地道な作業を続ける事で徐々にカビ臭は取れて行きます。

逆に言うと、一刀両断でカビ臭を無くす方法などありませんからここは耐えるしかありません。


それと、お話の空気清浄機に関してですがBlueair450Eはダストフィルターモデルとニオイフィルターモデルの2種類がありまして、ニオイフィルターモデルにしか消臭能力はありません。お買いになるのでしたらその点を注意して下さい。なおCado AP-C300は消臭能力を持っています。

どちらも空気清浄機としては優秀ですから買って損をする事はありませんが、カビ臭対策としてはあまり効果はありませんからお勧めはしないですね。花粉症とかハウスダストアレルギーとかお持ちなら別ですけど。


そんな訳で、カビってのは一旦派手に繁殖させてしまうと地獄の日々が待っています。今回の件に関してみやさんにも旦那さんにも何の落ち度はありませんが、災難が降りかかる時ってのはそんなものですからねー。残念ながら「これだけ酷い目に遭ったのだから次は何か良い事がある」とでも考えて今は辛抱して災難をやり過ごすしかありません。

単身赴任先まで出向いた挙句にカビ掃除は大変だと思いますが、挫けずに頑張って下さい。

ありがとうございます。
早速の、丁寧なご回答をありがとうございます。

カビは地道に根絶していきます。
今回の滞在中にどこまで広がってるのか見極められなかったので、この先は夫に委ねようと思います。

恥ずかしながら、空気清浄機が浮遊しているカビ胞子をフィルターで吸着してくれると思ってました…

カビ臭は、カビ量に比例して減少してくれるものと信じて掃除·退治します。
それ以外の臭いについては特に感じていないです(あまりにも強烈で消されてるだけかも)。
夫は花粉症ではありませんが、鼻炎で匂いには鈍感です。

どちらも良い製品だということを理解した上で、大陸から飛来してくる黄砂やPM2.5に対してはblueair450e塵モデル(≠脱臭)とcado300(or310)のどちらが有能でしょうか?

何度も申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

カビの臭いと空気清浄機2

えっと、確かに空気清浄機はカビの胞子を捕集出来ますが、実はカビの胞子もカビ自体も無臭なんですよ。カビ臭さと言うのはカビが食事のために繊維等を分解する際に発する化学物質が原因なんですね。ですから仮に空気清浄機で室内の胞子を除去しても、室内のカビを撲滅しない限りカビ臭さは消えないと言う事です。

空気清浄機がカビ臭に対してあまり効果が無いと言うのはそう言うカラクリだからです。


それと、黄砂やPM2.5対策だとblueairもcadoも同程度の能力を持っていますから特に優劣はありません。ですからデザインやお値段等のお好みでお選びになると良いと思いますが、旦那さんが匂いに敏感な方ならば消臭能力に勝るcadoの方が良いと思いますね。

実は空気清浄機に高い消臭能力を求めるのは世界中で日本人だけなんですよ。cadoは日本のメーカーですのでスウェーデンのblueairよりも日本人の感性に近い設計になっています。旦那さんの人となりは存じませんが、恐らくcadoの方がマッチしていると思います。

ただ、お高いですからねー(笑)

AP-C300とAP-C310はマイナーチェンジですから気にするほどの性能差はありません。ですから純粋にお安い方をお選びになれば良いと思います。ですが、単身者向けの2間の社宅ならば、もう少しお安いAP-C200(最大22畳まで対応)でもイケそうな感じはしますね。

能力的には300シリーズの方が上なんですが大きな差ではありませんから、お近くのお店に実機が置いてあるのならこちらも検討してみて下さい。

少しだけお安くなると思いますよ(笑)

ありがとうございます2
ご回答ありがとうございます。

今回教えて頂いたカビ自体は無臭であること、臭いの原因etcを今後の対策(掃除、消毒)に活かしたいと思います。全く知らないことでした。

過去の記事を含め、各機種のことを専門家の視線で教えていただけたこと感謝しています。
リペ屋さんのサイトで2機種に絞ってからは、口コミを読み、公式HP·カタログを読み、店舗で実機のカバーを開けて覗き込み、このHPを読み返し…でも決めきれずでした。
今では夫はカビ臭にも慣れてしまっているくらい匂いには鈍感なので(危険です)、脱臭機能に重きは置いていませんでしたが、2機の集塵能力に差がないのであれば、臭いも軽減してくれるcadoにしようと思います。
APC300からAPC310へはマイナーチェンジなのですね! ちょうど300が型落ちでAPC200の定価より安くなっていたので早速明日行って来ます。その電気店にcadoの現行モデルはありませんでした(笑)


お時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ