掃除機その7。各種特性値(吸込仕事率、ダストピックアップ率、騒音値、重量、排気のきれいさ等)の説明

掃除機

掃除機の吸込仕事率、ダストピックアップ率、騒音値、重量、排気のきれいさ等の各種特性値の意味や見方をご説明をさせていただきます。

海外モデルは本当に優秀なのか?その2。

  1. 前回は日本と欧米の住環境の違いについてお話しました。欧米は土足生活ですから床は固く傷だらけで、ゴミは土や砂のように摩擦抵抗は低いが比重の重い物が中心で、欧米の掃除機はそうしたゴミをかき集める事に特化していると言う訳ですね。

  2. そうした欧米の住環境で優秀な掃除機が日本の住環境、つまり柔らかく傷の無いフローリングや、さらに柔らかい畳の上の、摩擦抵抗が高く比重の軽い繊維質のゴミを吸い取るのに適しているとは思えないと言う話でした。

  3. この辺りは、ダイソンやミーレのオーナーさん達が動画をアップされていますからご覧になった方も多いでしょう。実際に壁際などは取りこぼしが多いです。

  4. では何故これらの掃除機は海外では優秀とされているのでしょうか?

  5. それは掃除機で掃除をして「綺麗になった」と言う基準が、欧米と日本とでは根本的に異なるからです。

  6. 土足生活の欧米では床を綺麗にすると言うのは足跡を消すと言う事になります。特に雨の日など大変でしょうね。翌日には家の中に泥まみれの靴跡が点々と並ぶ事になります。後の掃除を考えるとゾッとしますね(笑)

  7. 彼らにとって掃除をすると言うのはカーペットやフローリングにこびり付いた土埃を掃除機の固いブラシでかき出して、その痕跡を無くしてしまえば「綺麗になった」となる訳です。欧米で「綺麗になった」床に、真っ白のスーツを着て寝転がれば確実に汚れるでしょうが彼らはそんな事は気にしません。だって床は歩くためのスペースであって寝転ぶ所ではないからです。

  8. ですから、家族の動線上の汚れがきちんと取れるのなら、壁際のゴミを少々取りこぼそうが大した問題にはなりません。視覚的に見て汚れていなれば「綺麗になった」事になり、それは「優秀な掃除機」となります。

  9. で、この「優秀な掃除機」を真っ白のスーツを着て寝転がっても全く汚れず、素足で歩いても異物感を全く感じないくらい綺麗な状態になって初めて「綺麗になった」と呼ぶ日本に持ち込んで「海外で優秀だから」賞賛しろなんて言われても迷惑なだけです。

  10. 環境も違えば目的まで違う機械を、しかもアメリカの倍の値段を払って、ありがたく使わせて頂かなければならないんでしょうか?

  11. そんな事は壁際のゴミを綺麗に取れるようになってからぬかせ、なんて啖呵の1つも切りたくなると思いませんか? まあ、昭和生まれのグチですけど(笑)

続きを読む
プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ