「加湿器の価格別購入ガイド 」カテゴリ記事一覧


加湿器その10。2013年モデル購入ガイド(2万円以上のモデル)

加湿器.jpg

2012~3年モデルの2万円以上の加湿器を比較してお勧め商品をご紹介させて頂きます。

始めに

  1. この価格帯になると天井知らずになりますから、一部の大型モデルを除くと完全に趣味の領域に突入します(笑)

  2. まあ、「デザインも性能の内」と言うのは何度も申し上げてますから納得してお求めになるのならそれは構わないのですが、優秀なのはデザインだけで加湿器として問題があるとなると話は別になります。

  3. 残念ながら加湿器の世界では「非常に高価ではあるが最高の性能」と言う物はありません。高価な物は加湿量が多いか、デザインに凝っているか、代理店がボッタくってるかの何れかです(笑)

  4. そんな訳ですから一般の方々には無縁の領域なんですが、ある意味オモシロ家電が集まってますから興味本位でご覧になって下さい(笑)

続きを読む

加湿器その9。2013年モデル購入ガイド(1万円以上2万円未満のモデル)

加湿器.jpg

2012~3年モデルの1万円以上2万円未満の加湿器を比較してお勧め商品をご紹介させて頂きます。

加湿器のお手入れの裏ワザ

  1. 裏ワザと言うほどの物ではないのですが、気化式や加熱気化式のように不織紙を使うフィルタはお手入れが非常に面倒です。手順としてはアルカリ性のスケールを弱酸性のクエン酸溶液に浸して溶解させるのですが、完全に溶けるまでには相当量の時間がかかり、その間は加湿器は全く使えなくなります。

  2. 私の経験から言って、メンテナンスで一番うんざりするのは長時間かかる物です。途中に待ち時間がある物は特にそう感じます。逆に、労力が過大でも短時間で済む物はあまり苦になりません。

  3. そこで、このお手入れを短時間で済ませる方法をお教えしましょう。実に簡単な方法です。それは最初からフィルタを2つ用意する事です。

  4. 本体購入と同時に交換用フィルタも購入します。お手入れの際は、汚れたフィルタはクエン酸溶液に浸して放置し、タンクやトレイを洗浄殺菌後に交換用の新しいフィルタを装着して終了です。ほらね、簡単でしょ?

  5. 長時間放置してスケールが十分に溶け出したフィルタは、綺麗に水洗いして陰干しでしっかり乾燥させてから保管します。次のお手入れの際は、こちらを装着して取り替えます。

  6. この方法だと加湿器の停止時間を最小に抑えれれる上に、汚れたフィルタも充分に洗浄出来ますから一石二鳥です。さらに、フィルタをきちんと休ませる事で通常のやり方で使うよりフィルタの寿命は延びるでしょう。これで一石三鳥ですね(笑)

  7. 問題は、フィルタ2枚分の寿命より本体が先に壊れた場合はフィルタ代が損になります。また、フィルタ2枚分の寿命が尽きた時、新しく2セットの交換フィルタを買うのは勇気が要りますよね(笑) 物にもよりますがフィルタ式加湿器の寿命は4~5年くらいですから、かなり悩ましい話になります。

  8. もう一つ。タンクに給水する時に、蛇口に取り付ける簡易浄水器等で濾過した水を使うとスケールの汚れはかなり軽減出来ます。高性能なカートリッジほど濾過能力は高いのですが、反面非常に割高になりますし雑菌も繁殖しやすくなります。さらに、毎日数リットルの水を濾過し続ける訳ですからカートリッジは短期間で交換する事になります。これまた悩ましい話ですね(笑)

  9. 何れにせよお決めになるのは皆さんですから絶対にこうしろとは言いませんが、フィルタのお手入れを苦痛に感じている皆さんは一度試してみて下さい。

続きを読む

加湿器その8。2013年モデル購入ガイド(1万円未満のモデル)

加湿器.jpg

2012~3年モデルの1万円以下の加湿器を比較してお勧め商品をご紹介させて頂きます。

加湿器の買い時

  1. それでは個々のモデルを見ていきましょう。加湿器の新型は秋口に出る事が多いのですが、毎年モデルチェンジするわけではありません。ですから、モデルチェンジ前の旧型狙いが出来るとは限りません。

  2. また、こうした季節商品がお安くなるのはシーズンオフなんですが、加湿器の様に1シーズンしか使わない物はシーズン末期の方が安い場合も少なくありません。特にオフシーズンは店頭で実機を確認しようにも商品が見つからない事が多いですから、あまり底値にこだわるのも考え物です。

  3. 価格の推移は発売直後は高いですが12月くらいには価格は落ち着き、年末頃から値上がりし始めて花粉シーズンが終わる頃に再び値を下げます。ですから、お求めになるなら型落ちモデルを4月くらいに購入するのがベストです。

  4. ただ、価格変動値を見ている限りそれほど大きな変動はありません。12月時と底値の4月時との価格差は1割程度です。単価も安いですし必要を感じた時にお買いになるのが良いでしょう。

  5. 底値を待って風邪を引いたのでは割に合わないですよ(笑)

続きを読む
プロフィール

りぺ屋

Author:りぺ屋
どんなに高機能でも壊れればただの粗大ゴミ。
家電と亭主は丈夫で長持ちするのが一番ですよ(笑)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
にほんブログ村 キッチン家電・生活家電ランキング
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ